ジャズ、パンク、ハードコアを消化した独自のサウンドで唯一無二の存在感を放ち、前作から1年というスピードで通算3作目となる『KAGERO Ⅲ』をリリースしたばかりのカゲロウ。そんなアグレッシヴかつ抒情的なナンバーを弾き倒す4人組のライヴを最高音質のDSDで録音。会場となったのは、新宿にあるライヴ・ハウス紅布(レッドクロス)。駆け抜けて行く衝撃のライヴは、一体どんな音で録音されたのか? 吹き倒し、弾き倒すカゲロウ・サウンドを、聴き倒してくれ!

カゲロウ / カゲロウ 2011 Tour "SINGLES" FINAL -LIVE at 新宿紅布 2011.12.04-


【配信形態】
1) DSD+MP3
2) HQD(24bit/48kHz)
★オリジナル・デジタル・ブックレット付

【価格】
各1200円(まとめ購入のみ)

【トラック・リスト】
01. AIR
02. SCORPIO
03. ENTER THE DRAGON
04. SNAKE PIT
05. PRETTY
06. MISIRLOU
07. THE PINBALL
08. a bird in the cage
09. STRAWBERRY SHAKE
10. BAMBOO
11. DEATHVALLEY HIPPY DUCK


【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

解凍ソフト7-zipの詳しい使い方はこちらから

2011.12.04 カゲロウ 2011 tour "SINGLES"@新宿紅布

「吹き倒す、弾き倒す、荒れ狂う」。はじめてカゲロウを聴いたときの印象だ。2005年に結成したジャズ・パンク・バンドで、サックス、ピアノ、ベース、ドラムの4人が爆音をぶっ放す。しかし耳を澄ますと、曲自体はシンプルだし、メロディーがたっているし、繊細さも兼ね備えている。昨年、YouTubeの自身のチャンネル「KAGERO TV」で、6ヶ月連続で新曲を発表した彼ら。それにあわせて10月から、「カゲロウ 2011tour "SINGLES"」を開催。12月4日、新宿・紅布でのツアー・ファイナルに向かった。ジャズというよりもはやロックだと思っていたので、会場があまたのロックン・ローラーを輩出したライヴ・ハウスというのも、すんなりうなづけた。

photos by Kana Tarumi

▲s、YELLOW STUDSという盟友に続き、待ちに待ったカゲロウが登場。先日発売されたばかりのサード・アルバム「KAGERO Ⅲ」、そのリード・トラック「GAS」でライブ・スタート。バスドラとベースの重低音、ブロウしまくりのサックス、たたみかけるピアノの応酬で、早くもテンションがあがる。この、不穏でアッパーでムーディーな雰囲気が、彼らを特徴づけているのだろう。続いてマッシヴなベースとシューティング・ゲームのようにぴゅんぴゅんしたピアノが響く「AIR」。終わるやいなや、ベースの白水悠が「ドラムに全体的に音ちょうだい、あとピアノにサックスの音も」とステージ上からPAに業務連絡を入れ、「じゃあもう一回いこうか? 」と観客を盛り立てる。そこから流れるようにファースト・アルバムのリード・トラック「SCORPIO」へ。ドッコドコのリズム隊と流麗なピアノに、サックスがダークにからむ。矢継ぎ早に「DRAGON」「SNAKE」「PRETTY」と繰り出し、「まだまだいけそうか? 」と観客をあおる白水。ここまでMCというMCは一切なし。硬派だ。ようやくRUPPAがあいさつし、会場を和ませる。

ここで、▲sの空中紳士(タブラ)とセクシー・ダンサーがゲストで登場。アラブ音楽を彷彿とさせる「MISILOU」を妖艶なムードいっぱいに聴かせ、「PIN BALL」へ。そしてマイナー調で今回唯一のスロー・ナンバー「A bird in the age」でしっとりまとめる。と思ったら、そこはカゲロウ、すぐさま「Strawbery Shake」「BANBOO」「ROYAL」とたたみかけるようにラストまで加速! アンコールの「Mr. Broadkaster」で、疾走感あふれるままライヴを締めくくった。

とにかく終始あがったままのテンションには恐れ入った。どのアルバムからもバランス良く選曲されていて、現時点でのベスト・セット・リストだったように思う。1月28日からは『KAGERO Ⅲ』のリリース・ツアーも始まる。どんなプレイを見せてくれるのか、今後が楽しみだ。(text by 福アニー)

>>>カゲロウ『KAGERO Ⅲ』配信時のインタビューはこちら

LIVE INFORMATION

KAGEROⅢ Release Tour "HYSTERIC GAS"

2012年2月4日(土)@名古屋CLUB UPSET
Live : KAGERO、Two Lead、DNA BAKS、and more...

