これはジャズか? ロックか、ファンクか、はたまたダンス・ミュージックか? ジャンルの枠を超えたスペクタクルな音を、サックス、ベース、カホン&ドラムのたった3人だけで奏でるバンド、横田寛之ETHNIC MINORITY。2012年が明けるやいなや早速OTOTOY限定で高音質ライヴ音源を発表。この度、ファースト・アルバム『Startin'』をひっさげ、菊地成孔とペぺ・トルメント・アスカラール、DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENを擁するレコード・レーベル、ewe recordsからデビューする。本作にはオリジナル曲の他にディープ・パープルの「Black Night」、オーネット・コールマンの「Times Square」のカヴァーを収録。風圧を感じさせる大迫力の音の連続。圧倒されつつも体を揺らしてしまうダンサブルでキャッチーなキラー・チューン。渋みと攻撃力を兼ね揃えた横田寛之ETHNIC MINORITYの音楽をスタジオ版、ライヴ版と併せてお楽しみください!

乱れ打つハイテンション・インストゥルメンタル・ミュージック!

横田寛之ETHNIC MINORITY 『Startin'』

【トラック・リスト】
01. Minority D-(横田寛之ETHNIC MINORITY) / 02. Times Square(Ornette Coleman) / 03. Dr. Wild(横田寛之) / 04. Upper Summer Love(横田寛之) / 05. Black Night(Deep Purple) / 06. Minority C-(横田寛之ETHNIC MINORITY) / 07. Always There(William Jeffery/Ronnie Laws) / 08. BITMAP(横田寛之)

【配信形態/価格】
MP3 : 単曲150円、アルバム購入1100円
WAV : 単曲200円、アルバム購入1500円

横田寛之ETHNIC MINORITYのライヴ音源を高音質で独占配信中!

『Introducing ETHNIC MINORITY live at Yoyogi』

左) DSD+mp3 ver.>>DSDの聴き方はこちらから
右) HQD(24bit/48kHz WAV) ver.

【トラック・リスト】
01. Minority D- / 02. Times Square / 03. Upper Summer Love / 04. Smells Like Teen Spirit / 05. Always There

Mixed & Mastering by 高橋健太郎 at Memory Lab
Recorded & Mastering by KORG MR-2000S DSD recorder

たった3人の少数民族(=ETHNIC MINORITY)の狩猟場、東京

初めて横田寛之ETHNIC MINORITYを聴いたのは、都内の某ライヴ会場だった。ステージに立つサックスやベースの足元にはエフェクター類が並び、ドラムの足元には四角いバスドラ… いや、なんとカホンが(しかもツイン・ペダル)! 音を聴く前から何ともそそられるではないか! 当日は、J.A.M (ピアノ・トリオ from SOIL&"PIMP"SESSIONS)、類家心平4 PIECE BAND、藤本一馬(from orange pekoe)といった現在の日本ジャズを牽引するアーティストが名を連ね、一番手に登場した横田寛之ETHNIC MINORITYにとっては相当厳しい状況だろうと思われた。しかし、そんな心配をよそに第一音が発せられた時、既にそこは彼らの独壇場となっていたのだ。一曲目からブッチギリのハイテンションで一気に駆け上がる! 更にその後も全くペースを緩めるどころか、どんどん加速していくそのジェット・コースターはベルトを締め直す暇すら与えぬ危険な代物だ。

横田寛之ETHNIC MINORITYの形容詞として“ストリート”というキーワードが外せない。渋谷や吉祥寺など、これまでストリートでライヴを行い、百人以上の聴衆を集めることもあったそうだ。ストリートと言えば実にシビアな環境である。目の前を通り過ぎる十数秒が勝負であり、周囲のノイズや音の拡散などの音響面でも多いに影響を受ける。そのためストリートならではの曲構成や音の選び方、パフォーミングなどが必要とされる。しかし、横田寛之ETHNIC MINORITYの音を聴いてもらえれば、彼らがストリートで受け入れられるのも頷けるだろう。イントロのファースト・コンタクトからキャッチーなメロディーとダンサブルなビートが人々の足をとめ、そしてサックスがグイグイと咆哮していく中、ロックでダイナミズム満載のドラムに、ベースの絶妙なフレーズがグルーヴを生み出す時にはもはやその場を離れるどころか自然と身体が動いてしまうのだ。そして全編を通してハイテンションに畳みかけ、最高潮への到達まで凄まじい瞬発力で聴かせてくれる。密閉されたライヴ・ハウスでは音が充満しすぎて息苦しい… ストリートで天高くどこまでもその音を轟かせてほしいと思わせてくれる。

更に今作のスタジオ録音を聴いてみると、彼らの音楽性の幅広さ以外にも、繊細かつ緻密な音作りに対するこだわりが伺える。演奏のテクニックや曲のクオリティに裏付けされたサウンドがこれほどの説得力を持たせているのだ。最後に、彼らのバック・グラウンドが垣間見られる、今作にも収録されているDeep Purpleの「Black Night」や、ライヴで披露していたNIRVANA「Smells Like Teen Spirit」等の秀逸なアレンジも是非オススメしたい。見事に三人で自分たちの音へと昇華している。たった3人の少数民族(ETHNIC MINORITY)は、この東京という狩猟場で、一度に百人以上の獲物を狩ってきた。2012年彼らは『Startin’』という武器を引っ提げ、更なる獲物を求めてその狩猟場を拡げていくことだろう。(text by石丸鉄平 (masterplan/communication!))

RECOMMEND

Date Course Pentagon Royal Garden
巨星ジーグフェルド 2011.02.20 Part.1&2

2011年2月19日、20日に新宿文化センター大ホールで行われた菊地成孔のダブル・コンサート。「同一の呪法による二つの儀式~菊地成孔と菊地成孔によるダブルコンサート」と名付けられた2DAYSの二日目に登場したのはDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN。ホール中を熱狂の渦の中へ落とし込んだ濃密な時間をDSD音源で生々しく再現します。

>>『巨星ジーグフェルド 2011.02.20 Part.1&2』特集ページ

カゲロウ / KAGERO Ⅲ

JAZZ、PUNK、HARDCOREを消化した独自のサウンドでシーンにおいて唯一無二な存在感を放ってきたカゲロウが、前作から1年というスピードでオリジナル・アルバムとしては通算3作目となる『KAGERO Ⅲ』をリリース。2011年4月から6ヶ月連続でYouTube上で発表されたシングル曲、「GAS」、「PAINKILLER」、「FRISBY AND THE MAD DOG」、「YELLOW」、「a bird in the cage」、「sheepeless, but feel alright」の6曲と、ドラマチック度満点の「HYSTERIA」、タブゾンビ(SOIL & "PIMP" SESSIONS)をフィーチャリングした「LIBERTINE SPECIAL feat. TABU ZOMBIE」を含む、全12曲を収録。

>>カゲロウ インタビュー記事

画家 / 嬉しい音楽

16人編成のバンド・画家による1st album。ギター、ベース、ドラム、キーボードに加え、4種のホーンやパーカッション、ディジュリドゥ、三味線、木琴、鉄琴、奇声、合唱など。とにかく思いついたことを素直にブチまけたような、ルーツの見えないスパイシーな楽曲たち。体は踊って心は躍る。大体の感情を取り揃えた、ハイテンション且つ人懐っこいアルバム。

>>『嬉しい音楽』特集ページ

横田寛之ETHNIC MINORITY PROFILE

横田寛之(saxophone、sound effect)
サトウヒロ(bass)
島野和樹(cajon、drums.)

