次世代型インスト・バンド、Yasei Collective、フリー・ダウンロード解禁!

昨夏のFUJI ROCK FESTIVALのROOKIE A GO-GOステージに出場し、その巧みな技術や独自の世界観で、耳の早いリスナーから注目を集めるYasei Collective。彼らの新たなキラー・チューン「CHAT-LOW」を、リリースに先駆けてOTOTOY限定でフリー・ダウンロード(short ver.)を解禁!! 今年要注目の彼らの音楽を、一足先に体験して欲しい。

>>>「CHAT-LOW short ver.」のフリー・ダウンロードはこちら(2月16日(土)~26日(火))

中毒者続出! 恍惚と陶酔のインスト・ミュージックを1曲フリー・ダウンロード!


Yasei Collective / CHAT-LOW short ver.

【TRACK LIST】
01. CHAT-LOW short ver.

配信形式 : mp3、HQD(24bit/48KHzのWAV)
価格 : 無料
配信期間 : 2月16日(土)~26日(火)

2月15日 Yasei Collective LIVE@渋谷O-Nest

金曜日の夜。

ステージの中心を囲うように、向かって左からギター・斎藤拓郎、キーボード・別所和洋、ベース・中西道彦、ドラム・松下マサナオという配置。斎藤と中西の前にも、シンセサイザーなどの機材が置かれた卓が用意されている。

文 : 前田将博

LIVE REPORT

場内が暗転し、「いいわけないじゃないの」というサンプリングされた渋い声が聴こえると、突如ドラムが激しく鳴り響き、「Iiwake」からライヴはスタートした。その音に絡み合うように、ベースもうねりを上げる。そんなリズム隊の上に、ひと際キャッチーなキーボードの音と、歪んだギターの音が加わる。途中、イントロで鳴った「いいわけないじゃないの」の声が再び聴こえると、曲の雰囲気が一転し、エレクトロのようなサウンドへ。その後も目まぐるしくリズムと曲調が変化し、場内は緊迫感が支配する。2曲目の「Conditioner」では、斎藤がマイクを使い歌う。斎藤の声は、エフェクターで機械的な音に変化し、歌というよりは、無機質な電子音の一部のように聴こえた。松下の挨拶を挟み、新曲「Uncle「B」」が披露される。静かなギターの音色から曲が始まり、先ほどまでとは打って変わったミドル・テンポの、妖艶な音が鳴り響く。

左から、斎藤拓郎(Gt, Vo, Synth)、別所和洋(Key)、中西道彦(Ba, Synth)、松下マサナオ(Dr)

ここで、松下のMC。「今度2年半ぶりにシングルが出るんですけど、明日(2月16日)からOTOTOYで、10日間限定で無料配信します。その後27日から、有料でロング・バージョンも配信されるので、チェックしてください。25日には、その曲のMVもYouTubeで公開されるんですけど、そのMVの監督も僕がしました」と話し、その配信シングル「CHAT-LOW」を演奏する。松下のハイハットが細かいリズムを刻み、そこに斎藤の声とキーボードの音が入ると、今度は不思議なくらいにポップに聞こえる。激しいリズム隊と、キャッチーなキーボードのリフが違和感なく混ざり合っている。

松下がメガネを外し、ほとばしる汗を拭い呼吸を整える。次に演奏された曲は「Goto」。一段と激しく手数の多いドラムが、時に機械的に、時に野生的にと、次々と表情を変える。ジャズやフュージョンのように聴こえていた曲が、気づけば激しいロックへと変貌を遂げている。曲が終わると、客席から拍手が起こった。ラストの曲は「Bong Bong Chin Chin」。キーボードのリフから始まり、ギターも電子音のような音を奏でている。この曲も、ジャズからテクノ、エレクトロへと次々に変化していく。このバンドはいったいどれほどの引き出しを持っているのだろうか。曲中、ドラムのソロ・パートでは、大きな歓声があがる。再び激しくグルーヴが渦巻くと、客はトリップし、激しく頭を揺らした。

