超技巧派ジャズ! TRI4TH INTERVIEW

ファースト・アルバム『TRI4TH』から、ちょうど2年振りとなるアルバム『TRI4TH AHEAD』を上梓したTRI4TH(トライフォース)。『TRI4TH』リリース後はツアーで全国をまわり、童謡をジャズ・カヴァーしたアルバム『わらべJAZZ』をリリース。それに伴い全国各地で小中高生を対象とした学校公演を行うなど、幅広い活動を展開する一方で、去年の5月に喜多方寛丈が脱退、今年の3月にはピアニストの竹内大輔が新メンバーとして加入するなど、いろいろ身辺が忙しかったTRI4TH。こうした様々な変化は『TRI4TH AHEAD』にも反映されているようで、彼らの音楽を形容する際によく用いられる“クラブ・ジャズ”が根底にありつつも、より多様な音楽性が披露された作品となっている。そんな『TRI4TH AHEAD』について、織田佑亮(トランペット)、藤田淳之介(サックス)、関谷友貴(ベース)、伊藤隆郎(ドラム)の4人に話を聞いた(ピアノの竹内大輔は、ソロ活動で北海道に行っていたため欠席)。途中の“ジョジョ話”も含め楽しんでもらえたら幸いだ。

インタビュー&文 : 近藤真弥
写真 : 丸山光太


アグレッシヴでテクニカルなジャズ・サウンドと、迫力あるライヴ・パフォーマンスで多方面から注目されている5人組。超技巧派ジャズ・ピアニスト竹内大輔を新メンバーに加え、須永辰緒プロデュースのもと渾身のセカンド・アルバム『TRI4TH AHEAD』をリリース! 脚本・三谷幸喜、主演・香取慎吾、音楽監督・小西康陽のミュージカル「TALK LIKE SINGING」ニューヨーク公演にバンド役として出演。ピアニスト妹尾美穂とのツアーに参加、さらにはJabberloopとの対バンなど、様々な活動を通してテクニックにより磨きがかかった一枚に。

若い人達に聴いてほしい

ーー『TRI4TH AHEAD』は前作『TRI4TH』からちょうど2年経っていますが、インターバルとしては長いほうですよね。

織田佑亮(以下、織田) : 『TRI4TH AHEAD』用のプリプロ自体は、『TRI4TH』を出したすぐ後に始めていて、1年半ぐらい費やして曲を作り溜めていたんです。だからすぐにでもリリースしたかったんですが、喜多方君が抜けたり、『わらべJAZZ』というカヴァー・アルバムを作ったりといろいろあって、リリースの機会がなかったんです。でも、今年の3月に新しいピアニストの竹内君が加入したこともあり、そろそろ出せるタイミングじゃないかなと思って8月リリースになりました。

左から伊藤隆郎 / 藤田淳之介 / 織田佑亮 / 竹内大輔 / 関谷友貴

ーーいま話にも出たんですが、『TRI4TH AHEAD』を出すまでに『わらべJAZZ』をリリースしたり、他にもそれぞれソロ活動などがあったりしたわけですが、それらの活動は『TRI4TH AHEAD』に反映されていますか。

織田 : 『わらべJAZZ』を出した段階で喜多方君が抜けていたというのもあるんですが、『TRI4TH AHEAD』を出す前に『わらべJAZZ』を出したことで、僕達の音楽の方向性が変わりましたね。『わらべJAZZ』は初めてのカヴァー・アルバムだったので、既製の曲をどう料理しようかといろいろ考えたし、童謡をジャズ・カヴァーするので、多くの子供達に聴いてほしいという思いがあったんです。僕達は、子供達にジャズの面白さを広めるために、全国の小・中学校をまわって演奏する活動をしているんですが、その活動のおかげで、より分かりやすく届けるための演奏スキルが身についたと思います。

ーーその分かりやすく伝えるスキルは、良い意味でオーセンティックではない踊れるジャズを鳴らす『TRI4TH AHEAD』の作風にも表れていますよね。

織田 : ジャスにありがちなスウィングした4ビートというよりは、ダンス・ミュージックの要素を多く取り入れたりして、野外フェスで演奏したときにみんなが踊ってくれるようなジャズを目指しました。僕達の音楽はクラブ・ジャズと形容されることが多いんですが、『TRI4TH』ではそんなに踊れることを意識したわけではないんです。でも『TRI4TH AHEAD』は、近藤さんが言ったようにオーセンティックなジャズというよりは新しいジャズ、言ってしまえば若い人達に聴いてほしいという思いで作ったので、そう聞こえるんだと思います。

