次世代型インスト・バンド、Yasei Collective、フリー・ダウンロード解禁!

昨夏のFUJI ROCK FESTIVALのROOKIE A GO-GOステージに出場し、その巧みな技術や独自の世界観で、耳の早いリスナーから注目を集めるYasei Collective。彼らの新たなキラー・チューン「CHAT-LOW」を、リリースに先駆けてOTOTOY限定でフリー・ダウンロード(short ver.)を解禁!! 今年要注目の彼らの音楽を、一足先に体験して欲しい。

>>>「CHAT-LOW short ver.」のフリー・ダウンロードはこちら(2月16日(土)~26日(火))

中毒者続出! 恍惚と陶酔のインスト・ミュージックを1曲フリー・ダウンロード!


Yasei Collective / CHAT-LOW short ver.

【TRACK LIST】
01. CHAT-LOW short ver.

配信形式 : mp3、HQD(24bit/48KHzのWAV)
価格 : 無料
配信期間 : 2月16日(土)~26日(火)

2月15日 Yasei Collective LIVE@渋谷O-Nest

金曜日の夜。

ステージの中心を囲うように、向かって左からギター・斎藤拓郎、キーボード・別所和洋、ベース・中西道彦、ドラム・松下マサナオという配置。斎藤と中西の前にも、シンセサイザーなどの機材が置かれた卓が用意されている。

文 : 前田将博

LIVE REPORT

場内が暗転し、「いいわけないじゃないの」というサンプリングされた渋い声が聴こえると、突如ドラムが激しく鳴り響き、「Iiwake」からライヴはスタートした。その音に絡み合うように、ベースもうねりを上げる。そんなリズム隊の上に、ひと際キャッチーなキーボードの音と、歪んだギターの音が加わる。途中、イントロで鳴った「いいわけないじゃないの」の声が再び聴こえると、曲の雰囲気が一転し、エレクトロのようなサウンドへ。その後も目まぐるしくリズムと曲調が変化し、場内は緊迫感が支配する。2曲目の「Conditioner」では、斎藤がマイクを使い歌う。斎藤の声は、エフェクターで機械的な音に変化し、歌というよりは、無機質な電子音の一部のように聴こえた。松下の挨拶を挟み、新曲「Uncle「B」」が披露される。静かなギターの音色から曲が始まり、先ほどまでとは打って変わったミドル・テンポの、妖艶な音が鳴り響く。

左から、斎藤拓郎(Gt, Vo, Synth)、別所和洋(Key)、中西道彦(Ba, Synth)、松下マサナオ(Dr)

ここで、松下のMC。「今度2年半ぶりにシングルが出るんですけど、明日(2月16日)からOTOTOYで、10日間限定で無料配信します。その後27日から、有料でロング・バージョンも配信されるので、チェックしてください。25日には、その曲のMVもYouTubeで公開されるんですけど、そのMVの監督も僕がしました」と話し、その配信シングル「CHAT-LOW」を演奏する。松下のハイハットが細かいリズムを刻み、そこに斎藤の声とキーボードの音が入ると、今度は不思議なくらいにポップに聞こえる。激しいリズム隊と、キャッチーなキーボードのリフが違和感なく混ざり合っている。

松下がメガネを外し、ほとばしる汗を拭い呼吸を整える。次に演奏された曲は「Goto」。一段と激しく手数の多いドラムが、時に機械的に、時に野生的にと、次々と表情を変える。ジャズやフュージョンのように聴こえていた曲が、気づけば激しいロックへと変貌を遂げている。曲が終わると、客席から拍手が起こった。ラストの曲は「Bong Bong Chin Chin」。キーボードのリフから始まり、ギターも電子音のような音を奏でている。この曲も、ジャズからテクノ、エレクトロへと次々に変化していく。このバンドはいったいどれほどの引き出しを持っているのだろうか。曲中、ドラムのソロ・パートでは、大きな歓声があがる。再び激しくグルーヴが渦巻くと、客はトリップし、激しく頭を揺らした。

