stimの新作音源が到着!

日本のインディー / メジャー、ロック / ジャズ・シーンを牽引するバンドのメンバーを擁するstim(スティム)が、初の全国流通盤『NOON AFTER NIGHT』をリリース! トラック・メイカーにしてドラマーのTaichi(Orquesta Nudge! Nudge! / NiceBrew / ex. group)率いるstim。OTOTOYでは新作を24bit/48kHzの高音質WAV音源で配信。エンジニアに内田直之を迎え、オープンリールによるアナログ・レコーディングで制作し、ゲストには今をときめく田我流が参加! ゆったりかつ、激しく! stimに魅了されっぱなしのフル・アルバムとなっています。

最新作を高音質で配信中!

stim / NOON AFTER NIGHT

【価格】
mp3 単曲 250円 / アルバム 1,800円
wav 単曲 300円 / アルバム 2,100円
HQD 単曲 350円 / アルバム 2,400円


【Track List】
01. Chess
02. Universe Disco
03. √20 (feat. 田我流)
04. Fata Morgana
05. Basquiat
06. Continuous Voyage
07. Blue (feat. JAMUNA)
08. Redone
09. Revive The Past

INTERVIEW : Taichi×中村圭作×後関好宏

バンドを続けるために必要なこととは何か? それはバンドによって違うかもしれないけれど、バンド内のコミュニケーションは必要不可欠な要素だろう。トラック・メイカーのTaichiを中心に2002年に結成されたstimは、そうしたコミュニケーションを大切にしてきたバンドである。リハーサルのあとには、ほぼ飲みに行くというが、toe、在日ファンク、木村カエラ、DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN、WUJA BIN BIN、ホテルニュートーキョーなど、日本の音楽シーンを牽引するバンドのメンバーが集まっているだけあって、それは本当に大切なことに違いない。また、「小難しいことを小難しくなく聴かせる」というテーマを持っている彼ら。それを実現する上で、そうしたコミュニケーションは細かなプレイにも反映されていることだろう。stimの自由で伸びやかな作品の元には、そんな積み重ねがあるに違いない。音楽性10年目にして初の全国流通アルバムを完成させた彼らの中から、Taichi、中村圭作、後関好宏の3人に、本作のこと、そしてバンドを続ける上で大切なことを聞いた。

インタビュー & 文 : 西澤裕郎

左から後関好宏、松崎幹雄、高田陽平、中村圭作、上運天淳市、Taichi

自分達が聞いても楽しめる音楽をやりたい(中村)

——『NOON AFTER NIGHT』は、結成10年目にして初の全国流通盤となりますが、このタイミングでリリースすることになったきっかけを教えてもらえますか?

中村圭作(以下、中村) : 正月にビートたけしの番組を見た時、マヤ文明の関係で2012年12月22日に人類が終わるってことを言っていて、携帯電話にそのスケジュールを入れていたんです。それで、今年にアルバムを出さないと!! って(笑)。
Taichi : 出したい! って言い続けてはいたんですけど、ここまでのびちゃって。なので大きなきっかけがあってとかではないんです。

——そもそも、stimが結成することになったきっかけをは何だったんでしょう?

Taichi : 自分が「新しいバンドをやろう」って、1人1人のメンバーに声をかけて集めていったんです。具体的にこうやろうっていう話はしていなくて、漠然と形を決めて肉付けしていきました。「小難しいものを、小難しくなく聞かせる」っていうのがコンセプトというか。五日間位で考えて作った料理をさらっと出して、「上手い! 」っていって食べてもらえるような感覚って言うのかな。

——結成当時から、そのようなテーマを持っていたんですか?

Taichi : もともと小難しい音楽が好きだったんですよね。でもそれを難しいまま聞かせたくなくて。
中村 : イメージとしては様々な角度から見ていろんな形に見えるような立体的な曲を作れればなと。それはインスト・バンドのいいところでもあり、物足りないところでもあると思うんですけどね。色々な角度から聞いてもらって、そのシチェエーションや場所で聞いてもらえばなって思います。

——そのイメージはメンバー間で共有していたんでしょうか?

