stimの新作音源が到着!

日本のインディー / メジャー、ロック / ジャズ・シーンを牽引するバンドのメンバーを擁するstim(スティム)が、初の全国流通盤『NOON AFTER NIGHT』をリリース! トラック・メイカーにしてドラマーのTaichi(Orquesta Nudge! Nudge! / NiceBrew / ex. group)率いるstim。OTOTOYでは新作を24bit/48kHzの高音質WAV音源で配信。エンジニアに内田直之を迎え、オープンリールによるアナログ・レコーディングで制作し、ゲストには今をときめく田我流が参加! ゆったりかつ、激しく! stimに魅了されっぱなしのフル・アルバムとなっています。

最新作を高音質で配信中!

stim / NOON AFTER NIGHT

【価格】
mp3 単曲 250円 / アルバム 1,800円
wav 単曲 300円 / アルバム 2,100円
HQD 単曲 350円 / アルバム 2,400円


【Track List】
01. Chess
02. Universe Disco
03. √20 (feat. 田我流)
04. Fata Morgana
05. Basquiat
06. Continuous Voyage
07. Blue (feat. JAMUNA)
08. Redone
09. Revive The Past

INTERVIEW : Taichi×中村圭作×後関好宏

バンドを続けるために必要なこととは何か? それはバンドによって違うかもしれないけれど、バンド内のコミュニケーションは必要不可欠な要素だろう。トラック・メイカーのTaichiを中心に2002年に結成されたstimは、そうしたコミュニケーションを大切にしてきたバンドである。リハーサルのあとには、ほぼ飲みに行くというが、toe、在日ファンク、木村カエラ、DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN、WUJA BIN BIN、ホテルニュートーキョーなど、日本の音楽シーンを牽引するバンドのメンバーが集まっているだけあって、それは本当に大切なことに違いない。また、「小難しいことを小難しくなく聴かせる」というテーマを持っている彼ら。それを実現する上で、そうしたコミュニケーションは細かなプレイにも反映されていることだろう。stimの自由で伸びやかな作品の元には、そんな積み重ねがあるに違いない。音楽性10年目にして初の全国流通アルバムを完成させた彼らの中から、Taichi、中村圭作、後関好宏の3人に、本作のこと、そしてバンドを続ける上で大切なことを聞いた。

インタビュー & 文 : 西澤裕郎

左から後関好宏、松崎幹雄、高田陽平、中村圭作、上運天淳市、Taichi

自分達が聞いても楽しめる音楽をやりたい(中村)

——『NOON AFTER NIGHT』は、結成10年目にして初の全国流通盤となりますが、このタイミングでリリースすることになったきっかけを教えてもらえますか?

中村圭作(以下、中村) : 正月にビートたけしの番組を見た時、マヤ文明の関係で2012年12月22日に人類が終わるってことを言っていて、携帯電話にそのスケジュールを入れていたんです。それで、今年にアルバムを出さないと!! って(笑)。
Taichi : 出したい! って言い続けてはいたんですけど、ここまでのびちゃって。なので大きなきっかけがあってとかではないんです。

——そもそも、stimが結成することになったきっかけをは何だったんでしょう?

Taichi : 自分が「新しいバンドをやろう」って、1人1人のメンバーに声をかけて集めていったんです。具体的にこうやろうっていう話はしていなくて、漠然と形を決めて肉付けしていきました。「小難しいものを、小難しくなく聞かせる」っていうのがコンセプトというか。五日間位で考えて作った料理をさらっと出して、「上手い! 」っていって食べてもらえるような感覚って言うのかな。

——結成当時から、そのようなテーマを持っていたんですか?

Taichi : もともと小難しい音楽が好きだったんですよね。でもそれを難しいまま聞かせたくなくて。
中村 : イメージとしては様々な角度から見ていろんな形に見えるような立体的な曲を作れればなと。それはインスト・バンドのいいところでもあり、物足りないところでもあると思うんですけどね。色々な角度から聞いてもらって、そのシチェエーションや場所で聞いてもらえばなって思います。

——そのイメージはメンバー間で共有していたんでしょうか?

中村 : それは特に意識していないです(笑)。なんか面白そうと思ったのと、Taichiが誘ってくれたからですかね。
Taichi : はっきりしたのは組んでからです。だから後付けです(笑)。

——では、どういう基準でメンバーを選んだのでしょう?

Taichi : ライヴが終わった後もよくしゃべっていたり、音楽以外の時間を多く共にした人ですかね。もちろん、技術ありきというのは大前提ですけど。ゴセッキーとはよくしゃべっていたよね。
後関好宏(以下、後関) : そうそう。友達がTaichiしかいなかったんだよね(笑)。自分が当時やってたバンドは、メンバーがみんな年上で、敬語で話してばっかりだったからね。

——気の置けない仲間を集めることによって活動が始まっていったんですね。

後関 : あの頃は、とにかくリハの数が激しかったよね。
Taichi : でも、あのリハの数があったからこそ、今があると思います。よく飲みに行ってたし。

——今のメンバーになったのはいつ頃のことなんですか?

中村 : 正式になったのは、2009年ですね。それまではサポート・メンバーが入ってたりとか、俺らでもよく分かってないからね。
後関 : 抜けたメンバーの方が、今のメンバーより多いかも。

——メンバーが流動的だったのはなぜですか?

Taichi : 忙しくなったっていうのも1つですけど。小難しいのを、小難しく聴かせちゃったっていうところかな。

——じゃあ、今のメンバーは、Taichiさんのやりたいことをやるに最適なメンバーなんですね。

Taichi : 俺にはもってこいですね。やりたいと言ったことに対して、否定的に入らないんです。なんとなく自分のやりたいことと、みんなのやりたいことがずれていない。余計な説明もしなくていいし。
後関 : 僕たちは、17時にリハを終わらせるようにしていて。なぜかというと、ハッピーアワーがあるからなんです(笑)。そこから朝まで飲んだりしていて、そこで脱落した人が多かったよね(笑)。しまいにはメンバーが飲み屋を始めちゃったもんね(笑)。

——あははは。アイドル文化が強い理由の一つとして、ロックやヒップ・ホップ、メタルまで、様々なジャンルの音楽を吸収できちゃうことがあると思うんですね。でも、stimの音楽はアイドルには吸収できない音楽だと思うんですよ。

中村 : それは売れない音楽ってことですか(笑)?

一同 : 爆笑。

——そういう意味じゃなくて(笑)。いわゆるインストとかポスト・ロック的なアプローチって、アイドル用にレコーディングして流すでは成立しないと思っていて。このメンバーでしか刻めないリズムや感覚が、おとしこまれていると思うんですね。そこにstimのこだわりを感じるんですが、本人達の思う一番のこだわりは何だと思いますか?

Taichi : 単純に聴いてかっこいいものですね。
中村 : こだわりではないですけど、それぞれが持つ音の出方が特別なんですよね。これ他のバンドも言っていると思うんですけどね(笑)。

——stimは、音源を何万枚売ってやろうと考えて活動しているバンドではないと思っていて。だからこそこだわりを持っていると思うんですよね。

中村 : もし考えていたら、違う音楽やってますよね(笑)。
Taichi : 「これがカッコイイんだぜ」っていうことを教えてあげたいというか。ヒップ・ホップもロックも四つ打ちもかっこいいけど、「こっちもいいぜ」っていうことを知らしめたい気持ちはあるよ。
中村 : 長く聴ける音楽っていうか、自分達が聞いても楽しめる音楽をやりたいですね。50、60歳になってもやり続けることが出来るし、やっていても恥ずかしくないというか。あらためて昔の曲を聞くといまいちと思うこともあるけど、stimでは10年前の曲を聞いてもそうは思わないんですよね。今まで培ってきたことを学べたり、新しい解釈も見つけられるし、アレンジのアイデアも発見出来るんです。ボーカルがいたら、年代によって歌っていることも変わってくるし、もうあの曲歌えないってなるかもしれないじゃないですか。stimはテンションだったり、上達するテクニックで内容も変わっていきますからね。同じ曲だけど、長く聞ける。家具も大切にしていると、色が変わって味が出てくるじゃないですか? 使えば使う程ボロボロになるけど、その分愛着が湧くと思うんです。
Taichi : そう考えると、古い曲もあるしね。

——今回はオープンリールによるアナログ・レコーディングをされているということで、音質に対するこだわりも見えますね。

Taichi : それは、内田(直之)君に録ってもらいたくてお願いしたら、スタジオが空いていて使えることになったんです。
後関 : 直前までプロツールスで録ると思ってたけどね(笑)。冗談で「テープでいけるよ」って言っていると思いましたもん。

——stimの方から、内田さんでっていう希望があったんですか?

