次世代ニュー・ジャズ・セクステット、10年目のファースト・アルバム

これは洒落ている! むかし西麻布のバー・ラウンジ「VERANDA」で、ひとりカウンターに座り、豆腐料理に舌鼓を打ったことを思い出させるような音。egoistic 4 leavesの結成10年目にして初のアルバム、『aluva』を聞いたときのことだ。彼らは変拍子やポリリズムを大胆に取り入れた、名古屋の次世代ニュー・ジャズ・セクステット。ジャズはもちろんラテン、ポスト・ロック、エレクトロニカなどさまざまなフレイバーを効かせ、スタイリッシュでクールな演奏で魅せてくれる。sgt.L.E.D.MASなどの作品をリリースしているPENGUINMARKET RECORDSからの発売という点にも注目だ。

今回、メンバーから理系のビート・ジャンキー・林礼一(ドラム)と、文系の盛り立て屋・河瀬浩二(ギター)が登場。各々の意外な音楽遍歴、10年間名古屋でやり続けてきたこと、まさにベスト盤といってもいい新譜について語ってもらった。「クラブ・ミュージックをパンクでやる」「thinkからfeelへ」「どこか崩したい」と、エモーショナルな発言も。ライヴが見たい!

インタビュー&文 : 福アニー

egoistic 4 leaves / aluva

変拍子・ポリリズムを大胆に取り入れ、スタイリッシュなジャズを魅せる、名古屋の次世代ニュー・ジャズ・セクステット、egoistic 4 leavesの、結成10年目にして初のアルバム。ジャズ、ラテン、アフロ、ハウス、エレクトロニカなどの様々な音楽的要素を、ダンサンブルでミニマルな楽曲としてアウト・プット。彼らの名刺代わりであり、ベスト盤といってもいい1枚。

【Track List】
1. trim / 2. gestalt / 3. arupmet / 4. egaus / 5. iaru-five / 6. nepnah / 7. utaknot / 8. egaarak / 9. azoyg

自分たちのことをライヴ・バンドだと思っている

――音を聞いたときに思わず六本木や麻布十番のバー・ラウンジに行きたくなったんですが、失礼ながら名古屋のバンドだと知って驚きました。名古屋でスタートしたんですか?

河瀬浩二(ギター/以下、河瀬) : はい。もともとパンク・バンドをやっていたんですけど、そういう音楽じゃないことがやりたいと思って。でもまったくあてがなかったので、「仲間を集めてよ」って礼一に声をかけたのがはじまりです。
林礼一(ドラム/以下、林) : 僕、河瀬、辻井(伸太郎/ベース)は岐阜の高校の同級生なんです。声をかけられた当時、僕も別でパンク・バンドをやっていたんですけど、たまたま名古屋で会ったときにバンドやろうよって話になって。大学の同級生と後輩、専門学校の同級生を誘ってスタートしました。
河瀬 : 結成したのが10年前。その後ベースが辻井に変わって、5年前に堀嵜(ヒロキ/パーカッション)、3年前に深谷(雄一/ドラム)が入っていまの編成になりました。

――へー、おふたりはパンクスだったんですね。意外です。他のメンバーは?

林 : 辻井は僕と一緒にパンク・バンドをやっていて、あとはクラシックとメタルあがり。バラバラです。

――自主企画名が「blue in green」だったので、みなさんマイルス・デイヴィスやビル・エヴァンスもお好きなのかと。

ふたり : 大好きです。モロそこからです。
林 : エレクトリック・マイルス、ジャズ、クラブ・ミュージックは共通項なんですけど、6人それぞれ別々のものを聴いてるんで幅は広がりますね。
河瀬 : X JAPANからHi-STANDARDまでね。

――それがどうやっていまの音楽性に結びついていったんでしょう?

林 : 昔はいまと全然違って、ジャム・バンドに興味があったんです。
河瀬 : 僕と花田(大輝、キーボード)がSouliveやMedeski、Martin & Woodが好きで、その辺直球の音楽をやっていましたね。
林 : でも堀嵜が入ったあたりから、僕はずっとニュー・ウェーブやエモやポスト・ロックをやっていたので、そういう要素も入れ始めて。
河瀬 : その後、深谷が入ってツイン・ドラムになってから、ドラムの構築をすごく考え出して、いまのようになったかな。

――今回、結成10年にして初のアルバム『aluva』を出すことにも驚きました。なぜ、いままで音源を出してこなかったんですか?