中村 : それは特に意識していないです(笑)。なんか面白そうと思ったのと、Taichiが誘ってくれたからですかね。
Taichi : はっきりしたのは組んでからです。だから後付けです(笑)。

——では、どういう基準でメンバーを選んだのでしょう?

Taichi : ライヴが終わった後もよくしゃべっていたり、音楽以外の時間を多く共にした人ですかね。もちろん、技術ありきというのは大前提ですけど。ゴセッキーとはよくしゃべっていたよね。
後関好宏(以下、後関) : そうそう。友達がTaichiしかいなかったんだよね(笑)。自分が当時やってたバンドは、メンバーがみんな年上で、敬語で話してばっかりだったからね。

——気の置けない仲間を集めることによって活動が始まっていったんですね。

後関 : あの頃は、とにかくリハの数が激しかったよね。
Taichi : でも、あのリハの数があったからこそ、今があると思います。よく飲みに行ってたし。

——今のメンバーになったのはいつ頃のことなんですか?

中村 : 正式になったのは、2009年ですね。それまではサポート・メンバーが入ってたりとか、俺らでもよく分かってないからね。
後関 : 抜けたメンバーの方が、今のメンバーより多いかも。

——メンバーが流動的だったのはなぜですか?

Taichi : 忙しくなったっていうのも1つですけど。小難しいのを、小難しく聴かせちゃったっていうところかな。

——じゃあ、今のメンバーは、Taichiさんのやりたいことをやるに最適なメンバーなんですね。

Taichi : 俺にはもってこいですね。やりたいと言ったことに対して、否定的に入らないんです。なんとなく自分のやりたいことと、みんなのやりたいことがずれていない。余計な説明もしなくていいし。
後関 : 僕たちは、17時にリハを終わらせるようにしていて。なぜかというと、ハッピーアワーがあるからなんです(笑)。そこから朝まで飲んだりしていて、そこで脱落した人が多かったよね(笑)。しまいにはメンバーが飲み屋を始めちゃったもんね(笑)。

——あははは。アイドル文化が強い理由の一つとして、ロックやヒップ・ホップ、メタルまで、様々なジャンルの音楽を吸収できちゃうことがあると思うんですね。でも、stimの音楽はアイドルには吸収できない音楽だと思うんですよ。

中村 : それは売れない音楽ってことですか(笑)?

一同 : 爆笑。

——そういう意味じゃなくて(笑)。いわゆるインストとかポスト・ロック的なアプローチって、アイドル用にレコーディングして流すでは成立しないと思っていて。このメンバーでしか刻めないリズムや感覚が、おとしこまれていると思うんですね。そこにstimのこだわりを感じるんですが、本人達の思う一番のこだわりは何だと思いますか?

Taichi : 単純に聴いてかっこいいものですね。
中村 : こだわりではないですけど、それぞれが持つ音の出方が特別なんですよね。これ他のバンドも言っていると思うんですけどね(笑)。

——stimは、音源を何万枚売ってやろうと考えて活動しているバンドではないと思っていて。だからこそこだわりを持っていると思うんですよね。

中村 : もし考えていたら、違う音楽やってますよね(笑)。
Taichi : 「これがカッコイイんだぜ」っていうことを教えてあげたいというか。ヒップ・ホップもロックも四つ打ちもかっこいいけど、「こっちもいいぜ」っていうことを知らしめたい気持ちはあるよ。
中村 : 長く聴ける音楽っていうか、自分達が聞いても楽しめる音楽をやりたいですね。50、60歳になってもやり続けることが出来るし、やっていても恥ずかしくないというか。あらためて昔の曲を聞くといまいちと思うこともあるけど、stimでは10年前の曲を聞いてもそうは思わないんですよね。今まで培ってきたことを学べたり、新しい解釈も見つけられるし、アレンジのアイデアも発見出来るんです。ボーカルがいたら、年代によって歌っていることも変わってくるし、もうあの曲歌えないってなるかもしれないじゃないですか。stimはテンションだったり、上達するテクニックで内容も変わっていきますからね。同じ曲だけど、長く聞ける。家具も大切にしていると、色が変わって味が出てくるじゃないですか? 使えば使う程ボロボロになるけど、その分愛着が湧くと思うんです。
Taichi : そう考えると、古い曲もあるしね。

