平賀さち枝、新作ミニ・アルバムが完成

デビュー作から1年。SSW平賀さち枝から届いた最新ミニ・アルバムは、「誰もが口ずさめるような曲を」という本人の言葉通り、より訴求性を持ったメロディと言葉、それに寄り添うように奏でられる色とりどりのバンド・サウンドが、彼女の新たな側面を開示させることに成功している快作。録音には、田中馨(ショピン、ex-SAKEROCK)、野村卓史(グッドラックヘイワ、NATSUMEN、WUJA BIN BIN)、内田武瑠(ショピン)等が参加、録音/編集は注目の若手エンジニア葛西敏彦が担当しています。新しい季節の始まり、平賀さち枝の第二章がはじまります!


平賀さち枝 / 23歳

1. 今は帰らない
2. 江の島
3. 目黒川
4. No Music, No Life
5. 春が来そうでさびしいだけ
6. パレード

新しい季節を彩る、みずみずしい歌声

野に咲く花のように可憐な歌声と、春風のようにやわらかいギターの音色。都内を中心に活動する平賀さち枝は、そのあどけない雰囲気と、何気ない日常の風景を色鮮やかに描き出す鋭い感性のギャップが印象的な、気鋭のシンガー・ソングライターだ。

彼女は2011年にデビュー・アルバム『さっちゃん』を発表。同作は高い注目を集め、各地でロング・ヒットになっている。また、奇妙礼太郎や住所不定無職とともにジャックス・カードの音楽キャンペーン「あなたの夢に応援歌」に起用され、FM802主催の音楽フェスティバル「ミナミホイール2011」や映画「恋はパレードのように」に出演するなど、活躍の場を全国に広げている。

今回発表された『23歳』は、『さっちゃん』以来1年ぶりのリリースとなるミニ・アルバム。前作では彼女の弾き語りが中心だったが、本作ではショピンの田中馨(ベース)と内田武瑠(ドラム)、グッドラックヘイワの野村卓史(ピアノ)をゲストに迎え、ポップなバンド・サウンドにも挑戦している。

オープニングを飾る「今は帰らない」は、上述のジャックス・カードのキャンペーンで発表された、叙情感溢れるアップ・ナンバー。同キャンペーンの映像では力強い弾き語りを披露していた彼女が、本作ではバンド・メンバーの個性を活かした、矢野顕子を彷彿させるジャジーでコケティッシュなサウンドを披露している。続く「江ノ島」は、初夏の空気を閉じ込めたような清涼感のあるメロディと、荒井由美や太田裕美を思い起こさせるレトロなサウンドが魅力のアップ・ナンバー。彼女のキュートな姿を存分に楽しめるプロモーション・ビデオも公開されているので、ぜひ見てほしい。

「目黒川」はライヴでもお馴染みのしっとりとしたバラード。一音一音を丁寧に鳴らしたギターの上で、青葉市子や小野リサのようなみずみずしい歌声を響かせている。初夏の鮮やかな光景が目に浮かぶ歌詞にも注目。また、「No Music No Life」も弾き語りだが、こちらは爽やかなメロディのミディアム・バラード。「誰もが口ずさめるような曲を」という本作の方向性が、もっともわかりやすく表れているのはこの曲だろう。それに続く「春が来そうでさびしいだけ」はわずか1分の間にひとつの物語を盛り込んだ異色の楽曲。「目黒川」や「No Music No Life」にも当てはまることだが、本作の彼女はそれまでに比べ、歌声はより伸びやかに、演奏はより研ぎ澄まされ、洗練されてきている。

アルバムの最後を飾る「パレード」は、明るく華やかなアップ・ナンバー。ジャクソン5やシュープリームスを彷彿させる、軽快でリズミカルな3人の伴奏をバックに、これまであまり見られなかった陽気ではつらつとした歌を披露している。完成されたポップスの様式が、荒削りな彼女を都会的な女性に成長させたのだと思う。