河瀬 : レコーディングはここ数年で何回もやっていました。でも伝えたい熱量やライヴ感が全然出しきれていなくて、僕らじゃないなと思って出さなかったんです。自分たちのことをライヴ・バンドだと思っているんで。

――でも今回出せたということは…。

林 : すごく、ふっきれた感はありましたね。ちゃんと出そうって決めて、時間とお金の制約があるなかで録り始めたので、失敗しちゃいけないって考えるより、思いっきりやろうって。ライヴをイメージして演奏したので、勢いよくダイナミクスをつけちゃったり。
河瀬 : うん、僕のできる幅はこんだけなんだから、それを出せたらいいやって。思いっきりやったらいいノリが生まれたし、満足できたんです。

「クラブ・ミュージックをパンクに演奏する」

――ちなみにこの10年間、みなさんは名古屋でどうやって過ごしてきたんですか?

河瀬 : 僕は早くに結婚したんで、普通にいいパパしてます。言っちゃったー!
林 : メンバー4人が同い歳なんですけど、みんな所帯を持って仕事をしながら、二足のわらじでやってます。

――名古屋でやり続ける原動力もそこにある?

林 : そうですね、みんな生活があるっていうのもありますけど、バンドとしてよりローカルを意識したいんですよね。支えてくれてる地元の人たちに返していきたいって気持ちが強い。

――でも音楽と生活、バランスを取るのが大変そうですね。

林 : 大変です。練習もそろわないことが多いし、ライヴもギリギリまで来れない人がいたり。
河瀬 : 僕、ライヴで最後の一曲だけに参加したこともあります。演奏中にステージによじのぼってギター弾き始めたんで、お客さんも「なんだこれ? 」「えー! 」みたいな。
林 : そんときキーボード(花田)がギター(河瀬)のいないプレッシャーに耐えかねて、ステージ袖で吐いてたしね(笑)。

――(笑)。以前OTOTOYで名古屋特集をやっていたんですが、それはロック中心だったんです。ジャズ事情はどんな感じなんですか?

林 : 昔はコンテンポラリー・ジャズやクラブ・ジャズの人たちと一緒にやってたんですけど、いまはわからないなあ。でも名古屋はクール・ジャズが強いみたい。ロック・テイストのジャズ・バンドっていうのはあまり耳にしたことがないですね。

――他の地域との交流は活発?

林 : 東京にstim、大阪にmiddle9ってかっこよくて仲がいいバンドがいるんで、自主企画で呼んだりしてます。レーベル周辺が多いかな。

――レーベルというと、新譜はsgt.L.E.D.も所属しているPENGUINMARKET RECORDSからのリリースになるんですよね。どういった経緯があったんでしょう。

林 : PENGUINMARKETってsgt.のメンバーがやっているレーベルなんですけど、egoistic 4 leavesとsgt.が共演する機会があって仲良くなって。今回のアルバムは、自分たちの好きな人とだけかかわりたかった。だからレーベルもPENGUINMARKET以外とやるつもりはなかったですね。
河瀬 : PENGUINMARKETのアーティストってみんなかっこよくて大好きなんですよ。そこで出せるんだったら誇りに思えるなって。

――同じレーベル所属ということで、L.E.D.MASが引き合いに出されることもあると思いますが、どういうところで違いを見せていきたいですか?

林 : 自分たちなりのジャズ感やパンク感を大事にしつつ、リズムとコードのコントラストは他のバンドと変えていきたい。「クラブ・ミュージックをパンクに演奏する」ってイメージですかね。どの曲も徐々に激情があふれてきて、最後に爆発するような。

いまは、考えることより感じることのほうをフォーカスしてますね

――音源はクールでスタイリッシュな印象ですけど、ライヴはアグレッシヴ?

ふたり : ひどいです。頭振りまくるから、終わったらぐたーってなる。
河瀬: ライヴのコンセプトは「やりきる」。下手でもいいから出しきって、乳酸ためたら勝ちみたいな。翌日はむち打ち状態になるくらいやります。

――それにしてもツイン・ドラム、パーカッション、ベースとメンバーの半数がリズム・セクションですよね。やはりビート重視?

河瀬 : それはあります。曲を作るときのセッションもドラムから始めるんで。礼一が変なビートを叩き始めて、これ何拍子だ、じゃあそこにあわせてポリリズムを入れようとか。
林 : バランスにこだわりながら、いま自分たちが新鮮に思うところでまとめていきますね。ポスト・ロックやクラブ・ジャズになりすぎたらダメで、微妙なジャズ感やニュー・ウェーブ感は大事にします。

――ツイン・ドラムとパーカッション、三者三様の違いを出していくところで意識している点はありますか?

林 : 違う拍子を刻んでもひとつのパターンになるとか、同じ拍子なんだけど別々の位置を叩いてひとつのフレーズにするとか、なるべく一辺倒にならないようにしています。
河瀬 : パーカッションはその間を縫う感じでふたつをつなぐように、3人でひとつのリズムを生みだしてる感覚はありますね。僕やキーボードは違う時間軸で動いていますし、そのなかでいかに聞きやすいフレーズを出すかっていうのを意識しています。例えば「utaknot」のアルペジオのフレーズとか。

――アルバムを作るうえで、とくにこだわったところはありますか?

