SIBERIAN NEWSPAPER 初のライヴ音源を高音質DSDで独占配信!

先日リリースされた、4thアルバム『0』。そのリリースに伴って行われたツアーのファイナル公演、duo MUSIC EXCHANGEでの熱演を、高音質DSDで記録! SIBERIAN NEWSPAPERとして初めてのライヴ音源となる今作は、時に繊細に、時に情熱的な、ライヴならではの圧倒的なダイナミクスを体感出来る、渾身のアルバム。『0』収録曲は勿論、ゲストとして宮村和宏(TOKYO KOSEI WIND ORCHESTRA)のオーボエ演奏が加わった楽曲や、彼らの代表曲まで、OTOTOY限定で、大ボリュームでお届けします。当日の劇的な瞬間を切り取ったフォト・ブックレットと共に、高音質で彼らの熱量をご堪能下さい。


SIBERIAN NEWSPAPER
/ Tour 「0」 Live at duo MUSIC EXCHANGE


【配信形態】
1) DSD+MP3>>>DSDの聞き方はこちらから
2) HQD(24bit/48kHz)
★1、2、共にデジタル・フォト・ブックレット付き(40ページ)

【価格】
各1800円(まとめ購入のみ)


【Track List】
01. Kimi ga Hoshii
02. Ever Frozen
03. Hysteria Siberiana
04. Perpetuum Mobile
05. Occam’s Razor
06. Celtic Fifth
07. Urban Landscape
08. Vetro
09. 赤いスカーフの行方
10. Butterfly
11. Qualia
12. Goodspeed
13. Lost Mustache Bazooka
14. 鳥が喋る言葉とは
15. Recovering
16. The Mint

【CREDIT】
SIBERIAN NEWSPAPER

Takao Amori (A.GUITAR)
Yusaku Tsuchiya (VIOLIN)
Takayuki Manabe (C.GUITAR)
Kazuhiro "Gunji" Fujita (PIANO)
Shusaku Yamamoto (CONTRABASS)
Masakazu Hilao (PERCUSSION)

All music written by SIBERIAN NEWSPAPER

Guest Player(Oboe M-10, 11) : 宮村和宏(TOKYO KOSEI WIND ORCHESTRA)
P.A.engineer : 小菅祥司(East Sound)
Lighting engineer : 大山輝満(risin')
Recording and mixing engineer : 徳永宏
Assistant engineer : 神鳥亜理沙
Recording at : duo MUSIC EXCHANGE
Jacket Designer : 小島巌(GRANGE)
Photographer : 雨宮透貴
A&R : 藤森大河(GAKA / OTOTOY) / 立川能通(SPACE SHOWER NETWORKS INC.)

Produced by SIBERIAN NEWSPAPER

Artist management : 中川岳・平拓也(13PROJECT)
Executive producer : 福岡智彦(SPACE SHOWER NETWORKS INC.)

Special thanks
西村良太 (duo MUSIC EXCHANGE)
土田陽平 (duo MUSIC EXCHANGE)
岸本優二 (JANUS)
小早川和軌 (JAIL HOUSE)
BIGCAT
Nagoya CLUB QUATTRO
Knave

【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

解凍ソフト7-zipの詳しい使い方はこちらから

良かったら立って踊りませんか? 損はさせません!

ライヴ開始前のフロアを見渡して、まずは客層の幅広さに驚かされてしまう。ヴァイオリン・ケースを抱えた大学生と思しき女性から、孫がいてもおかしくなさそうな初老の男性、更には「土屋さん(ヴァイオリン)って人がけっこうイケてるから」「え~マジで~?」と、楽しげに言葉を交わすギャル風の二人組までいる。SIBERIAN NEWSPAPERの多様な楽曲に対応するように、ファンも様々な層にまたがって存在しているのだなと改めて実感することになった。ライヴは、新作アルバム『0』のオープニング・トラックでもある「Kimi ga Hoshii」で幕を開ける。細かく速いリズムに乗って、ヴァイオリンが伸びやかに歌うナンバーだ。ベース、ドラムの安定感をはじめ、演奏力の高さは言わずもがな。1曲目から観客たちはぐいぐいとSIBERIAN NEWSPAPERの世界に惹きつけられていった。CD音源をかなり忠実に再現してくれる点も、新譜をじっくりと聴き込んできたファンには嬉しいところかもしれない。