2009年10月、リーダー横田寛之の呼びかけで始まった横田寛之ETHNIC MINORITY。メンバーは横田寛之(saxophone)、サトウヒロ(bass)、島野和樹(cajon)のスリー・ピース。ETHNIC MINORITYは英語で「少数民族」の意味。世界中を旅しながら生活し、ロマンティックで美しい芸術を生む移動民族と、ストリート・ライヴ、ジャズ、ロックのイメージを重ね合わせて名付けられた。主な活動場所を渋谷路上とし、元々は広告、生活費目的で始まった。長時間の路上ライヴに耐えられるよう、当初はサックス、アコースティック・ベース、カホンという小音量でミニマルな編成・音楽を志向していたが、島野和樹がカホンを改造、バス・ドラムに代えてオリジナル・ドラムを開発して以来、ロック、ファンク、グランジなどを取り入れたアバンギャルドなジャズを演奏するようになった。サトウヒロと横田寛之は早稲田大学ハイソサエティオーケストラの同期。2004年の卒業後、しばらく一緒に演奏する機会はなかったが、サトウヒロのポップス・バンド「Summer Soft」のサポートとして横田寛之、島野和樹が出会い、ETHNIC MINORITYの構想が生まれる。毎晩のように行うストリート・ライヴが数多くのクリエイター、イベント・オーガナイザの注目を集め、さまざまなクラブ・イベントにて演奏を始める。渋谷・吉祥寺などのストリートでは100~200人の聴衆を熱狂させるようになり、2011年3月、本格的にバンドとして始動。2011年12月、東京ザヴィヌルバッハ with ヨスヴァニーテリーライヴのオープニング・アクトを務めた。2012年1月25日、East Works Entertainmentより1stアルバム『Startin'』リリース予定。また月に一回、インターネットTV"SPOTMOTION.JP"にて、横田寛之によるテレビ番組「ゴーシュダビンチTV」に出演している。