「どうもありがとうございました、ヤセイ・コレクティブでした」と松下が挨拶すると、場内を拍手と歓声が包む。メンバーがステージを後にしてからも、しばらくの間、ざわめきが客席を支配していた。圧巻のステージ。あっという間に、怒涛のような30分間のライヴは終了した。しかしまだ、ヤセイ・コレクティブの全貌が見えた気はしない。驚異のテクと、ジャンル・レスに融合されたサウンドは、どこまで進化していくのか。その果ては見えない。

セットリスト

2013年2月15日(金)@渋谷O-nest
1. Iiwake
2. Conditioner
3. Uncle「B」
4. CHAT-LOW
5. Goto
6. Bong Bong Chin Chin

RECOMMEND

NINGEN OK / 体温の行方

90'sオルタナティブ~インディー・ロックやUSハードコアに影響を受けてきたと公言する彼らの音楽は、ソリッドに刻まれるギターとタイトかつ変幻自在のドラミングが絡み合い、競い合い、ときには激しく衝突し合いながら生み出される、ノイジーなインダストリアル・サウンドである。表面上は無機質にも聴こえるが、ダンス・ミュージックとしての高揚感を持つだけでなく、シンセサイザー(ピアノ)による叙情的なフレーズやデジタル・エフェクトを全面的に採り入れたことで、非常にエモーショナルな響きを獲得。生命力や人間愛が滲み出た、ポジティブなオーラを纏っていることも大きな魅力。

>>>特集ページはこちら

MaNHATTAN / LIVE at Shimokitazawa BASEMENTBAR 2011.06.26 (DSD+mp3 ver.)

濱本大輔(Dr / 赤犬)、藤井学(key / ex:The Miceteeth)、次松大助(synthesizer / ex:The Miceteeth)の三人からなるMaNHATTAN。2011年06月26日に行われた下北沢インディーファンクラブでのMaNHATTANのライブ音源をDSD録音した貴重音源です。ストイックなグルーヴに転がるような旋律を、一筋縄では行かないシンセ・ベースが包込む! フロア全体が、憂いのあるダンス・フロアになり、演奏が進むにつれその温度は急上昇する。まさにその場にいるかのような臨場感たっぷりのDSD音源で、この冬を乗り切ろう!

>>>特集ページはこちら

NETWORKS / White Sky

変拍子+キラキラ・シンセ+スペイシー・ガット・ギター+ダンス+ミニマル!! 欲張りながらも洗練された、天国へ導く祝祭的ハッピー・ダンス・ミュージック。メンバーは宇宙大仏(Syn/SynB)、無限生産霊(G)、濱田大蹂躙(Dr)の三人。

LIVE INFORMATION

2/19(火)@新宿MARZ
3/13(水)@大阪Shangri-La
3/14(木)@岐阜Travessia
3/15(金)@浜松Esquerita68
3/19(火)@高円寺High
3/22(金)@飯田Club Rulez
3/24(日)@宇都宮studio baco
4/13(土)@目黒 円融寺
4/21(日)@渋谷O-nest ワンマン

PROFILE

Yasei Collective / ヤセイ・コレクティブ

2009年に米国より帰国した松下マサナオを中心に、エレクトロ、ジャズ、ロック、ヒップホップなどが融合されたNY音楽シーンのサウンドを国内で体現するべく結成。自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心に全国各地でのライヴを精力的におこなう。2011年7月には、1stアルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリースし、渋谷CLUB QUATTROにてレコ発ライヴを開催。 一筋縄ではいかない楽曲や、秀逸な演奏が、Ralph Humphrey、Jason Lindner、大谷能生、浜野謙太ら、国内外のアーティストから賞賛される。2012年6月には、バンド初となるLive盤『Really Real Live vol,1』をリリース。今後1年以内に『vol,4』までのリリースを予定している。同年7月には、FUJI ROCK FESTIVAL '12「ROOKIE A GO-GO」に出演。突き抜けたポップネスと常に進化するストイックなライヴで絶大な支持を集めている。自主企画のイベントにおいては、現在まで、柳下"DAYO"武史(SPECIAL OTHERS)、山本ムーグ(Buffalo Daughter)、在日ファンク・ホーンズ、仰木亮彦(在日ファンク)、田中“Tak”拓也、大渕愛子(Modern Irish Project)、井上文貴(東京ローカル・ホンク)、Sardine Head(アーティスト名順不同) 他、多くのミュージシャンを招いた演奏が、いずれも好評を博している。