ーーダンス・ミュージックはよく聴かれるんですか。

織田 : 高校生のとき、クラブはこういうところだよと紹介している雑誌の記事を読みながら、ドラムンベースを聴いていたくらいですね(笑)。大学に入るまではクラブに行ったことがなかったんですが、音楽活動をするようになってからはダンス・ミュージックを聴く機会が増えましたね。僕と藤田君はDJとセッションすることも多いけど、DJとやることでダンス・ミュージックのなんたるかを知ることができたのは、すごく良い経験として身についています。

ーーオーセンティックではないといえば、『TRI4TH AHEAD』は須永辰緒さんがプロデュースを務めていますが、昔は大貫憲章さんのイベント《ロンドンナイト》に通っていたりと、須永さんもオーセンティックな流れからジャズに来た人ではないですよね。

織田 : 僕はパンクから来ています。

ーーそうなんですか! 最初からジャズをやっていたわけではないんですね。

藤田淳之介(以下、藤田) : 僕と伊藤と織田はクラシックの大学で学んでいたんです。
関谷友貴(以下、関谷) : 僕はバークリー音楽大学に通っていたんですが、もともとはルナシーが大好きなロック小僧でした。
藤田 : タカオさん(伊藤)はメタルバンドやってたんだよね。
伊藤隆郎(以下、伊藤) : メタルじゃねえよ! パンクだよ!
一同 : (笑)
藤田 : 僕は大学卒業後、アイドル・ユニットでデビューしてから、ジャズをやるようになったんです。
織田 : 彼はホリプロでアイドルをやっていたんです。

ーーそれは面白い遍歴ですね!

藤田 : それで織田君はお相撲さんだよね?
織田 : お相撲一本でやらしてもらってます。
一同 : (笑)
藤田 : こういった具合にそれぞれ違う音楽をやっていたんで、『TRI4TH』を作るときもどこに照準をあわせていくかというので話し合ったんですが、須永さんがいろいろアドバイスをくださって、それを僕達のなかに取り入れてアウトプットしたのが『TRI4TH』なんです。でも『TRI4TH AHEAD』は、『TRI4TH』をリリースしてからいろんなところをツアーでまわって、そこで得たものを僕達のバックボーンと混ぜて作ったという感覚はありますね。

ーー須永さんのプロデュース・ワークってどういったものなんですか。

関谷 : 力技です。
一同 : (笑)
織田 : あんまり悪いことは言えないよ(笑)。
関谷 : もちろん良い意味でですよ(笑)。須永さんは、僕らの固定観念を壊してくれるんです。例えばレコーディングなどで、こうやっていくしかないだろうと僕らが考えているときに、須永さんは180度違う視点を与えてくれる。須永さんはDJとしてもご活躍されているので、スタジオにおける僕達の演奏を客観的に見ることができるんだと思います。だから一緒にやっていてすごく面白いです。
藤田 : 例えば「Black Panther」という曲は、最初は軽快なテンポで速い曲だったんですが、僕達がスタジオで演奏していたのを見た須永さんが「それ違うから」と言って、その鶴の一声でBPMが40くらい下がったんです(笑)。確かに力技かもしれませんが、僕達の新しい一面を引き出してくれる人ですね。
織田 : ミキサー卓の前に張りついているというわけではなく、ガチガチなオーバー・プロデュースするわけでもない。基本的には黙って聴いていることが多いです。あとはインターネットをしているか。
一同 : (笑)
織田 : 『TRI4TH AHEAD』のレコーディングは小岩で行ったんですが、須永さんは立ち飲み研究家という一面を持ってまして、取材と称して2、3時間くらい呑みに行ったりもしてましたね。レコーディングにおけるダメ出しの大半は、酒を呑んだ後だったりします。
一同 : (笑)

