サイケデリックでトランシー、ダンサブル且つプリミティブ、ダイナミックにエモーショナルでセンシティブ。圧倒的なスケール感と灼熱のグルーヴを持ったバンド、nego。彼らの約2年ぶりとなる2ndアルバムが完成。negoの真骨頂ともいえる「Dog Sweeper」、タブラをフィーチャーしノイジーなギターと爆発力のあるダブが絡んでいく話題の先行シングル「Raga Naja」、様々なサンプリング音源とズ太いベース・ラインが絡み合う「Human Shield」を含む全9曲。サンサーラ(サンスクリット語で「輪廻」)と題された今回のアルバムは、エンジニアにKASHIWA Daisukeを迎え、アルバム全体をダークな世界観が漂っている。negoの向山聡孝とmitchelへのインタビュ―とともに、トライバルなリズムが絡むエモーショナルなクラブ・サウンドを堪能してほしい。

negoの待望の2nd Albumを配信開始!!


nego / SANSARA

【配信価格】
mp3 単曲 150円 / アルバム 1,200円
wav 単曲 200円 / アルバム 1,500円

【Track List】
01. Parthian Shot / 02. Dog Sweeper / 03. Raga Naja / 04. Ajanagar(KASHIWA Daisuke Remix) / 05. Human Shield / 06. Unconscious Dub / 07. Jove / 08. Arkas / 09. Sansara

コメントも続々届いています!

強靭なグルーヴを携えて、ダンサブルに荒ぶるギター・フレーズ。果てなく拡散する音の粒子、闇と光が高速に交差するnegoの新たなスタンダード完成。ーホリベヤスチカ(speaker gain teardrop)

すごいアルバムですね。ぶっ飛ばされました。それも異次元に飛ぶんじゃなくて、現実を正面から見据えて飛び越えていくイメージ。クールに覚醒するトランス感。カッコイイです! ー小川 雅比古(ワンダーグラウンド・ミュージック代表/ROVOマネージャー)

全てはずっと繋がっている。何度繰り返せば分かるのか。なんだかキナ臭い世の中になってきました。だからこそ僕等は自分の足で踊りを踊り続けなければならない。直接的な力にならなくとも、それは廻り巡って何かしらの影響力をもたらすと思う。そんな力強いグルーブとエネルギーに満ち溢れたアルバムでした。グッと響きわたれ! —池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)

このアルバムを始めて聴いているときに、総武線が何らかの理由で緊急停止しました。しばらく水道橋の駅で足止めを食らったのですが、この『SANSARA』のおかげでとても充実した待ち時間を過ごすことができました。そのあとの打ち合わせには大幅に遅刻しましたが、それはもちろんnegoのせいではないです。ーU-zhaan

聴き込むほどにライヴに行きたくなるアルバムは久しぶりです。negoeのライヴを見た事ない人はこのアルバムを聴きながら、どんな人たちが演奏しているんだろう、どんな機材なんだろう、どんなVJが入るんだろう、って想像してみるのもいいかもしれません。全部、あなたの想像以上ですよ。VJミッチェの腕毛の濃さとか。ー仲原達彦(無職)

INTERVIEW : 向山聡孝、mitchel(nego)

——アルバム『SANSARA』の制作はいつ頃から始まっていたんですか?

向山聡孝(以下、向山) : 前のアルバム『DUB PHALANX』が2010年に出たんですけど、その翌年くらいから最初の曲を作り始めて、構想を練りつつ、ライヴで実際に演奏しながら制作していきました。「Dog Sweeper」と「Raga Naja」、「Human Shield」は、昨年中には出来ていて、プリプロまで終わっていた状態で、そこからアルバムの全景を作り始めていったんです。レコーディングは去年の年末から始まって4月くらいまで録ったり、聴いたりとゆっくり繰り返して作業を進めていきました。

——今作から、VJでmitchelさんが参加していますよね。

mitchel : 僕はVJなんですが、『SANSARA』から、映像を使って音を出すということをやり始めました。映像と完全に同期したサンプリングの音を、曲の中に入れ込んでいく。曲を構成していく段階からそういうやり方をするようになっていきました。

左から向山聡孝、mitchel

——それは珍しいですね。

mitchel : 最初に録ったのは「Raga Naja」というタブラが入った曲です。ギタリストのガンちゃん(野崎巌)がU-zhaanさんにタブラを習っていて叩けるんですが、実際にライヴでタブラをやるのは難しいんですよね。

——なぜですか?

mitchel : ギターやベースの音が大きいと、どうしても他の音をタブラのマイクが拾っちゃって、バランスが取りにくいんです。だからレコーディングの時にタブラを演奏する音と映像を撮って、それをライヴで音源として使うというやり方になりました。
向山 : ビデオ・サンプラーというのを使っているんです。レコーディングの音をサンプラーみたいに使って、ライヴの演奏に合わせるDJがいる感じですね。BPMが合っているので、ライヴで音が外れることはないんです。

——そもそも、なぜVJを入れようと思ったんでしょう?