——今回はオープンリールによるアナログ・レコーディングをされているということで、音質に対するこだわりも見えますね。

Taichi : それは、内田(直之)君に録ってもらいたくてお願いしたら、スタジオが空いていて使えることになったんです。
後関 : 直前までプロツールスで録ると思ってたけどね(笑)。冗談で「テープでいけるよ」って言っていると思いましたもん。

——stimの方から、内田さんでっていう希望があったんですか?

Taichi : 絶対内田君でってお願いしてました。ウッチーとは昔から知り合いだし、抜群に音がかっこいいのは知っていたから。コミュニケーションも取りやすいし、内田君がやってる音楽は俺の好きなところでもあるからね。

周りの認識が変わればいい(Taichi)

——田我流との共演はどのようにして実現したんですか。

Taichi : 田我流から連絡が来たことがあって。なんか一緒にやろうって話をしてたんですよ。で、それが今回のアルバムになったと。

——詞は田我流さんが書いたんですか?

Taichi : 全体的にそうですね。ただ、避けて欲しい言葉とかは、少し伝えたりしましたね。stimぽくない感じはやめてほしいなって。バイオレンスな感じとかね。

——歌ではなくラップを乗せることを選んだ理由はどういうところにあるんですか。

Taichi : メロディーを乗せるのが難しいと思うんですよ。
後関 : ワンコードで展開していくし、サビがないからね。
中村 : Aメロがあって、Bメロがあって… っていうイメージはなかったですね。元々インストで完結していたものなんです。だから、これを初めて聞いた人は、これからライヴで聞いた時に田我流がいないと物足りない感じがすると思うんですけど、以前から知っている人は驚くと思います。

——「Blue」に参加している謎のオーストリア人ハーフ女性ボーカルというのも気になったのですが。

中村 : 説明が難しいんですよね。アルバムの代表曲を作るということになって、みんなで1曲ずつ作って持ち寄ったら「Blue」っていう曲が採用されたんです。これはパーカッションの陽平が持ってきたんですけど、女性ボーカルを入れたいと突如言われて… ベールに包まれたレコーディングに突入しました(笑)。
Taichi : 声を聞いてどんな女性だと思いますか? 金髪?

——金髪ではなくて、髪は黒っぽい茶色かなと。それで細身の方かなと勝手に思ってます。

Taichi : なるほど。ちょっとアジアン・テイストなモデル系の?
中村 : 自分の都合のいいように直したじゃん(笑)。彼女も、この音楽で歌ってみたいという思いがあって、目的が合致したんですよね。

——10年間メンバーとのコミュニケーションを大事にしてきた中で、今回窓口を広げて、ゲストを参加させたのはなぜですか?

Taichi : そんなに固執していないというか。田我流もJamunaもしゃべりやすいから。
中村 : 10年間やっていようが、聞く人には関係ないですからね。お客さんに楽しんでもらうことが大事です。

——コミュニケーションというのはバンドをやる上で特に重要なんですね。

Taichi : 重要ですね。それがなければ凄い良い演奏をやっていても、腹が立ってくると思うんですよね。なんで何も言わずに、黙々と演奏してんだろうなって。
中村 : 続いてるバンドはなんだかんだ仲がいいんだと思う。仲が良くないバンドは解散すると思いますけどね。

——今はデータでやりとりするバンドも増えていたりしますけど、その手法は使っていないですか?