ーー面白い人ですね(笑)。『TRI4TH AHEAD』は、新メンバーの竹内さんを迎えたものとしては初のアルバムとなりますが、竹内さんが入ったことによってTRI4THのなかで変化はありましたか。

藤田 : 喜多方君はクラシックの作曲が本業だったんで、僕達もそこに乗っかって曲を膨らましたりしていたんですが、竹内君はクラシックをやったあと、ジャズにスイッチして活躍していたピアニストなので、さらにジャズ寄りになったという変化はあると思います。

ーーそして『TRI4TH AHEAD』には、クオシモードの松岡さんが参加されていますよね。皆さんから見て松岡さんの仕事ぶりはどうでしたか。

織田 : 本当に「すげえな! 」と思いましたね。『TRI4TH AHEAD』を作るにあたって、事前にある程度作り込んでスタジオに入ったんですが、松岡さんが入ることによって、すごく彩りが広がりましたね。一番驚いたのは、楽曲の把握能力です。その能力のおかげで、こっちがほとんど口出しをすることなくスムーズにレコーディングができました。実を言うと、ドラムとパーカッションが一緒になるのは『TRI4TH AHEAD』が初めてなんです。
伊藤 : ドラムだけだと、パーカッションがやりうるパターンをすべてドラムで叩くんですが、松岡さんと一緒にやることで、自分が叩こうと思っていなかったリズム・パターンを引き出してくれたりと、いろいろ勉強になりました。

ーーもともと松岡さんとは交流があったんですか。

織田 : クオシモードとは対バンをしたことがあるので、交流はありました。

ーージルデコイ・アソシエーションの久保田さんも参加されてますよね。

織田 : 僕はジルデコイ・アソシエーションのサポートをやらせてもらっているんですが、久保田さんのギターは本当に個性的です。「Himawari」と「Seven」の2曲で弾いてもらいましたが、すごくインテリジェンスを感じさせる音だと思います。
関谷 : 日本人ぽくないフレージングだよね。
藤田 : 「Seven」は変拍子の曲なんで、がっつりストロークで合わせてくるんだろうなと予想していたんですが、いきなり「ヒヤーン」みたいな音を鳴らしてきて、そう来るか!と驚かされました(笑)。
関谷 : ロングトーンみたいな音でした(笑)。
藤田 : 全然違うところから攻めてきて面白かったです。
織田 : だから僕達も「どうなっていくんだろう? 」と思いながらレコーディングしていたんですが、やっていくうちに、こういうのが作りたかったんだとわかるような、まるで絵画を描くように音を作っていく感じでした。その作り方はすごく勉強になりましたし、サード・アルバムを作るときには取り入れてみたいですね。

『ジョジョの奇妙な冒険』のスタンド名にしてもらおうとたくらんでいるんです(笑)

ーーちなみに、『TRI4TH AHEAD』というタイトルに意味は込められているんですか。

藤田 : 大震災があって、僕達なりに立ち止まったこともあったし、それとは別に僕達の音楽から留まってる感を払拭したいというのがあったので、どんどん前に進もうという意味合いでつけました。

ーー曲名にも意味はあったりしますか。

藤田 : 「Sunlight Yellow Over Drive」については、いろいろエピソードがありますね。
織田 : 僕は、荒木飛呂彦さんの『ジョジョの奇妙な冒険』(以下:ジョジョ)という漫画が好きなんですが、「Sunlight Yellow Over Drive」とは、ジョジョの第1部に出てくる技の名前なんです。この曲名をつけた理由はいくつかあって、ひとつは、いつかこの曲名をつけた曲を作りたかったのと、もうひとつは、その出来あがった曲を荒木先生に送りつけたかったからです(笑)。ジョジョって、ロックバンドに由来した名前のスタンドがたくさん登場するじゃないですか。だから荒木先生に送りつけて、TRI4THの名前をスタンド名にしてもらおうとたくらんでいるんです(笑)。

ーーやはりそうでしたか。僕もジョジョが好きなんですよ(笑)。

織田 : 何部がお好きなんですか?