向山 : VJをバンドに入れた理由は、映像とバンドの同期をリアルタイムでやるということが、コンセプトの一つだったからです。その世界をライヴでも再現出来るようにしようと考えていました。「Raga Naja」という曲が、その世界観が顕著に表れている曲だと思います。

——mitchelさんはどういった経緯でバンドに入ったんですか?

向山 : mitchelがバンドに入ったのは2008年からかな。negoをやり始めて半年後くらいですね。mitchelとは元々仲が良くて、僕が前にやっていたsgt.や旅団でもVJをやってもらっていて、次に始めるバンドでは絶対にmitchelに入ってもらおうと思っていたので、思いきってメンバーとして誘ったんですよね。新しいバンドをやるにあたって、VJと1対1の関係でやるのではなくて、「VJのいるバンドです」というので作ってみたかったんです。だからVJの出来ない環境でのライヴはお断りしたりして、面倒くさいバンドです(笑)。

——インスト・バンドのライヴで映像が流れると、イメージが限定されてしまう怖さがありませんか?

向山 : 映像を見せることで、むしろ膨らむイメージがあるんじゃないかなと思っています。それぞれに音を聴いた人、映像を見てくれた人が自分なりに色を付けてくれればいいと思うんですよね。曲を聴いてローマを感じる人がいてもいいし、純和風を感じても構わない。宇宙を想像する人もいる。イメージはそれぞれに描いて欲しい。だから、ある意味では、映像をつけるのは蛇足かもしれないんですが、僕らはそれを一歩超えたエンターテインメントとして、映像も音もひとつに統一したいと思っているんです。VJ自体が音のなる楽器として入っているという印象ですかね。そうしたいと思っています。

——「SANSARA」にはホーミーやタブラが入っていて民族っぽい感じがしますよね

向山 : タブラで南インドの匂いを出しつつ、アルバム全体として、民族よりなトランスを意識しました。それでタイトルを考えた時に、サンスクリット語の輪廻とループする感じを混ぜて『SANSARA』になりました。
mitchel : 前回の『DUB PHALANX』には、僕はまだいなかったですけど、あのアルバムは旅団というバンドの派生的な感じで、音もジャム・セッションに近いアルバムだったと思うんですが。
向山 : そう前作はごつい「ダブ! 」みたいなものをやりたかったんですが、ある程度やりきったので、今回はループで踊らせるものを作りたいって思ったんですよね。
mitchel : 僕ら二人は好きなものが似てるんです。トシくん(向山)が曲を作って、僕が映像を作って当てていくんですけど、世界観が似ているから、ハマるものが出来るんじゃないですかね。『Sansara』にはタブラだったりホーミーが入っているけど、そこはメインではなくて、あくまでも曲のウワモノの要素としてやっているし、聴いている人もそう感じてくれているんじゃないかと思います。だからライヴの時も、VJとして民俗的なところへいきすぎず、意外なものを入れて、幅広い解釈を出来るよう、サンプリングする時に意識しています。最近では例えば野田総理の声を入れたり。そういうものを入れ込んでも違和感がないようなステージになったら、表現の幅も広がるし、良いんじゃないかと思っています。

——確かに、曲を聴いている人も、トライバルな要素の強いバンドという印象がそこまで強くはないかもしれません。

mitchel : もちろん楽器的にはそういうものを使っていますが、ライヴに来てくれている人たちは、どちらかというとトランスという印象で聴いてくれているんじゃないかと思います。

——『SANSARA』の世界観をバンドで共有するのは大変じゃなかったですか?

向山 : 演奏に関しては、全て口で説明します。ドラムを録って僕がその音を自分で編集して、こういう風に叩いて欲しいってことを伝えたり、自分でギターを弾いてみて、こう弾いて欲しいってことを伝えたり。勿論、セッションやジャムを繰り返して「さっきのいいから取り入れよう」というものもやりますけどね。

——最初に『SANSARA』を聴いた時から、壮大なスケールのアルバムだと感じました。

向山 : 壮大な音楽を作りたいというのは、negoに限らず、僕の中のテーマになっているんです。今回は色んな人から壮大なイメージだと言われるので、アルバム制作は大成功じゃないかなと思います。

——ライヴでは、お客さんを踊らせるイメージですか?