「どうもありがとうございました、ヤセイ・コレクティブでした」と松下が挨拶すると、場内を拍手と歓声が包む。メンバーがステージを後にしてからも、しばらくの間、ざわめきが客席を支配していた。圧巻のステージ。あっという間に、怒涛のような30分間のライヴは終了した。しかしまだ、ヤセイ・コレクティブの全貌が見えた気はしない。驚異のテクと、ジャンル・レスに融合されたサウンドは、どこまで進化していくのか。その果ては見えない。

セットリスト

2013年2月15日(金)@渋谷O-nest
1. Iiwake
2. Conditioner
3. Uncle「B」
4. CHAT-LOW
5. Goto
6. Bong Bong Chin Chin

RECOMMEND

NINGEN OK / 体温の行方

90'sオルタナティブ~インディー・ロックやUSハードコアに影響を受けてきたと公言する彼らの音楽は、ソリッドに刻まれるギターとタイトかつ変幻自在のドラミングが絡み合い、競い合い、ときには激しく衝突し合いながら生み出される、ノイジーなインダストリアル・サウンドである。表面上は無機質にも聴こえるが、ダンス・ミュージックとしての高揚感を持つだけでなく、シンセサイザー(ピアノ)による叙情的なフレーズやデジタル・エフェクトを全面的に採り入れたことで、非常にエモーショナルな響きを獲得。生命力や人間愛が滲み出た、ポジティブなオーラを纏っていることも大きな魅力。

>>>特集ページはこちら

MaNHATTAN / LIVE at Shimokitazawa BASEMENTBAR 2011.06.26 (DSD+mp3 ver.)

濱本大輔(Dr / 赤犬)、藤井学(key / ex:The Miceteeth)、次松大助(synthesizer / ex:The Miceteeth)の三人からなるMaNHATTAN。2011年06月26日に行われた下北沢インディーファンクラブでのMaNHATTANのライブ音源をDSD録音した貴重音源です。ストイックなグルーヴに転がるような旋律を、一筋縄では行かないシンセ・ベースが包込む! フロア全体が、憂いのあるダンス・フロアになり、演奏が進むにつれその温度は急上昇する。まさにその場にいるかのような臨場感たっぷりのDSD音源で、この冬を乗り切ろう!

>>>特集ページはこちら

NETWORKS / White Sky

変拍子+キラキラ・シンセ+スペイシー・ガット・ギター+ダンス+ミニマル!! 欲張りながらも洗練された、天国へ導く祝祭的ハッピー・ダンス・ミュージック。メンバーは宇宙大仏(Syn/SynB)、無限生産霊(G)、濱田大蹂躙(Dr)の三人。

LIVE INFORMATION

2/19(火)@新宿MARZ
3/13(水)@大阪Shangri-La
3/14(木)@岐阜Travessia
3/15(金)@浜松Esquerita68
3/19(火)@高円寺High
3/22(金)@飯田Club Rulez
3/24(日)@宇都宮studio baco
4/13(土)@目黒 円融寺
4/21(日)@渋谷O-nest ワンマン

PROFILE

Yasei Collective / ヤセイ・コレクティブ

2009年に米国より帰国した松下マサナオを中心に、エレクトロ、ジャズ、ロック、ヒップホップなどが融合されたNY音楽シーンのサウンドを国内で体現するべく結成。自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心に全国各地でのライヴを精力的におこなう。2011年7月には、1stアルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリースし、渋谷CLUB QUATTROにてレコ発ライヴを開催。 一筋縄ではいかない楽曲や、秀逸な演奏が、Ralph Humphrey、Jason Lindner、大谷能生、浜野謙太ら、国内外のアーティストから賞賛される。2012年6月には、バンド初となるLive盤『Really Real Live vol,1』をリリース。今後1年以内に『vol,4』までのリリースを予定している。同年7月には、FUJI ROCK FESTIVAL '12「ROOKIE A GO-GO」に出演。突き抜けたポップネスと常に進化するストイックなライヴで絶大な支持を集めている。自主企画のイベントにおいては、現在まで、柳下"DAYO"武史(SPECIAL OTHERS)、山本ムーグ(Buffalo Daughter)、在日ファンク・ホーンズ、仰木亮彦(在日ファンク)、田中“Tak”拓也、大渕愛子(Modern Irish Project)、井上文貴(東京ローカル・ホンク)、Sardine Head(アーティスト名順不同) 他、多くのミュージシャンを招いた演奏が、いずれも好評を博している。