林 : このコードはきれいだから、ちょっとリズムを複雑にしたいってバランスを大事にするところはあります。あと拍子もこだわりたい。昔は計算して数学から曲を作ってた時期もあって。いまはわりかしシンプルになってきましたけど。
河瀬 : 最近4拍子で作り始めたしね。
林 : でも僕たちらしさを失わないように、ひねりはきかせたい。きれいなメロディーだったらガッと盛り上げるのもいいんだけど、ずっと同じ繰り返しでじわじわ盛り上げるにはどうしようとか。「egaus」はまさしくそれで。
河瀬 : 単調なまま聞かせたいけどフックも効かせたいっていうね。ちなみに「gestalt」が、僕の思うかっこいい曲。起承転結がものすごくほしいタイプなので、ガーッとあげたいところはあげたいんですね。次々と音を重ねていって感動を呼び起こすような。

――おっしゃるように新譜は展開が多い曲があったり、ミニマルな曲があったりと幅広いですよね。

河瀬 : それぞれの好みが反映されていると思います。多分、礼一は「gestalt」はやりすぎと感じたと思う。
林 : あー、そういう話になったよね。最後の一番盛り上がるところが結構キラキラしていて、自分ではやりすぎって爆笑していたんですけど、みんながいいって言うからOKに。
河瀬 : 僕ともうひとりのドラムのごり押しです。キーボードはわりと静かで変化を求めない感じが好きかな。彼が一番おしゃれ感を求めるかもしれない。
林 : コード感とかね。「arupmet」はとくにコードが立っていて、それこそ「blue in green」がかなりモチーフになってます。あまりにきれいだったんで、どうやって僕ららしさを出すかっていうので11拍子になった。

――「arupmet」は11拍子だし「utaknot」は15拍子だし、拍子ジャンキーなんですか?

林 : 11拍子に関しては、このリズムで絶対曲を作りたいってこだわりがあったんです。15拍子は自分たちの曲にない拍子って何拍子だろうって数えていったら、15がなかったので。
河瀬 : 9拍子、13拍子、21拍子とかすでにあるしね。

――おふたりとも理系?

林 : 僕は理系です。当時はコンセプチュアルに作ったほうがかっこいいし美しいと思っていた。片方が同じパターンでやっていて、もう片方がころころ変わっても、ちゃんとはまるようにしようとか、そういうコンセプトから作っていて。でもいまは、考えることより感じることのほうをフォーカスしていますね。新譜はGAKU MCさんの言葉を借りれば、「究極の9曲」になったかな(笑)。

やっぱり自分のやりたいことをやりたい

――OTOTOYの東日本大震災救済支援コンピ『Play For Japan 2012』にも参加していますね。

河瀬 : パーカッションの堀崎が個人的に被災地に行って演奏したり、僕らも自主企画のチケット代の一部を募金したりしていたので、音楽を通して復興のお手伝いができるんだったらぜひやりたいということで参加させてもらいました。提供曲は5曲目の「iaru-five」なんですけど、まだライヴでもやってない新曲で、アルバム用に書き下ろしました。
林 : この曲はいままで作った曲のなかで、一番時間をかけて作ったよね。
河瀬 : 2年くらいかかったかな。モチーフはあったけど納得するアレンジに至らなかった曲と、全然違うところから出てきた曲をあわせてっていうおもしろい作り方をしました。
林 : 前半の部分は数学的な作り方でクールに… 4拍子と5拍子を同じ尺で割るみたいな。後半の部分はもっとエモーショナルに。理数系と体育会系が合致しましたね。

――震災から1年経ちましたが、どういう思いで名古屋の地で音楽に、生活に、震災に向き合っていこうと考えていますか。

林 : 僕は非営利団体に所属しているので、そのメンバーが復興支援のセミナーを開いたり、いろんな人の話を聞いたり、活動を見たりしてるんです。そのなかで思ったのは、やっぱり自分のやりたいことをやりたい。でもそのなかでかえしていけたり、貢献できたりすることがあればしていく。自主企画のチケット代の一部を募金しているのもそういう思いがあるからです。

――最後に、アルバムについて一言お聞かせください。

林 : 僕はローカルな人間なので、友達やファンや地元の人たちが耳にしてくれて、すごいよかったよって言ってくれたらほんとに嬉しい。あとちょっとでも音楽に興味がある人には聞いてほしいし、それでちょっとでも気分がよくなってくれたり、その人たちにとって特別な一枚になってくれたら嬉しい。ホワイト・デーに出すので、大切な人にプレゼントしてもらいたいですね。
河瀬 : 僕らの音楽を聞いた人たちの感想がつながっていって、何かしらのうねりや波を起こせたらなって思います。

egoistic 4 leaves LIVE SCHEDULE

2012年4月15日(日) @下北沢 ERA
w / UHNELLYS / nenem / MIRROR / WOZNIAK / egoistic 4 leaves

