2009年に東京で結成された4人組ロック・バンド・fifi(フィフィ)が、2012年8月から半年も経たずに作品をHQD(24bit/48kHzのwav)で1週間先行リリース。本作は、彼らにとって1stシングルであり、2013年のスタートを切る作品でもある。アメリカのハードコアの流れの中から生まれたエモをうまく日本的に消化したサウンドは、どのような進化を見せたのか? その音をお聞き逃しなく。そして、OTOTOYで『約束』をご購入いただいたお客様の中から各10組20名様を東名阪各公演に完全無料ご招待!! こんな機会は後にも先にもない!? 奮ってご購入ください。

タワーレコード&amazon限定シングルを先行配信スタート(配信は、OTOTOYだけ)


fifi / 約束

<収録曲>
1. 約束(TBS系テレビ「SUPER SOCCER」2,3月度ED曲)
2. Dreaming Hero

【配信価格】
HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 200円 / アルバム 400円

前作で作り上げたツイン・ボーカルで表現するバンド・サウンドを圧倒的に昇華させ、 高まった美しく叙情的なメロディと、削り落とされた詞の世界。 この作品は、今後のfifiの未来を眩く照らす、一筋の光。 レコーディング・エンジニアには、これまでと同じく采原史明を、 マスタリングには「バーニー・グランドマン・マスタリング」の名匠、田中三一を迎え、 過去最高のサウンド・クオリティを実現。

『約束』Release Tourに各公演10組20様をご招待!!

約束 Release Tour

2013年2月25日(月)@名古屋新栄CLUB ROCK'N'ROLL
OPEN / START 18:30 / 19:00
fifi / Cathy lost one's apricot yesterday
GUEST palitextdestroy

2013年2月26日(火)@大阪アメリカ村CLAPPER
OPEN / START 18:30 / 19:00
fifi / Cathy lost one's apricot yesterday
GUEST chouchou merged syrups.

"fifiレコ発 ワンマン・ライヴ"
2013年3月18日(月)@渋谷Lush

★約束 Release Tourへ各公演10組20名様を無料招待
※『約束』をご購入いただいた方は、完全無料でご入場いただけます。
ご招待のご連絡をさせていただきます。あらかじめinfo(at)ototoy.jpからのメールを受信できるよう、設定ください。
応募締切 : 2013年2月23日24時まで

「洋楽みたいでカッコイイ」時代はとうに終わった

かつて、日本のロック・ポップスは洋楽の影響を色濃く受けていた。子供の頃聴いた、テレビにめったに出ないロック・ミュージシャンの曲。後になって知ることだが、その多くが海外で活躍するミュージシャンから影響を受けた曲であった。それは、あまり音楽を知らない子供の頃には刺激的だったものの、後々自分が洋楽を聴くようになると、一種のコンプレックスのようなものとして邦楽を敬遠するように気持ちに変わった(もちろん今はそんなことはないが)。実際、日本ではある時期まで、“洋楽にいかに近づけるか”がロック・アーティストの価値観だったのではないかと思う。しかし、今や「洋楽みたいでカッコイイ」時代はとうに終わったことに気づかされた。

ロック・バンド、「fifi」の4人には「洋楽コンプレックス」を感じない。もちろんロック・バンドである以上、洋楽の影響が全くないなんてことはあり得ないわけで、疾走するサウンド、アップ・テンポに合わせてリフレインするアルペジオからノイジーなサウンドへ変化するギター等、その音楽を洋楽に当てはめてカテゴライズすることは難しくない。ただ、東京で結成されたという彼らは、ごく自然に様々な音楽を吸収し、洋楽・邦楽を問わずに自分たちの音楽的バック・グラウンドにしてきたのではないかと感じるのだ。

今回のシングル・リード曲「約束」はわずか2分36秒の短い曲だ。そのわずか150秒程の時間の中で、彼らは目一杯の音楽的素養を聴かせてくれる。そこには「誰々っぽい音楽」という擬態の完成形ではなく、あくまでも「fifiの音楽」としての未完成の感性が煌めいている。実に「今っぽく」かき鳴らされるギターに対抗するかのように飛び込んでくるギターのリフ。ひたすら自由に鳴らされている感のある2本のギターに負けじと激しくタムを廻しまくるドラム。サウンドに一本芯を通している存在のベースも曲の盛り上がりと共に混沌とした音の世界に飛び込んでうねっている。そんなせわしない疾走感の中で、ツイン・ヴォーカルの一人、植谷佳之が歌うのはバンドが鳴らす音とは乖離したナイーヴな世界だ。冒頭の〈君の書いた手紙すら、読めないまま錆びていく〉そして、〈あの手紙に君は書いた『約束はどうだい?』今、応えるよ〉というエンディングの歌詞。「君」は「自分自身」なのだろうか? 自分自身の内面の葛藤をサウンドで表しているとするならば、楽器ひとつひとつがまるで感情表現をしているようにさえ聴こえる。カップリング曲「Dreaming Hero」にはさらにナイーヴな歌の世界観がより顕著に表れている。しかし、サウンドの打ち出し方は全く違う表情を見せる。それだけに、美しくポップな曲調と間奏の流麗なギターが心に迫る。

このバンドの振幅の広さをこのたった2曲で感じさせられるシングルだ。そして、なによりもこの楽曲達は音が良い。レコーディング・エンジニアの“凛として時雨”も手掛ける采原史明、マスタリングの田中三一ともに、最高の仕事をしている。音の分離が良く、立体感のあるサウンドが、fifiの魅力を存分に引き出している。彼らにとって、最上のパートナーではないだろうか。今後のフル・アルバムの完成に期待したい。(text by 岡本貴之)

fifi back catalog

RECOMMEND

きのこ帝国 / eureka

イノセントな歌声の裏側に宿る強烈な意思。2010年代のシーンに圧倒的な存在感を放つ、強くしなやかなバンドサウンド。ライヴ・バンドとして更なる成長と進化を続ける、きのこ帝国、待望のフルアルバム!前作『渦になる』で各CDショップのレコメンド・アイテムに選出。ラジオ各局のパワープレイ、あまたの雑誌で取り上げられ、ライヴ・イベント 「COUNTDOWN JAPAN 12/13」「MUSIC CUBE 13」にも出演が決定。大注目、2013年最重要のバンド、きのこ帝国。前作を発表して9ヶ月、世間の噂の上を行く、ファースト・フル・アルバムが出来ました。

tricot / バキューンEP

リード曲「おもてなし」を含む3曲入りEP。中嶋イッキュウ(Vo/Gt)、キダ モティフォ(Gt/Cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba/Cho)の3人でtricotを結成。2011年5月にkomaki♂(Drums)が正式加入。 展開の予測できない独特でスリリングな楽曲、それでいて耳から離れない中毒性の高いサウンドに、力強くも可憐で繊細なヴォーカルが絶妙にマッチし唯一無二の世界観を生み出している。

>>tricotの特集はこちら

リサ=オフリー / 鳴り止まないエゴイズム

抑えきれない感情を振り絞り、小さな光を追い求めもがいていくエモーショナルな歌詞、ギター・ロックというスタイルながらポストロック的なアプローチをみせるサウンドが特徴的なバンド、リサ=オフリー。バンド初となる全国流通盤『鳴り止まないエゴイズム 』が1月23日にリリース。Art-Schoolの代表曲のカバーを収録するなど、意欲的な作品になっている。

>>>リサ=オフリー の特集はこちら

LIVE SCHEDULE

キミカラ vol.1
2013年2月10日(日)@宇都宮HELLO DOLLY
fifi / The cold tommy / palitextdestroy / リコチェットマイガール

Haiku Youlit presents
2013年2月23日(土)@新宿Motion
fifi / Haiku Youlit / BAND A / THE BLONDIE PLASTIC WAGON / Rhycol.

約束 Release Tour
2013年2月25日(月)@名古屋新栄CLUB ROCK'N'ROLL
fifi / Cathy lost one's apricot yesterday
GUEST palitextdestroy

2013年2月26日(火)@大阪アメリカ村CLAPPER
fifi / Cathy lost one's apricot yesterday
GUEST chouchou merged syrups.

2013年2月27日(水)@福島いわきSONIC
fifi / Rhycol. / andmore!!

2013/2/28(木) 仙台MACANA
fifi / Rhycol. / andmore!!

2013年3月2日(土)@青森八戸ROXX
fifi / Rhycol. / Re:Turn / andmore!!

2013年3月3日(日)@岩手盛岡CLUB CHANGE WAVE
fifi / Rhycol. / andmore!!

fifiレコ発 ワンマン・ライヴ
2013年3月18日(月)@渋谷Lush

fifi presents "WITHfes2013"
2013年4月21日(日)@新宿LOFT
fifi / andmore!!

PROFILE

fifi

2009年東京にて結成。
12月 Dr shoutarou naka加入。

2010年7月18日 吉祥寺WARPにて自主企画「WITHfes2010」を開催。総勢20バンド出演。チケット・ソールド・アウト。
7月21日 1st mini album『Lost days.ep』を全国リリース。
8月〜10月 リリース・ツアーを全国22カ所で行う。
10月 渋谷club乙にて自主企画「first finder vol.1」を開催。
12月 吉祥寺WARPにて自主企画 「first finder vol.2」を開催。

2011年
5月24日 吉祥寺WARPにて自主企画「first finder vol.3」を開催。
5月25日 2nd mini album『wonder speaker,drawing your voice.ep』を全国リリース。
6月 下北沢SHELTERにてaquarifaとの共同レコ発企画「intersection」を開催。
6月〜7月 リリース・ツアーを全国13カ所で行う。
10月2日 新宿LOFTにて自主企画「WITHfes2011」を開催。総勢26バンド出演。満員御礼。
10月 MINAMI WHEEL2011出演。

2012年
8月8日 3rd mini album『orange.ep』を全国リリース。
8月〜9月 リリース・ツアーを行う。

fifi official HP

o

 
 

レヴュー

現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち
[CLOSEUP]・2017年11月01日・インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち 森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう? Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴Good Luck EP / Temple of Kahn【収録曲】1. Always H