ーー僕は第7部の『スティール・ボール・ラン』が好きですね。

織田 : おお、僕は第5部が好きなんですよ。
伊藤 : 僕も第5部が好きなんですが、第1部と第2部も熱いですよね。

ーースタンドだとスター・プラチナ、キャラでは岸辺露伴が好きです。

藤田 : すごい、こんな会話になるとは思わなかった(笑)。
伊藤 : これはジョジョを知らないとわからないかもしれませんが、「Sunlight Yellow Over Drive」を演奏したとき、僕なりに曲名と音を照らし合わせてみたんですが、その結果、波紋が疾走しているなと感じました。
織田 : 波紋が疾走しているって(笑)。このインタビューを読んでいる人は、何の話かわからないでしょ(笑)。

ーーそうですね、話を戻しましょう(笑)。本作は完全インストですが、このあたりにTRI4THのストイックさを感じました。

藤田 : 最初はヴォーカルを入れようという話もあったんです。でも曲を並べていくうちに、「ヴォーカルものはなくてもいいんじゃないか? 」という思いが芽生えてきて、結局は入れなかったんです。

ーーカヴァーもないですよね。

織田 : いろんな人からカヴァーやれ、ヴォーカル入れろと言われるんですが、言うことを聞かないという(笑)。でも、TRI4THには昔からある種の反骨精神があるので、それでいいと思います。

ーー1曲目から5曲目まではアップテンポなんですが、「Circle」を挟んだ7曲目以降は、テンポをグッと落として聴かせることを重視しているように感じました。

織田 : アルバムの印象は元気のいいものにしたかったので、最初の5曲はどれを並べるかでいろいろ話し合ったりしました。
関谷 : 「Seven」は7曲目にしたかったんだよね?
織田 : そう。

ーーもしかして「Seven」という曲名だからですか?

関谷 : そうです(笑)。
藤田 : それにTRI4THはアゲるだけのバンドではないので、「Seven」以降は聴かせるというのは意識しました。

ーーそういえば「Circle」は、『TRI4TH AHEAD』のなかで唯一のバラードなんですよね。

織田 : 藤田君のように綺麗なソプラノサックスの音を出せる人は日本にいないと思うし、そんな藤田君のソプラノサックスの音はTRI4THの推しのひとつだと思っているので、いつか藤田君の音をフィーチャーした曲をやろうと思っていたんです。本当は『TRI4TH』でやりたかったんですができなかったので、『TRI4TH AHEAD』では絶対にやりたいということで入れました。「Circle」は藤田君が書いた曲なんですが、いろんな人に好意的な評価をいただいています。
藤田 : 文章にすると安っぽくなっちゃうのかもしれませんが、「Circle」は3.11直後に書いた曲なんです。テレビで悲惨な光景を見て、ネットからもいろんな情報が伝わってくるなかで、僕達に何ができるのかというのを考えたりしたんです。3.11があって、予定していたライヴも全部なくなって、無力感を抱いたりしたんですが、自分は音楽を作ることしかできないし、自分が作った音楽を聴いてくれた人が前に進むキッカケになってくれたらという思いを込めて作りました。

ーーだからあれだけ美しい曲なんですね。そして、「TRY AHEAD」がMV曲に選ばれていますが、この曲を選んだ理由などがあれば教えてください。

藤田 : 「TRY AHEAD」は関谷君が作ったんですが、この曲が一番僕達らしいというか、ちゃんとしたジャズでありつつ、しっかり踊れる曲でもあるので「TRY AHEAD」にしました。
織田 : 僕達と似たようなバンドで、これだけの速度でスウィングするバンドは他にいないと思います。
関谷 : メロディーを大切にしたジャズですね。J-POPの延長じゃないですけど、聴いてくれた人が親しみを持って消化できる曲になっていると思います。MVのほうもアルバムの雰囲気と連動していて、曲だけ聴いた人が後からMVを観たら、『TRI4TH AHEAD』の新たな一面を見つけることができると思います。女優さんが殺陣を舞ってくれているんですが、それもカッコいいです。

ーーそして、『TRI4TH AHEAD』リリース後はツアーに出るんですよね。

藤田 : アガる曲が前回のツアーよりも増えているので、来てくれた人が熱くなるようなライヴになるとは思いますが、その他にも「Circle」のような聴かせる曲も混ぜていくので、幅広い音楽性を披露できるライヴになりそうです。

ーーツアーはどこをまわるんですか。

織田 : いま決まっているのは西のほうが多くて、鳥取、神戸、広島、島根などですね。他にもいくつか決まりそうなところがあります。

ーーライヴ・ツアーのほうも楽しみにしています。今日はありがとうございました。

全員 : ありがとうございました!