2012年4月29日(日) @名古屋 新栄CLUB MAGO&live lounge vio
w / jizue / UHNELLYS / NINGEN OK / ホテルニュートーキョー / mississippiroid / palitextdestroy / ¥1980 / egoistic 4 leaves

2012年5月12日(土) @神戸 LIVEACT BAR VARIT.
w / memento森 / bradshaw / 他

2012年5月20日(日) @京都 METRO
w / LOW-PASS / 他

2012年6月16日(土) @金沢 social
w / NINGEN OK / 他

2012年6月23日(土) @渋谷 O-NEST
w / stim / 他

2012年7月7日(土) @大阪 conpass
w / middle9 / 他

2012年7月8日(日) @名古屋 新栄live lounge vio

RECOMMEND

MAS / えんけい / En Kei

Rock、Dub、Jazz、Electronicaを内包した音楽性のMASの3rdアルバム。過去2作から格段に進化したサウンド、そして様々な情景や感情をゆさぶる美しいメロディやリズムが踊る最高傑作。シンプルで複雑、ポップでアンチ・ポップな全9曲収録。ゲスト・プレイヤーとしてpasadena/あらかじめ決められた恋人たちへの石本聡がdub mixで、BALLOONSの塩川剛志がギターで参加。ジャケットを手がけるのは創作漫画集団mashcomixメンバーであり、MASの1st、2ndも手がけた仙こと軍司匡寛。

sgt. / BIRTHDAY

フル・アルバムとしては前々作「Stylus Fantastics」以来、実に3年振りとなるsgt.の新作! sgt.特有でもある楽曲のストーリー性はいつも以上に増し、全体を通しコンセプチュアルな内容となっている。圧倒的な演奏力とダイナミックな破壊力、緻密かつ完璧なアンサンブル、そしてどこまでも美しいバイオリンで、スリリングに魅了するsgt.の最高傑作が遂に完成!

L.E.D. / LIVE at SHIBUYA WWW 2011.12.27 (HQD ver.)

2011年4月にリリースされた原田郁子をゲストに迎えてのボーカル・トラック「I'll」(『elementum』収録)が多くの話題を集めた彼らのライヴを、高音質DSDで録音。収録するのは2011年12月27日、渋谷WWWにて行われたライヴから未発表曲を含む全6曲。当日は漫画家、映像作家のタナカカツキ、そしてWEBディレクターであり、ダブ・バンド、negoのVJとしても活動するVJ mitchelとのダブルVJで映す色鮮やかな映像の中で演奏した彼ら。その非現実的なほどに美しい空間を、高音質音源とフォト・ブックレット(30ページ)で追体験してください!

egoistic 4 leaves PROFILE

DRUMS : 林礼一(DOIMOI,SU:)
GUITAR : 河瀬浩二
KEYBOAD : 花田大揮
BASS : 辻井伸太郎
PERCUSSION : 堀嵜ヒロキ(KITO,Akira Brass Band!,KASH,Angelo Aquilini BAND)
DRUMS : 深谷雄一(native,the brooch)

ツイン・ドラム、パーカッション、ベース、ギター、キーボードの6人が織りなす変拍子・ポリリズムを多用したダンサブルかつミニマル・ニュー・ジャズコンボ。

クールな楽曲・エモーショナルな演奏が好評を得る。
自主企画「blue in green」、「for a day」はチケットが売り切れる程注目を集めている。
2010年10月に”PENGUINMARKET RECORDS”5周年を記念したコンピレーションアルバム「WORLD PENGUIN'S CARNIVAL 2010」に参加し、待望の初音源をDROPする事に。

>>egoistic 4 leaves Official web

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け”
[CLOSEUP]・2017年07月05日・FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け” 笹口騒音&ニューオリンピックスのギタリストである村井隆文が中心となり活動をする、FILMREEL。2015年、各所で話題を呼んだデビューEP『Snoozing.e.p』から約1年半、ついに1stフル・アルバム『フィルムの夜明け』が完成した。ニューウェイヴやシューゲイザーから影響を感じさせながらも、実にポップなサウンドをまとわせた楽曲が並ぶ今作『フィルムの夜明け』。OTOTOYでは7月5日(水)より、今作のハイレゾ配信を開始。合わせて7月12日(水)までの期間限定で、アルバムに収録されている全楽曲のフル試聴を実施。前作をリリース後、頭が真っ白になり、酒を飲むしかなかったという村井。そんな彼が、酔いから醒め世間に放つ今作を、ぜひこの機会に聴いてみてはいかがだろう。 新アルバムをハイレゾ配信 & 期間限定(7月5日から7月12日まで)フル視聴!! FILMREEL / フィルムの夜明け'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 216円(税