Yasei Collective official HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
でんぱ組.inc「夢眠ねむ」ボカロ“夢眠ネム”でコンピ・アルバムをリリース
[REVIEW]・2017年07月06日・でんぱ組.inc「夢眠ねむ」がボカロ“夢眠ネム”に! 豪華クリエイター参加のコンピ・アルバムをハイレゾ配信 でんぱ組.incのメンバー、夢眠ねむのボイスをサンプリングして2月に製品化発売されている「VOCALOID4 Library夢眠ネム」を使用して制作されたコンピレーション・アルバム『VOCALOID夢眠ネム』がリリースされた。楽曲制作には、kz(livetune)、八王子P、ゆよゆっぺ、tilt-six、ナユタン星人、玉屋2060%(Wienners)、MOSAIC.WAV、Yamaha VOCALOID夢眠ネム開発チーム、Tom-H@ckら豪華メンバーが参加。まだボカロの魅力に気づいていない人へ、南波一海のレヴューでその深みにハマってください。 V.A. / VOCALOID 夢眠ネム'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 2,700円(右)単曲 257円 / まとめ価格 1,852円【Track Lis
『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶──ホムカミ新作EPを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月05日・人と人とを交差させ、響かせる。──『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶 2015年にリリースしたシングル「HURTS」以降、注目を集め続ける京都在住の4ピース・バンド、Homecomings。昨年、2013年の“ROOKIE A GO-GO”出演から3年ぶりに〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の舞台に立ち、観客の盛り上がりがフジロック随一とも言われる“レッドマーキー”への出演を果たす等、ライヴでの活躍が目立っていたなかで、待望の新作『SYMPHONY』をリリースする。本作で、彼らは殻を破ったと言えるだろう。バンド最高の名曲と評される「HURTS」を超える名曲が誕生した。新曲4曲 + REMIX1曲のミニ・アルバムではあるが、今年を振り返ったときに鮮明に覚えているアルバムになっているはずだ。容易く語られがちなセンチメンタルやノスタルジーに、これが本物だと言わんばかりの、心の機微を捉える名曲づくしのアルバムを、OTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 〈FUJI ROCK FESTIVAL'16〉を経て成長したホムカミのミニ・アルバムが完成! Homecomin
by 中の人
コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバム『Mellow Waves』を配信開始
[CLOSEUP]・2017年06月28日・コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバムーーメロウとゆらぎに満ちた大傑作『Mellow Waves』 Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来、11年ぶりとなるオリジナル・アルバムを完成させた。その間、salyu × salyuのプロデュースやMETAFIVEでの活動、『デザインあ』、『攻殻機動隊』のサウンドトラック制作など、様々なプロジェクトに関わってきた小山田圭吾が作り上げた至高の作品。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作を配信開始する。この作品を聴かない人生はもったいない! Cornelius / Mellow Waves'【配信形態】AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. あなたがいるなら2. いつか / どこか3. 未来の人へ4. Surfing on Mind Wave pt 25. 夢の中で6. Helix / Spiral7. M
by 西澤 裕郎
むすびズム、新プロデュース布陣で臨むニューシングルを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年06月27日・むすびズム、新プロデュース布陣で臨むニューシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。”「日本のカワイイ」を世界に発信する”をテーマに活動中の彼女たちが、このたび最大の武器、「kawaii」全開の3rdシングルを発表、OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信開始。アルバム購入すると、ブックレットと、抽選でサイン入りポスタープレゼントも。さらに、リリースを記念して担当ディレクター&メンバーからのコメントも到着しました! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / キミに夢CHU♡XX【A盤】'【収録曲】1. キミに夢CHU♡XX2. キミへ100% 3. キミに夢CHU♡XX -Instrumental-4. キミへ100% -Instrumental- 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)むすびズム / キミに夢CHU♡XX【B盤】'【収録曲】1. キミに夢夢CHU♡XX2. 小悪魔なLOOK3. キミに夢夢CHU♡XX
シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──〈岡村詩野音楽ライター講座〉よりクロス・レヴュー
[REVIEW]・2017年06月23日・シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──新たに提示する“シャムキャッツの音楽”とは 昨年、自主レーベル〈TETRA RECORDS〉を立ち上げ、バンド史上最高のアンセムとなった『マイガール』、バラエティ豊かな楽曲が並ぶ『君の町にも雨はふるのかい?』を立て続けにリリースしたシャムキャッツ。今回リリースされる『Friends Again』は、実に約3年3ヶ月ぶり、そして〈TETRA RECORDS〉立ち上げ以降、初のフル・アルバムとなった。前作『AFTER HOURS』リリース以降、様々な方法で表現をし、“新たなシャムキャッツ”を模索し続けていた彼ら。そんなシャムキャッツが満を持して世間に放つ音楽とは……。現在開催中の、オトトイの学校〈岡村詩野音楽ライター講座〉の講座生によるレヴューとともに紐解いてみてはいかがだろうか。 前作から約3年3か月ぶりのフル・アルバム! シャムキャッツ / Friends Again'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. 花草
【REVIEW】色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドのセカンド・アルバムをハイレゾ配信スタート!!
[REVIEW]・2017年06月23日・色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドの最新作をハイレゾ配信スタート!! 「犬神家の一族」や「人間の証明」などの映画音楽やTV音楽、そしてみなさまご存知「ルパン3世」の音楽を手掛けてきた大野雄二が昨年始動させた新バンド・Yuji Ohno & Lupintic Sixがデビュー作から1年という短いスパンで最新作をリリース。「ルパン三世のテーマ」、「愛のテーマ」をはじめとしたルパン・シリースの中でも人気の高い楽曲もニュー・アレンジにて収録。OTOTOYではもちろんハードボイルドでアッパーな今作をハイレゾにて配信中です。そして、アルバム購入者抽選で3名に大野雄二サイン入りステッカーをプレゼント! 詳細は記事内にて! Yuji Ohno & Lupintic Six / RED ROSES FOR THE KILLER'【Track List】01. TORNADO 201702. RED ROSES FOR THE KILLER 201703. CRAZY IN LOVE feat.詩織04. MIDNIGHT WHOOPIE05. GOLDEN TIME feat.TIGER06. B
スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース!メンバーによるライナーノーツを掲載
[REVIEW]・2017年06月22日・スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース──限りなくエヴァーグリーンでポップな今作を語る 2004年に結成、京都を中心に活動を行っているスーパーノア。ついに彼ら初のフル・アルバム『Time』が完成した。今回リリースされる『Time』には、ライヴ会場限定で販売されていたシングル「リリー」の再録バージョンや、予てから音源化が望まれていた「what light」など、いまのバンドのモードが反映された新曲など全10曲を収録。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信開始。スーパーノアのメンバーである赤井裕(Gt)、井戸健人(Gt. / Vo.)、岩橋真平(Ba.)、岡村寛子(Key.)と、〈SIMPO RECORDS〉代表であり今作のレコーディング・エンジニアを務めた小泉大輔によるセルフライナーと共にご紹介しよう。 待望の初フル・アルバムをハイレゾ・リリース スーパーノア / Time'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 230円(税込) / アルバム 2,300円(税込)【収録曲】1. U(n)A2. MADA3. ドリームシアタ
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事