Taichi : バンドの前に友達ですから、練習した後に飲みに行ったりもするしね。データでやりとりすることに面白みを感じないですよね。
中村 : リハだけ終わって帰るってことがないよね。

——話を聞いている限り、全国流通盤をリリースしたからといって、バンドの方向性が変わるわけではなさそうですね。

中村 : 良い方向に変わればいいですけどね。僕らが変わるというよりは、知らなかった人達が知ってくれたらいいけど。
Taichi : そうですね。周りの認識が変わればいいですね。誰か一人突っ走っちゃうと疲れてしまうので、周りがやりたいことを、地道に一歩ずつ、だらけずやりたいです。
中村 : あとは、アイドルと対バンして、カバーしあいたいですね。

——それは見たいですね! でも、アイドル側がstimをカバーを出来ないんじゃないですか(笑)? 最後に何か言っておきたいことがあれば。

中村 : CDをリリースしたばかりですけど、ボーナスCDもいいので聞いてほしいですね。
後関 : この取材、配信サイトだよ!
中村 : あっ、背信行為をしてしまいました、配信サイトに対して(笑)。でも、本当に音源を聞いてもらって、ライヴを見に来て下さい。
Taichi : ライヴ中、メンバー同士が顔を見合わせたら、間違えたってことですから、そこも見てください(笑)。

RECOMMEND

Nabowa / Sen

異例のロング・セラーを続ける『Nabowa』から2年半振りのフル・アルバム『Sen』は、バンド4人による完全インストゥルメンタル作品。そしてfishmansやUAなどとの仕事で知られるzAkを共同プロデューサーに迎え「最高のクオリティ」で届ける「最高傑作」。

>>>Nabowaの特集はこちら

cro-magnon / THE BEST

2012年1月に行われた「APPI JAZZY SPORT RELAY 2012」にて復活を遂げたcro-magnonが、キャリア初となるベスト盤をリリース。収録内容は、「逆襲のテーマ」「Riding The Storm」「Kai-Ho」など、真骨頂であるダンサブルなライヴ・アンセム曲を中心に、土岐麻子や三宅洋平、Roy Ayersらが参加する客演ボーカル・トラック、さらには今作が初収録となる「Riding The Storm」のIdjut Boysリミックスを含む全14曲を収録。8年間の活動を1枚にフル・ボリュームで凝縮した、非常に聴き応えのある内容となっている。

VA. / color communications: created in japan - the collector's edition original soundtrack

2012年のスケート・シーンにおいて、国内NO.1作品と称されている、池袋発のブランドcolor communicationsによるリジナル・サウンド・トラック。音楽を彩るのは、スケートボードという共通言語によって引き寄せられた日本国内のアーティスト達。DOMMUNEでのプログラム『スケボークラブ』を主催し高い注目を浴びたYO.ANや、FESNの森田貴弘氏編集による衝撃のゲスト・パートを三味線オンリーの楽曲で華を添えた東京月桃三味線、日本のミュージック・シーンを縦横無尽に駆け巡る凄腕のミュージシャン6人が集結したバンドStimなど、まさに現在のシーンを動かしているアーティスト達が集結したサウンド・トラックとなっている。

LIVE INFORMATION

木村カエラ presents オンナク祭オトコク祭 2012
2012年12月19日@恵比寿LIQUIDROOM
LIVE : 木村カエラ / 會田茂一(band set) / toe / BRAZILIANSIZE / FRONTIER BACKYARD / stim

MOTION± × FEVER presents Crossing
2012年12月23日@新代田 FEVER
LIVE : tickles / stim / 宮内優里 / Caroline / NETWORKS with 吉野耕平

PROFILE

stim

2003年より始動し、トラック・メイカーとしても活躍するDrums : Taichi(Orquesta Nudge! Nudge! / NiceBrew / ex.group)、を中心にBass : 松崎幹雄、Percussion : 高田陽平(WUJA BIN BIN / ホテルニュートーキョー / Orquesta Nudge!Nudge! / tuff session) 、Keyboard : 中村圭作(kowloon / toe / 木村カエラ / ホテルニュートーキョー / WUJA BIN BIN / NiceBrew) 、T.Sax : 後関好宏 (ASA-CHANG巡礼 / 在日ファンク / ホテルニュートーキョー / WUJA BIN BIN / ex.DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN) 、B.Sax : 上運天淳市(東京中低域 / ex.KINGDAM☆AFROCKS)の6人編成で活動している。日本のインディー / メジャーシーン、ロック / ジャズシーンを牽引するバンドのメンバーを擁し、綿密に組み立てられたアンサンブルはstim独自の世界を展開していく。

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介