LIVE SCHEDULE

2012年8月10日 [わらべJAZZ] Afternoon Live@埼玉県 大宮 BORABORA
2012年8月10日 [TRI4TH AHEAD]リリースツアー@埼玉県 大宮 BORABORA
2012年8月12日 インストアライブ@クロサワ楽器 町田店
2012年8月19日 すみだストリートジャズフェスティバル
2012年8月19日 渋谷JAZZ JUNGLE vol.7 "Summer Festival"@渋谷 JZ Brat
2012年8月23日 巡音彩祭 presents JABBERLOOP×TRI4TH リリースツアー@神戸cafe Fish】
2012年8月24日 TRI4TH×JABBERLOOP リリースツアー@鳥取県 倉吉 高田酒造 蔵
2012年8月25日 JABBERLOOP×TRI4TH リリースツアー APOLLO PRESENTS!! APOLLO MUSIC AREA!!@出雲APOLLO
2012年9月13日 TRI4TH AHEAD TOUR 2012@横浜 Motion Blue

TRI4TH PROFILE

2006年より活動を開始。迫力あるライヴ・パフォーマンスは、造り込まれた楽曲と確かなテクニックに裏打ちされている。 2009年3月に、須永辰緒主宰レーベル"DISC MINOR"からアナログ・シングル「TRI4TH plus EP」でデビュー。以降「Club Jazz Digs Lupin The 3rd 」「NOT JAZZ!! BUT PE'Z!!! 」他、多数のコンピレーション・トリビュートアルバムに参加。Remixも多く手がける。2009年11月には、脚本・三谷幸喜、音楽監督・小西康陽ミュージカル「TALK LIKE SINGING」に出演、東京・ニューヨーク公演に参加する等、幅広い活動を展開する。2010年8月、プロデューサーに須永辰緒、ゲストにJukka Eskola、Max Ionataを迎え、ファーストアルバム「TRI4TH」リリース。2011年7月、i-tunesよりOCTET Sunaga t『キエフの空 feat.Jukka Eskola-TRI4TH』 をリリース。2011年11月には初のカヴァー・アルバム「わらべJAZZ」をリリースする。

o

 
 

"Everybody Listen!"の最新アーカイヴ

THE ANDS『FAB NOISE』インタビュー
[TRIAL]・2012年06月13日・ 1stアルバム先行販売開始! イチ早く聴いて、リリース前哨戦ツアーへ行こう 2011年、Vo&Gt磯谷直史(monokuro)、Ba朱雀佑輝(NANANINE)、Dr大坪徹志(hare-brainedunity)により結成された3ピース・バンド、THE ANDS。結成後、突如ミニ・アルバム『ONE』を発売し、その後も自主企画やコンピレーション・アルバムへの参加を果たしてきた彼らが、満を持してファースト・アルバム『FAB NOISE』を完成させました。1曲平均3分以下、全ての無駄を削ぎ落としたシンプルでソリッドな直系サウンド計12曲35分。60年代のブリティッシュ・ロック、90年代のオルタナティヴ・ロックやブリット・ポップをバックグラウンドにあげる彼らがミュージシャンとして築いてきた経験値はそのままに、ぶつかりあうサウンドは新鮮な衝撃に満ちています。また、今作は磯谷の故郷である福島に拠点を置くレーベルNomadic Recordsからのリリース。サウンドのみならず、意識面でも原点回帰した作品となっています。 OTOTOYでは、なんとCDの発売より約2ヶ月先駆けて販売開始。6月21日からは『FAB NOISE
by 渡辺 裕也
全曲フル試聴 EVERYBODY LISTEN! The Bootles『RED』
[TRIAL]・2012年02月08日・ 中期THE BEATLESを再現するユニットが誕生!世界を変えた伝説のロック・バンドと1文字違い(英字では2文字違い)の名を持つ彼らは、中期THE BEATLESを再現すべく結成されたユニット。結成の発端となる出来事が起こったのは2011年11月。巨大掲示板ウェブ・サイト「2ちゃんねる」で流れた「THE BEATLESの未発表アルバム『RED』がリリースされるらしい」というデマに踊らされ、末に落胆したミュージシャン3人が「ないのであれば作ってしまえ」と集まり完成させたのが本作『RED』。今作を聴いてTHE BEATLESを懐古するもよし、THE BEATLESの現代的な解釈として受け取るもよし。オリジナルへの深い愛に裏打ちされた完成度の高いオマージュ作をお楽しみください。 the Bootles / RED'【価格】MP3 : 150円 / 1000円WAV : 200円 / 1200円【Track List】''1. Heroin Baby / 2. Bloody Mary / 3. Kick in,Court / 4. Surfin United Kingdom / 5. Queen Of Night
by bobbiiiiie
BiSの発表前の音源を全曲フル試聴で!
[TRIAL]・2011年12月13日・ BiSの新作『primal.』発売! 振付もブッキングも自らこなすDIYアイドル、BiS。メンバー同士のディープ・キスやほぼ全裸のPVなどファンの度肝を抜くパフォーマンスもさることながら、クオリティーの高いロック調の楽曲を発表し続け、コアな音楽ファン層からも高い評価を集めている彼女たちが、ニュー・シングル『primal.』をリリース! 疾走感溢れるエモーショナルなリード曲のほか、クリスマスにぴったりの楽曲や90年代を代表する名曲のカヴァーまでを収録。恵比寿リキッドルームでのワンマン・ライブを大成功に収めた彼女たちの勢いは止まりません! BiS / primal.1. primal. / 2. eat it / 3. KFC / 4. ウサギプラネット / 5. YAH YAH YAH (オリジナル : Chage&Aska) 配信開始日 : 2011年12月21日※全曲フル試聴は終了しました。※Twitterのつぶやきの反映には時間がかかることがございます。その場合は少々お待ちください。 BiS『primal.』についてつぶやこう!
by オトトイ
全曲フル試聴『EVERYBODY LISTEN!』vol.3 白波多カミン
[TRIAL]・2011年11月18日・ 11月18日より全曲フル試聴企画「EVERYBODY LISTEN!」で紹介してきた白波多カミンの『ランドセルカバーのゆくえ』が、遂にリリースされる。リリース元は、これまであふりらんぽ、ミドリ、宇宙人などを輩出してきた大阪の老舗インディー・レーベル「ギューンカセット」だ。「巫女シンガー・ソングライター」という風変わりな肩書きが示すように、彼女は今年2011年に大学を卒業した後、神事に奉仕する巫女となった。しかし楽曲内の彼女は、常に何かを信じ身を委ねることを拒否している。なぜ彼女はその仕事を選び、且つ音楽を続けることを選んだのだろう。 今回のインタビューで彼女の口から頻繁に発せられた言葉、「せめぎ合い」。彼女の音楽はこの一言に集約されている。「あなた」を守ることと「あなた」を破壊することのせめぎ合い、幼さと大人のせめぎ合い、巫女であることと音楽を奏でることのせめぎ合い。それらの摩擦による痛感と快感のせめぎ合い。これほどに温度を持った荒々しい作品は、彼女本人であろうとも二度と作れないだろう。そしてこの先にはどんな作品が生まれるのか。今ある巫女シンガー・ソングライター、白波多カミンをインタビューで切り取り、ここ
by bobbiiiiie
THE TON-UP MOTORS『THE TON-UP MOTORS』を先行フル試聴スタート!!