Taichi : 絶対内田君でってお願いしてました。ウッチーとは昔から知り合いだし、抜群に音がかっこいいのは知っていたから。コミュニケーションも取りやすいし、内田君がやってる音楽は俺の好きなところでもあるからね。

周りの認識が変わればいい(Taichi)

——田我流との共演はどのようにして実現したんですか。

Taichi : 田我流から連絡が来たことがあって。なんか一緒にやろうって話をしてたんですよ。で、それが今回のアルバムになったと。

——詞は田我流さんが書いたんですか?

Taichi : 全体的にそうですね。ただ、避けて欲しい言葉とかは、少し伝えたりしましたね。stimぽくない感じはやめてほしいなって。バイオレンスな感じとかね。

——歌ではなくラップを乗せることを選んだ理由はどういうところにあるんですか。

Taichi : メロディーを乗せるのが難しいと思うんですよ。
後関 : ワンコードで展開していくし、サビがないからね。
中村 : Aメロがあって、Bメロがあって… っていうイメージはなかったですね。元々インストで完結していたものなんです。だから、これを初めて聞いた人は、これからライヴで聞いた時に田我流がいないと物足りない感じがすると思うんですけど、以前から知っている人は驚くと思います。

——「Blue」に参加している謎のオーストリア人ハーフ女性ボーカルというのも気になったのですが。

中村 : 説明が難しいんですよね。アルバムの代表曲を作るということになって、みんなで1曲ずつ作って持ち寄ったら「Blue」っていう曲が採用されたんです。これはパーカッションの陽平が持ってきたんですけど、女性ボーカルを入れたいと突如言われて… ベールに包まれたレコーディングに突入しました(笑)。
Taichi : 声を聞いてどんな女性だと思いますか? 金髪?

——金髪ではなくて、髪は黒っぽい茶色かなと。それで細身の方かなと勝手に思ってます。

Taichi : なるほど。ちょっとアジアン・テイストなモデル系の?
中村 : 自分の都合のいいように直したじゃん(笑)。彼女も、この音楽で歌ってみたいという思いがあって、目的が合致したんですよね。

——10年間メンバーとのコミュニケーションを大事にしてきた中で、今回窓口を広げて、ゲストを参加させたのはなぜですか?

Taichi : そんなに固執していないというか。田我流もJamunaもしゃべりやすいから。
中村 : 10年間やっていようが、聞く人には関係ないですからね。お客さんに楽しんでもらうことが大事です。

——コミュニケーションというのはバンドをやる上で特に重要なんですね。

Taichi : 重要ですね。それがなければ凄い良い演奏をやっていても、腹が立ってくると思うんですよね。なんで何も言わずに、黙々と演奏してんだろうなって。
中村 : 続いてるバンドはなんだかんだ仲がいいんだと思う。仲が良くないバンドは解散すると思いますけどね。

——今はデータでやりとりするバンドも増えていたりしますけど、その手法は使っていないですか?

Taichi : バンドの前に友達ですから、練習した後に飲みに行ったりもするしね。データでやりとりすることに面白みを感じないですよね。
中村 : リハだけ終わって帰るってことがないよね。

——話を聞いている限り、全国流通盤をリリースしたからといって、バンドの方向性が変わるわけではなさそうですね。

中村 : 良い方向に変わればいいですけどね。僕らが変わるというよりは、知らなかった人達が知ってくれたらいいけど。
Taichi : そうですね。周りの認識が変わればいいですね。誰か一人突っ走っちゃうと疲れてしまうので、周りがやりたいことを、地道に一歩ずつ、だらけずやりたいです。
中村 : あとは、アイドルと対バンして、カバーしあいたいですね。

——それは見たいですね! でも、アイドル側がstimをカバーを出来ないんじゃないですか(笑)? 最後に何か言っておきたいことがあれば。

中村 : CDをリリースしたばかりですけど、ボーナスCDもいいので聞いてほしいですね。
後関 : この取材、配信サイトだよ!
中村 : あっ、背信行為をしてしまいました、配信サイトに対して(笑)。でも、本当に音源を聞いてもらって、ライヴを見に来て下さい。
Taichi : ライヴ中、メンバー同士が顔を見合わせたら、間違えたってことですから、そこも見てください(笑)。