2012年2月18日(土)@仙台JUNK BOX
Live : KAGERO、おひつじ座流星群、THE REDEMPTION、asari

2012年2月25日(土)@恵比寿BATICA
TOWER RECORDS購入者対象特典アウトストアLIVE
Live : KAGERO

2012年4月15日(日)@下北沢SHELTER
Live : KAGERO、YELLOW STUDS

PROFILE

カゲロウ / KAGERO

白水悠 / YU SHIROMIZU : Bass
佐々木瑠 / RYU "RUPPA" SASAKI : Sax
菊池智恵子 / CHIEKO KIKUCHI : Piano
鈴木貴之 / TAKAYUKI SUZUKI : Drums

野中隼人 / HAYATO NONAKA : Drums
松下マサナオ / MASANAO MATSUSHITA : Drums

2009年7月、VILLAGE VANGUARD限定シングル『official bootleg』でデビューを果たした、JAZZ PUNKバンド。同年11月、PE'Zの結成10周年トリビュート作品『Not Jazz!! But PE'Z!!!』にも参加を果たし、更なる知名度を獲得すると、12月にリリースした1stアルバム『KAGERO』が、インスト・バンドながらInter FM主催のレーベル、76Recordsの第一弾アーティストに抜擢され、一躍注目の的に。2010年4月にサポート・メンバーであった菊池智恵子を正式メンバーに迎えると、同年9月には映画主題歌のカヴァー・アルバム『SCREEN』、さらに12月には2ndアルバム『KAGERO Ⅱ』を立て続けにリリースし、よりいっそう洗練され凄みを増したサウンドで全国に中毒者を増殖させていった。INDEPENDENCE-DAY、MEGA★ROCKS、MINAMI WHEEL等のフェスにも出演を果たし、タブゾンビ(SOIL & "PIMP" SESSIONS)、rega、JABBERLOOP、unkie、八十八カ所巡礼らとも続々と共演。2012年1月に待望の3rdオリジナル・アルバム『KAGERO Ⅲ』をリリース。

KAGERO official HP

o

 
 