いくつかの曲を別にすれば、序盤はゆったりとしたナンバーが多く演奏されたため、会場は和やかで落ち着いた雰囲気に包まれていた。だが、『0』の中でも疾走感が強く、攻撃的な「赤いスカーフの行方」が演奏されると空気は一変。まるでステージから熱風が吹きつけてきたかのように、フロアの温度が急上昇するのが分かる。当日は着席でのライヴだったが、この曲の最中に思わず踊り出したくなってしまったのは、きっと筆者だけではないはずだ。中盤では、『0』のレコーディングにも参加したオーボエ奏者・宮村和宏がゲストとして登場。「Butterfly」を含む2曲を演奏し、会場はとたんに温かくノスタルジックな空気に包まれた。リーダー・阿守の饒舌なMCの力もあって、この日の会場にはとても親密な雰囲気が漂っていたのも印象的だ。終盤、土屋の「良かったら立って踊りませんか? 損はさせません!」の掛け声でフロアはスタンディング状態へ。熱く猛々しい「Goodspeed」から息つく暇もなく「Lost Mustache Bazooka」へ流れ込み、その怒涛のうねりに、会場は圧倒的な熱に包まれた。SIBERIAN NEWSPAPERが実は踊れるバンドでもあると認識させられたファンも多いのではないだろうか。

宮村和宏(TOKYO KOSEI WIND ORCHESTRA)

ライヴはたっぷり2時間に及んだが、バラエティに富んだ楽曲のせいか、まったく長いと感じさせないのはさすが。2回に渡るアンコールも大盛況のうちに終わり(最後の最後にはドラム・平尾のツーバス連打が炸裂!)、ツアー・ファイナルにふさわしい大団円を迎えた。(text by アンドレ川島)

DISCOGRAPHY

SIBERIAN NEWSPAPER × 演劇集団キャラメルボックス

CARAMELBOX / 無伴奏ソナタ

音楽と舞台の完璧なる調和。SIBERIAN NEWSPAPERの音楽がキャラメルボックスの舞台を新たな次元へ導く。劇場を「喝采」の渦に巻き込んだ『シュガーの歌』も完全収録して、キャラメルボックス×SIBERIAN NEWSPAPERの奇跡のコラボレーション、配信限定で登場。

>>対談はこちら

LIVE SCHEDULE

2012年9月7日@福岡 NAKASU JAZZ 2012
2012年9月14日@神戸 CHICKEN GEORGE
2012年10月12~14日@MINAMI WHEEL 2012
2012年12月4日@名古屋市千種文化小劇場

PROFILE

阿守孝夫(アコースティック・ギター)
土屋雄作(ヴァイオリン)
真鍋貴之(クラシック・ギター)
藤田"軍司"一宏(ピアノ)
山本周作(コントラバス)
平尾正和(パーカッション)

2005年結成のインストゥルメンタル・グループ。現在は阿守孝夫(アコースティック・ギター)、土屋雄作(ヴァイオリン)、真鍋貴之(クラシック・ギター)、藤田"軍司"一宏(ピアノ)、山本周作(コントラバス)、平尾正和(パーカッション)の6人編成。2006年イギリス「IN THE CITY」、2007年「FUJI ROCK FESTIVAL」出演。2006年~2010年にアルバム4枚、DVD1枚を発売。『NOT JAZZ!! BUT PE'Z!!!』参加。2011~2012年に掛けて、様々なジャンルのアーティストとの競演や360度のスクリーン映像を使用するなど独特なワンマンLIVEも実施。テレビ番組などで頻繁に楽曲が使用される状況が続き、海外ではフランスのJ-MUSIC紹介サイト「Ongaku Dojo」に、インタビューが掲載された。さらに演劇集団キャラメルボックスの公演、「飛ぶ教室」「トリツカレ男」にて印象的な場面での楽曲使用が注目され、2012年5~6月公演の「無伴奏ソナタ」では、音楽の天才として生まれながら音楽を禁止されてしまう主人公の物語の音楽という、最高に高いハードルに挑戦している。

>>SIBERIAN NEWSPAPER official HP

o

 
 

レヴュー

現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち
[CLOSEUP]・2017年11月01日・インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち 森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう? Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴Good Luck EP / Temple of Kahn【収録曲】1. Always H