RECOMMEND

Nabowa / Sen

異例のロング・セラーを続ける『Nabowa』から2年半振りのフル・アルバム『Sen』は、バンド4人による完全インストゥルメンタル作品。そしてfishmansやUAなどとの仕事で知られるzAkを共同プロデューサーに迎え「最高のクオリティ」で届ける「最高傑作」。

>>>Nabowaの特集はこちら

cro-magnon / THE BEST

2012年1月に行われた「APPI JAZZY SPORT RELAY 2012」にて復活を遂げたcro-magnonが、キャリア初となるベスト盤をリリース。収録内容は、「逆襲のテーマ」「Riding The Storm」「Kai-Ho」など、真骨頂であるダンサブルなライヴ・アンセム曲を中心に、土岐麻子や三宅洋平、Roy Ayersらが参加する客演ボーカル・トラック、さらには今作が初収録となる「Riding The Storm」のIdjut Boysリミックスを含む全14曲を収録。8年間の活動を1枚にフル・ボリュームで凝縮した、非常に聴き応えのある内容となっている。

VA. / color communications: created in japan - the collector's edition original soundtrack

2012年のスケート・シーンにおいて、国内NO.1作品と称されている、池袋発のブランドcolor communicationsによるリジナル・サウンド・トラック。音楽を彩るのは、スケートボードという共通言語によって引き寄せられた日本国内のアーティスト達。DOMMUNEでのプログラム『スケボークラブ』を主催し高い注目を浴びたYO.ANや、FESNの森田貴弘氏編集による衝撃のゲスト・パートを三味線オンリーの楽曲で華を添えた東京月桃三味線、日本のミュージック・シーンを縦横無尽に駆け巡る凄腕のミュージシャン6人が集結したバンドStimなど、まさに現在のシーンを動かしているアーティスト達が集結したサウンド・トラックとなっている。

LIVE INFORMATION

木村カエラ presents オンナク祭オトコク祭 2012
2012年12月19日@恵比寿LIQUIDROOM
LIVE : 木村カエラ / 會田茂一(band set) / toe / BRAZILIANSIZE / FRONTIER BACKYARD / stim

MOTION± × FEVER presents Crossing
2012年12月23日@新代田 FEVER
LIVE : tickles / stim / 宮内優里 / Caroline / NETWORKS with 吉野耕平

PROFILE

stim

2003年より始動し、トラック・メイカーとしても活躍するDrums : Taichi(Orquesta Nudge! Nudge! / NiceBrew / ex.group)、を中心にBass : 松崎幹雄、Percussion : 高田陽平(WUJA BIN BIN / ホテルニュートーキョー / Orquesta Nudge!Nudge! / tuff session) 、Keyboard : 中村圭作(kowloon / toe / 木村カエラ / ホテルニュートーキョー / WUJA BIN BIN / NiceBrew) 、T.Sax : 後関好宏 (ASA-CHANG巡礼 / 在日ファンク / ホテルニュートーキョー / WUJA BIN BIN / ex.DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN) 、B.Sax : 上運天淳市(東京中低域 / ex.KINGDAM☆AFROCKS)の6人編成で活動している。日本のインディー / メジャーシーン、ロック / ジャズシーンを牽引するバンドのメンバーを擁し、綿密に組み立てられたアンサンブルはstim独自の世界を展開していく。

o

 
 

インタヴュー

fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
再起動した東京カランコロン、1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリース&インタヴュー掲載
[INTERVIEW]・2017年10月04日・新たな風吹く、再起動──東京カランコロン、“ポップなのに泣ける”ニュー・アルバムをリリース!! 男女ツイン・ヴォーカルと個性的な楽曲で中毒者を増やし続けるバンド、東京カランコロンが1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『東京カランコロン01』をリリースした。2016年に開催したツアーではファイナル公演を日比谷野外音楽堂で開催し、大盛況のうちに終えた彼らは、今年2017年からライヴハウス・Shibuya eggmanのレーベルである「murffin discs」内に発足した新レーベル「TALTO」に移籍。気持ちと環境を新たにした今作は、タイトルに自らのバンド名に「01」を加えた、まさに再起動を告げるような痛快なポップ作となっている。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、ヴォーカリストであるいちろー(Vo.Gt)、せんせい(Vo.Key)を迎えたインタヴューを掲載。再起動し、新たなフェイズに進むカランコロンの今とは!? 新レーベル移籍後初、1年9か月ぶりとなるフル・アルバム東京カランコロン / 東京カランコロン01'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】01