向山 : そうですね、ライヴに来たら何も気にせず、踊って欲しいですね。
mitchel : ライヴに来てもらって、どうやって再現しているのかを見てもらいたいです。アルバムを聴いただけでは、どうやって音を出しているのか分からないと思うんですよね。だから現場で、映像と音をどう表現しているのかを、体感して欲しいです。
向山 : ライヴで出来るようにしてからでないと、レコーディングしないですからね。僕らの音はライヴで活きるものをそのまま録ったという感じです。だから、今作に関しては、全てライヴで再現できます。

——それがアルバムにも一体感を生み出しているかもしれないですね。

向山 : それは嬉しいですね。それを狙って作りました。

——10月12日から始まるリリース・ツアーが楽しみですね。

向山 : ライヴでやってきた曲はありますが、アルバムを出してからの反応はまた変わると思うので、僕らも楽しみにしています。

インタビュ― & 文 : すぎもとまさひろ

RECOMMEND

旅団 / Lingua Franca

これまで、ゲスト・プレイヤーを招き、曲ごとにプレイヤーを変えることで空気を大きく変える演出を持ってきた彼らが、今回は現在のライヴ・スタイルそのままに、全曲全員参加、ゲスト参加なしという裸の前傾姿勢で挑んでいる。これが新生旅団の、新天地への旅路の途上から2年半振りに放たれた4曲の“言葉無きことば”だ。

KINGDOM☆AFROCKS / SanSanNaNa(DSD+mp3 ver.)

全国各地のフェスで話題沸騰中! 現在の東京ライヴ・シーンをリードするKINGDOM☆AFROCKSのニュー・アルバム! ここにあるのは新次元にたどりついた日本人最強の"サバイヴ"するサウンド。HUNGER、Leyona、三宅洋平、鎮座DOPENESSが参加した「2vs98」はもはやアンセム!

>>>KINGDOM★AFROCKSの特集はこちら

Nabowa / Sen

異例のロング・セラーを続ける『Nabowa』から2年半振りのフル・アルバム『Sen』は、バンド4人による完全インストゥルメンタル作品。そしてfishmansやUAなどとの仕事で知られるzAkを共同プロデューサーに迎え「最高のクオリティ」で届ける最高傑作。

>>>Nabowaの特集はこちら

LIVE INFORMATION

nego & shibuyaPLUG Presents『大DISSECTED』
2012年10月12日(金)@SHIBUYA PLUG
ADV : 2,300円 / DOOR : 2,800円(+1D)
OPEN / START : 19:00〜
w / MAKKENZ / a picture of her / チムニィ / saratoga / THROPUS / tio(from三重) / Alan Smithee's MAD Universe / XLII / shuhari / Kuni Lopez / DJ kazma / DJ YUMIKO / Dark Dutch Wife / マイケルJフォクス / MEMAI /act(Mo.de.la)

nego 2nd Album『SANSARA』RELEASE TOUR“S.G.C.”vol.29
2012年10月19日(金)@広島CLUB QUATTRO'
OPEN / START : 18:00 / 19:00
前売り : 2,000円(+1D)
w / speaker gain teardrop / THE SPINS / キヲツケロ

OTONOTANI 2012
2012年10月20日(土)@岐阜県揖斐高原貝月スキーリゾート
OPEN : 11:00
w / 赤い疑惑 / L.E.D. / 6eyes / BEMBE / WATER FAI / envy / AUDIO BOXING / 小鳥美術館

nego 2nd Album『SANSARA』RELEASE TOUR
2012年10月27日(土)@三島afterBeat
OPEN / START : 18:00 / 19:00
チケット : 1,500円(+1D)
w / ノグチサトシ / stereo type / Skull Head Disco

PROFILE

nego

2008年より活動を開始。向山聡孝(Guitar/Violin/Dub effects)、mitchel(VJ/Sampler)、宮城太一(Drums)、中島一城(Bass)、野崎巌(Guitar/Tabla)からなる5人編成。ライヴでは演奏と映像がリアル・タイムに絡む、ハイブリットなダンス・ミュージックを展開する。2010年にROVOの岡部洋一、ex.DRY&HEAVYのAo Inoue、ex.PHATの藤原大輔など世代を代表するアーティストをフィーチャーした1st Album『DUB PHALANX』を発表。同年7月にはメンバー自身も参加のリミックス・アルバム『DISSECTORS 9』を発表。2012年10月、エンジニアに“KASHIWA Daisuke”を迎えた2ndアルバム『SANSARA』を発表。野外フェスティバルOTONOTANI 2010、2012、KAIKOO POPWAVE FESTIV AL'11,'12に出演。現在はライヴ活動と並行して、渋谷のクラブで定期的に開催のイベント『DISSECTED』の主催も行っている。

nego official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介