[TRIAL]・2013年12月10日・ ダイノジ大地とともに、STV(札幌テレビ放送)制作のバラエティ番組「ブギウギ専務」で主役を務め、テレビCMやラジオのパーソナリティもつとめる男、上杉周大。そんなマルチな才能を持つ彼をヴォーカルに擁したソウル・ロック・バンド、THE TON-UP MOTORSが、活動13年目にしてメジャー・デビューを果たした。黒人音楽に影響を受けたメロディと日本語詞の融合。初めて観た人をも一瞬で魅了するライヴ・パフォーマンス。そして、メンバー4人のキャラクターにより、じわじわと話題を呼び、満を持してのメジャー・デビューとなる。それを祝い、OTOTOYではドッキリ企画を発動(笑)。なんでも、ギターの井上仁志、「ロック界のツッコミ王」と呼ばれているらしい。それなら、井上に存分にツッコんでもらいましょう。ということで、スキンヘッドの強面ライターをご用意しました。果たして、井上は「ロック界のツッコミ王」の面目を保てるのか? 別室でその様子を観ていたメンバーのネタばらしも含めて、じっくりお楽しみください!! メジャー・デビュー作を配信スタートTHE TON-UP MOTORS / THE TON-UP MOTORS'【配信価格】mp
Schroeder-Headz『Sleepin' Bird』をHQDにて配信スタート
[TRIAL]・2013年11月27日・ DE DE MOUSEのライヴ・ キーボーディストとしても知られる渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクト、Schroeder-Headz。クラブ・ジャズとオーガニック・グルーヴを繋ぐオルタナ・ピアノ・トリオとして、ジャンルを飛び越え、既成の概念を覆しながら活動を続けている。そんな彼が12月4日に最新作をリリース。いま、エレクトロシーンで最も人気のあるアーティストのひとりSerph、Revirthレーベル主宰のNUMB、シネマティックなサウンドが特徴的なポスト・ロック・バンドL.E.D.、さらにShing02までをもフィーチャーした贅沢な1作。リリカルなメロディが美しい10分超の大作「Harusame」など、充実の本作をHQD(24bit/48kHzのwav)で配信スタート!! そのサウンドに酔いしれてみてほしい。 新作をHQDで高音質配信スタートSchroeder-Headz / Sleepin' Bird【配信形態】 HQD(24bit/48kHzのwav)【配信価格】 単曲 200円 / まとめ価格 1,050円1. Sleepin' Bird2. Sleepin' Bird - remixed by
by 西澤 裕郎
bananafishの2ndフル・アルバム『SYNCHRONIZE』を先行配信開始&インタビュー掲載
[TRIAL]・2013年11月06日・ 2012年11月、渋谷クアトロでのワンマン・ライヴを成功させた、東京青山発のポップ・ロック・バンド、bananafish。OTOTOYでは、彼らの2ndフル・アルバム『SYNCHRONIZE』を、先行フル試聴&先行配信開始。UKロックを軸に、様々なジャンルの音楽を取り込み、独自の進化を遂げた、彼らの新機軸という作品になっている。2014年1月には赤坂BLITZでのワンマン・ライヴという、バンドとしての勝負に出たbananafish。その熱い想いをOTOTOYは、引き続きがっつり追っていく予定だ。まずは、本作を作るために通ったという埼玉山奥のスタジオ「ネバーランド」で、メンバー全員へのインタビューを決行。なんと、12月には真冬のネバーランドから生ライヴをUstream中継する予定だ!! 10月末から行なっている路上ライヴ、そしてネバーランドからのUstreamを経て、どのような成長を見せるのか。その後に繋がっている赤坂BLITZまでの道を、ぜひ一緒に追いかけてほしい!! 2ndフル・アルバムを一週間先行配信bananafish / SYNCHRONIZE'【配信価格】wav 単曲 200円 / まとめ購入
fula、初めての全国流通ミニ・アルバム『safari!』をリリース!
[TRIAL]・2013年10月17日・ ジャムを基調としたサウンドに温かい歌声を乗せる、4人組のポップ&ジャム・バンド、fulaが、初の全国流通盤となるミニ・アルバム『safari!』をリリース。「野外フェス」を意識し、遊び心にあふれた、心躍る作品となっている。 今回OTOTOYではメンバー全員にインタヴューを行い、収録曲を1曲ずつ紐解きながら、夏フェスへの想い、メンバーの生活環境の変化によりバンドに起こったことなど、多岐にわたって話をきいた。fulaがいま充実した状態にあり、これから見逃せない存在になっていくことが読み取れることだろう。ぜひ音源と合わせてこのインタヴューを読んでほしい。 fula / safari!!'【価格】WAV 単曲 300円 / まとめ購入 1,500円mp3 単曲 300円 / まとめ購入 1,500円【Track List】''1. orion coffee / 2. tropical5 / 3. can't go / 4. grizzly / 5. lala salama / 6. goyemon INTERVIEW : fula インタヴュー : 飯田仁一郎(Limited Express (has
by JJ