Yasei Collective official HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】入江陽が誘う、不思議な別世界へ──入江陽が約1年半ぶりとなるアルバム『FISH』を自主レーベルからリリース
[REVIEW]・2017年09月25日・入江陽が誘う、不思議な別世界へ──約1年半ぶりとなるアルバム『FISH』を自主レーベルからリリース 入江陽が約1年半ぶりとなるアルバム『FISH』を自身主宰のレーベル/出版社〈MARUTENN BOOKS〉からリリース! 生生まれ育った新大久保の喧騒を離れ千葉の郊外に移住。そんな彼がサウンドエンジニアの中村公輔のサポートのもと制作した今作は、リラックスしたムードで、魚を釣り上げるような、魚として泳ぐような、そんな雰囲気を纏った1枚となった。 ゲストにBOMI、岩出拓十郎(本日休演)、黄倉未来、ガクヅケ木田(芸人)、セミ(虫)といったバラエティ豊かな面々も迎え、トラックメーカーとしてTeppei Kakudaらも参加。彼らしいネオ・ソウル感も健在ながら、今までで最もファンタジックかつメロウな要素が詰まった『FISH』をレヴューと共にお楽しみください。 自身主宰のレーベル/出版社〈MARUTENN BOOKS〉からリリース入江陽 / FISH'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,998円(税込)【収録曲】''01.
【REVIEW】衝動 × 衝動! 春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年09月22日・衝動 × 衝動! 感情を増幅させるドーピング──春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信 シンガー・ソングライター、ポエトリー・ラッパー、トラックメーカーと、多才さを発揮し、今年の夏にはオーディション優勝を経て〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉へ出演。2017年大注目の新人といわれている“うたう最終兵器”春ねむり。そんな彼女が後藤まりこの楽曲提供によるコラボ楽曲を急遽リリース。OTOTOYでは今作のハイレゾ音源を配信。また、今作から「yoake」を期間限定でフリー配信していますので、このレヴューと共にお楽しみ下さい! 衝撃の注目作を先行配信! 春ねむり / はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 350円(税込) / アルバム 1,080円(税込)【収録曲】1.はろー@にゅーわーるど 2.とりこぼされた街から愛をこめて3.yoake 収録曲の期間限定フリー配信も! 春ねむり / yoake(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALA
by 中の人
ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
アドリブで楽曲を作り上げ臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中
[CLOSEUP]・2017年09月19日・アドリブで楽曲を作り上げた臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中! 奇妙礼太郎が、メジャー1stフル・アルバム『YOU ARE SEXY』をワーナーミュージック・ジャパン内レーベル、unBORDEよりリリース。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメ―ションズ、さらにはSundayカミデとテシマコージとの3ピース・パンド・天才バンドなど多岐に渡り活動してきた奇妙が中込陽大(gomes)とふたりで作り上げた全20曲。奇妙礼太郎のいまが詰め込まれた本作をハイレゾでお楽しみください。 奇妙礼太郎、待望のメジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信奇妙礼太郎 / YOU ARE SEXY【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめのみ 3,550円(税込) 【収録曲】''1. Woman2. 眠り時計と王の月3. 春だったのかな4. 君はセクシー5. 骨に雨6. 白鳥のおもちゃ7. 19728. NEWTON9. くま10. Nobody knows11. 欲望のしるし12. 泥の月13. ボタンホール14. よっぱ
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事