ライヴレポート

【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ
[CLOSEUP]・2017年10月13日・【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの ワンダフルボーイズのヴォーカルや、天才バンドの鍵盤、ベース、さらに読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーまで務めるマルチ・アーティスト、Sundayカミデ。そんな彼が2017年9月24日(日)、上野恩賜公園野外ステージでピアノ・ソロ・ライヴを行った。サックス奏者のUJをはじめ、エレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之をゲストに向かえた今回のライヴ。彼らとの共演で、果たしてどのようなステージが繰り広げられたのだろうか。Sundayカミデらしい、感動と笑いたっぷりのライヴの様子をお届けします。 LIVE REPORT : Sundayカミデ Sundayカミデ(以下、Sunday)のピアノ・ソロ・ライヴ〈ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~〉が9月24日、上野恩賜公園野外ステージ(上野水上音楽堂)で行われた。 先日OTOTOYでイン
ゆるめるモ!、 ツアーファイナル・赤坂BLITZワンマンの音源をハイレゾ配信!
[FEATURE]・2017年08月25日・誰も同じになんてなれない、同じものなんて1つもない!ーーゆるめるモ! 赤坂BLITZワンマンをハイレゾ配信 ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が、2017年7月23日、赤坂BLITZにて開催したワンマン・ライヴ〈ディスコサイケデリカツアーファイナル〉のハイレゾ音源を、OTOTOYにて独占配信スタート。同ワンマンは、6月28日に発売されたミニ・アルバム『ディスコサイケデリカ』を引っさげ行われた全国ツアー〈ディスコサイケデリカツアー〉のツアー・ファイナル。グループとしては2回目の赤坂BLITZワンマンであり、バンド編成で気合いの入った熱い一夜となった。10月4日には5周年を記念したシングル、11月29日にはフル・アルバムのリリース、各作を引っさげたツアーも決定。2018年1月6日にはZepp Tokyoでツアー・ファイナルを行うゆるめるモ! の勢いは止まらない!! 4人体制初となる赤坂BLITZワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信ゆるめるモ! / ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ(24bit/48kHz)'【Track List】1. melted2. うんめー3. 1!2!か
演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年08月01日・演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバムを予約受付開始! フェスへの多数出演経験、海外公演を行うなど精力的活動を見せる彼らが、2017年8月23日、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS』をリリースする。その発売とリリース・ツアーに先駆け、渋谷WWWにて先行レコ発ライヴ〈Nabowa Drawing〉を決行。OTOTOYでは今作の独占ハイレゾ配信を予定。現在予約受付中です、おたのしみに! OTOTOYにて独占ハイレゾ配信! 予約受付中! Nabowa / DRAWINGS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム販売のみ 2,300円(税込)【収録曲】1. Slipper de2. Ping Pong3. Ooh la la4. My Heartbeat (Belongs To You) [feat. Naz Yamada]5. Casablanca6. Af-roman7. Bell8. Seven Seasons9. Swan10. U411. Precious Mome
胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月04日・胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始 2017年7月18日、渋谷O-nestにて“ふたりの文学”による自主企画〈ふたりの文学〜二綴り目〜〉が開催された。このライヴは彼らの2ndシングル『シティライナー』のリリース・パーティーとして開催された。「東京を感じさせる日」をテーマに、表現の仕方は違いつつも、つねに“気持ちのいい”音楽を届けている3アーティストが揃ったライヴとなった。OTOTOYでは本公演のライヴ・レポートをお届け。と、ともに会場と通販でリリースし、すでにソールドアウトしていた、ふたりの文学の1stシングル『わだかまりの秘密』を配信開始。さらには、2017年8月4日から8月10日までの期間限定でリード曲「わだかまりの秘密」のフリー配信も。ぜひライヴ・レポート、楽曲ともにお楽しみください。 通販で即完売した音源がOTOTOYで待望のリリースふたりの文学 / わだかまりの秘密'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 円(税込) / まとめ 円(税込) 【収録曲】''1. わだかまりの秘密2. 偏西風のあの人
by 阿部文香
300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信
[CLOSEUP]・2017年07月06日・300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信 2017年6月30日、Helsinki Lambda Clubが自主レーベル、Hamsterdam Recordsの設立記念として、ワンマン・ライヴを行った。開場から開演までの間も、来場特典や上映会、型抜き大会などなど、お楽しみ企画が盛りだくさん。ヘルシンキなりのユニークなおもてなしで、渋谷WWWは開演前から大賑わい。様々なバンドと対バンして、成長した彼らがワンマン・ライヴで見せてくれるのはどんな景色なのだろうか。ライヴ・レポート掲載と同時に、Hamsterdam Records第1弾作品『split』から2曲を配信開始! 盟友、tetoとの相乗効果でさらなる磨きをかけた圧倒的センスを存分に体感して欲しい。 ブラーvsオアシスを予感させるスプリットの最高傑作Helsinki Lambda Club & teto / split'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 432円(税込) 【収録曲】''1. Ki
by 宮尾茉実
底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
【ライヴ・レポート】Helsinki Lambda Club × teto2days2マン“Last Comer”──1日目の模様をお届け
[CLOSE UP]・2017年04月28日・【ライヴ・レポート】Helsinki Lambda Club × teto 2days2マン企画──1日目の模様をお届け 巷を賑わせたスプリットから2曲を配信中Helsinki Lambda Club,teto / split'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 432円(税込) 【収録曲】''1. King Of The White Chip2. 36.4 REPORT : Helsinki Lambda Club × teto 2017年4月18日に行われた、Helsinki Lambda Club×tetoのスプリットアルバムの発売を記念した2daysライヴ“Last Comer”の1日目の様子をお届け。次世代の担い手最重要候補とも言えるこの2バンドの対バンを音楽メディアとしては見逃すわけにはいかないだろう。東高円寺U.F.O CLUBは蒸し風呂のような熱気と酸素が薄く感じられるほどに超満員。誰もがこの日を待ちわびていたかのような表情を浮かべていた。 文 : 宮尾茉実写真 : 高田真希子 先攻 : Helsinki L
by 宮尾茉実
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[CLOSEUP]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