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
でんぱ組.inc「夢眠ねむ」ボカロ“夢眠ネム”でコンピ・アルバムをリリース
[REVIEW]・2017年07月06日・でんぱ組.inc「夢眠ねむ」がボカロ“夢眠ネム”に! 豪華クリエイター参加のコンピ・アルバムをハイレゾ配信 でんぱ組.incのメンバー、夢眠ねむのボイスをサンプリングして2月に製品化発売されている「VOCALOID4 Library夢眠ネム」を使用して制作されたコンピレーション・アルバム『VOCALOID夢眠ネム』がリリースされた。楽曲制作には、kz(livetune)、八王子P、ゆよゆっぺ、tilt-six、ナユタン星人、玉屋2060%(Wienners)、MOSAIC.WAV、Yamaha VOCALOID夢眠ネム開発チーム、Tom-H@ckら豪華メンバーが参加。まだボカロの魅力に気づいていない人へ、南波一海のレヴューでその深みにハマってください。 V.A. / VOCALOID 夢眠ネム'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 2,700円(右)単曲 257円 / まとめ価格 1,852円【Track Lis
『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶──ホムカミ新作EPを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月05日・人と人とを交差させ、響かせる。──『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶 2015年にリリースしたシングル「HURTS」以降、注目を集め続ける京都在住の4ピース・バンド、Homecomings。昨年、2013年の“ROOKIE A GO-GO”出演から3年ぶりに〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の舞台に立ち、観客の盛り上がりがフジロック随一とも言われる“レッドマーキー”への出演を果たす等、ライヴでの活躍が目立っていたなかで、待望の新作『SYMPHONY』をリリースする。本作で、彼らは殻を破ったと言えるだろう。バンド最高の名曲と評される「HURTS」を超える名曲が誕生した。新曲4曲 + REMIX1曲のミニ・アルバムではあるが、今年を振り返ったときに鮮明に覚えているアルバムになっているはずだ。容易く語られがちなセンチメンタルやノスタルジーに、これが本物だと言わんばかりの、心の機微を捉える名曲づくしのアルバムを、OTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 〈FUJI ROCK FESTIVAL'16〉を経て成長したホムカミのミニ・アルバムが完成! Homecomin
by 中の人
コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバム『Mellow Waves』を配信開始
[CLOSEUP]・2017年06月28日・コーネリアス、11年ぶりのオリジナル・アルバムーーメロウとゆらぎに満ちた大傑作『Mellow Waves』 Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来、11年ぶりとなるオリジナル・アルバムを完成させた。その間、salyu × salyuのプロデュースやMETAFIVEでの活動、『デザインあ』、『攻殻機動隊』のサウンドトラック制作など、様々なプロジェクトに関わってきた小山田圭吾が作り上げた至高の作品。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作を配信開始する。この作品を聴かない人生はもったいない! Cornelius / Mellow Waves'【配信形態】AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. あなたがいるなら2. いつか / どこか3. 未来の人へ4. Surfing on Mind Wave pt 25. 夢の中で6. Helix / Spiral7. M
by 西澤 裕郎
むすびズム、新プロデュース布陣で臨むニューシングルを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年06月27日・むすびズム、新プロデュース布陣で臨むニューシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。”「日本のカワイイ」を世界に発信する”をテーマに活動中の彼女たちが、このたび最大の武器、「kawaii」全開の3rdシングルを発表、OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信開始。アルバム購入すると、ブックレットと、抽選でサイン入りポスタープレゼントも。さらに、リリースを記念して担当ディレクター&メンバーからのコメントも到着しました! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / キミに夢CHU♡XX【A盤】'【収録曲】1. キミに夢CHU♡XX2. キミへ100% 3. キミに夢CHU♡XX -Instrumental-4. キミへ100% -Instrumental- 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)むすびズム / キミに夢CHU♡XX【B盤】'【収録曲】1. キミに夢夢CHU♡XX2. 小悪魔なLOOK3. キミに夢夢CHU♡XX
シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──〈岡村詩野音楽ライター講座〉よりクロス・レヴュー
[REVIEW]・2017年06月23日・シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──新たに提示する“シャムキャッツの音楽”とは 昨年、自主レーベル〈TETRA RECORDS〉を立ち上げ、バンド史上最高のアンセムとなった『マイガール』、バラエティ豊かな楽曲が並ぶ『君の町にも雨はふるのかい?』を立て続けにリリースしたシャムキャッツ。今回リリースされる『Friends Again』は、実に約3年3ヶ月ぶり、そして〈TETRA RECORDS〉立ち上げ以降、初のフル・アルバムとなった。前作『AFTER HOURS』リリース以降、様々な方法で表現をし、“新たなシャムキャッツ”を模索し続けていた彼ら。そんなシャムキャッツが満を持して世間に放つ音楽とは……。現在開催中の、オトトイの学校〈岡村詩野音楽ライター講座〉の講座生によるレヴューとともに紐解いてみてはいかがだろうか。 前作から約3年3か月ぶりのフル・アルバム! シャムキャッツ / Friends Again'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. 花草
【REVIEW】色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドのセカンド・アルバムをハイレゾ配信スタート!!
[REVIEW]・2017年06月23日・色気漂う大人の娯楽作──ルパン音楽生みの親、大野雄二・新バンドの最新作をハイレゾ配信スタート!! 「犬神家の一族」や「人間の証明」などの映画音楽やTV音楽、そしてみなさまご存知「ルパン3世」の音楽を手掛けてきた大野雄二が昨年始動させた新バンド・Yuji Ohno & Lupintic Sixがデビュー作から1年という短いスパンで最新作をリリース。「ルパン三世のテーマ」、「愛のテーマ」をはじめとしたルパン・シリースの中でも人気の高い楽曲もニュー・アレンジにて収録。OTOTOYではもちろんハードボイルドでアッパーな今作をハイレゾにて配信中です。そして、アルバム購入者抽選で3名に大野雄二サイン入りステッカーをプレゼント! 詳細は記事内にて! Yuji Ohno & Lupintic Six / RED ROSES FOR THE KILLER'【Track List】01. TORNADO 201702. RED ROSES FOR THE KILLER 201703. CRAZY IN LOVE feat.詩織04. MIDNIGHT WHOOPIE05. GOLDEN TIME feat.TIGER06. B
スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース!メンバーによるライナーノーツを掲載
[REVIEW]・2017年06月22日・スーパーノア、待望の1stフル・アルバムをリリース──限りなくエヴァーグリーンでポップな今作を語る 2004年に結成、京都を中心に活動を行っているスーパーノア。ついに彼ら初のフル・アルバム『Time』が完成した。今回リリースされる『Time』には、ライヴ会場限定で販売されていたシングル「リリー」の再録バージョンや、予てから音源化が望まれていた「what light」など、いまのバンドのモードが反映された新曲など全10曲を収録。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信開始。スーパーノアのメンバーである赤井裕(Gt)、井戸健人(Gt. / Vo.)、岩橋真平(Ba.)、岡村寛子(Key.)と、〈SIMPO RECORDS〉代表であり今作のレコーディング・エンジニアを務めた小泉大輔によるセルフライナーと共にご紹介しよう。 待望の初フル・アルバムをハイレゾ・リリース スーパーノア / Time'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 230円(税込) / アルバム 2,300円(税込)【収録曲】1. U(n)A2. MADA3. ドリームシアタ