純朴さの残る少女は、1年のときを経て高いレベルのシンガー・ソングライターに成長した。洗練されたアコースティック・サウンドと、軽快なポップ・ナンバー。全く異なる二つの面をゆっくりと楽しんでほしい。(text by 高野裕介)

RECOMMEND

mmm / ほーひ

前作に引き続き、下田温泉(ドラム)、千葉広樹(ベース)、宇波拓(エンジニア、ギター他)を基本メンバーに、さらに多数のゲストを迎えた演奏の記録。心に染み渡るビタースイートな歌声、思わず顔がほころぶユーモア。和やかなフォーク・ポップや、GS調のアップテンポなガレージ・ロック、黒人音楽の雰囲気を感じさせるスローなバラードまで、すっと肩の力を抜かせてくれるようなあたたかな歌、全12曲。

麓健一 / コロニー

中村宗一郎氏をエンジニアに迎え、初のバンド編成でのスタジオ・レコーディングを敢行。スッパマイクロパンチョップによる予測不能で遊び心溢れるドラミング、それを支える緻密でふくよかな旋律の端子のベース、お転婆でありながら流れるようなホソマリのピアノが加わり、瑞々しい躍動感が生まれ、新たな側面を提示することに成功している。一方で自宅録音されたシンプルなアコースティックナンバーは言葉とメロディの魅力をストレートに伝えている。

PROFILE

1987年生まれ。岩手県出身。2009年に作詞、作曲、ギターをはじめる。ギターが弾けずアカペラなどでライブ活動を開始。数ヵ月後にはギターを弾きながら歌うようになる。2010年、高円寺無力無善寺で毎月定例ライブを行う。都内各所で活動。ファースト・アルバム『さっちゃん』を2011年4月にkitiよりリリース。2011年7月にはJACCSカードの「あなたの夢に応援歌」に参加、10月にはFM802主催の「ミナミホイール 2011」出演。アルバム『さっちゃん』は各所で2011年のベスト・アルバムに選ばれるなど、現在もロングセラーを続けている。

>>平賀さち枝 WEB

o

 
 

レヴュー

《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入
[CLOSEUP]・2017年08月16日・《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第6弾音源「不満」を配信、そして今回は彼らのライヴに潜入。彼らのライヴ・レポートを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第6弾goodtimes / 不満 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 不満 LIVE REPORT : 人生の一部を彩るもので得られる感覚に似ていた 今まで楽曲配信を毎月行い、ついに今作で第6弾となったgoodtimes。今回はその新曲「不満」のリリースとともに、彼らの楽曲の振り幅の大きさを肌で体感すべく、ライヴ会場へ潜入した。体感0距離のライヴで、人間同士の心がぶつかり合う様子が伺えた。 goodtimes
by 宮尾茉実
愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
“ミスターシティポップス”から2017年、オニギリ・ユニバーシティ開校のお知らせ
・2017年08月03日・かせきさいだぁの新作──“ミスターシティポップ”からオニギリ・ユニバーシティ開校のお知らせ 1995年にアルバム『かせきさいだぁ』でデビューして以来、日本語ラップを援用しつつ、独自のサウンドを展開してきた、かせきさいだぁ。オリジナルとしては『ミスターシティポップ』以来、5年ぶりにリリースする5枚目のオリジナル・アルバム『ONIGIRI UNIVERSITY』。デビュー当時から、ヒップホップに影響を受けながら、いわゆるハードコアなヒップホップ・シーンともまた違った独自のポップなスタンスで作品をリリースし続けてきた彼らしい、本作もまたその名が示す通り、どこかユーモラスでポップな、そしてこの国のカルチャーのなかでしか生まれえないような“かせぎさいだぁ”ワールドを示している。さて、本作をレヴューと共にお届けしよう。 かせきさいだぁ / ONIGIRI UNIVERSITY'【Track List】01. Yes02. カンフーダンス03. CANDY POP04. BABY × 405. 常夏ココナッツ06. Chocco that I know girl07. さよならファンタスティカ08. ちょうどいい 〜Fee
by marvinkei
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは