11/3 クラムボン @ 両国国技館

満員御礼の国技館で披露された、クラムボンの過去と未来

歴史を感じさせる蕎麦屋の近くに前衛的なデザインの博物館が建ち、遥か遠くには東京スカイツリーを臨む両国。この20世紀の面影と21世紀の風景が共存する不思議な街は、普段は見かけない若者達で溢れかえっていた。昭和の香り漂う両国国技館が、今回のライブの舞台だ。

ステージと客席が見渡せる2階席に座ると、普段は土俵が鎮座している場所に設けられたステージと、それを取り囲む客席が目に入る。メンバー3人が向かい合えるように機材が配置されたステージは、バンドの一体感を重視したマイルス・デイヴィスのステージを髣髴させる構成だ。一方、客席は「白い服を着てくること」という事前のアナウンスに応えた観客で真っ白に染められている。彼らを愛するファンの多さを象徴する光景だ。

この日のステージは、「両国の幽霊」を名乗る噺家、林家彦いちの前振りで幕を開けた。彼は軽妙な冗談で場を和ませ、手拍子で観客を煽りたてる。そうやって会場が暖められたところに、観客の服装と同じ、白い衣装を身に纏った3人が、和服を模した柄のポンチョに包まれて登場した。ネイティブ・アメリカンを連想させる原田郁子の髪飾りが、白い草原に咲く一輪の花のように会場に華を添えている。

ライブのオープニングは2000年にシングル・リリースされた「シカゴ」。伊藤大助の打ち鳴らすタイトなビートに、ミトのジャジーなベースと原田のサイケデリックなピアノが被さる、幻想的な雰囲気とアグレッシブなスタイルが同居した個性的なアップ・ナンバーだ。このあとも、ビートの切れ味が鋭いポップ・ナンバー「パンと蜜をめしあがれ」、ハードなロック・チューン「ドギー&マギー」など高揚感のあるナンバーを立て続けに披露する。最初から全速力で挑んでくる3人に、観客のボルテージも一気に高まる。

原田郁子が「10年以上前の曲だけど…」と恥じらいながら紹介したデビュー・アルバムの収録曲「GLAMMBON」は10年以上の時を経て、よりソリッドなサウンドに生まれ変わっていた。そのあとも、スモール・サークル・オブ・フレンズの名曲「波よせて」 、グリーン・デイのように陽気でパワフルな演奏に、原田のコケティッシュなヴォーカルが冴え渡るアップ・ナンバー「はなさくいろは」など、力強さとキュートさが同居したポップ・ナンバーが続く。マニアックなサウンドを、わかりやすく噛み砕いて自分たちの音楽に盛り込むセンスは、10年かけてさらに成熟したようだ。一方、照明が暗転したステージの上で、しっとりと始まったミディアム・バラード「コントラスト」では、それまでの可愛らしいイメージとは真逆の、原田のヴォーカルの繊細な一面も顔を見せる。アップ・ナンバーでのハツラツとした姿と、バラードで垣間見える可憐な一面、彼女が魅せるこのギャップ、クラムボンが10年以上、多くのファンを惹きつけてきた秘訣なのだろう。

ライブ途中のMCで「お昼ご飯にちゃんこ(鍋)が出た!!」と笑顔で語る彼らは、1万人の観客と対峙するミュージシャンというより、近所のお兄さん、お姉さんといった雰囲気だ。だが、プログレッシブ・ロックのように幻想的なサウンドが心を揺さぶる「KANADE Dance」、シンプルな編成のバンドらしい、各人の演奏を際立たせた「GOODTIME MUSIC」、「はなれ ばなれ」では一転して本格的なロック・バンドの顔に戻る。MCで見せる飾らない姿と、冒険を恐れない音楽性、このギャップがたまらない。彼らの代表曲「サラウンド」ではイントロだけで大盛り上がり。10年前の曲さえも新鮮に聴かせるセンスに、彼らが現在進行形のバンドであることを再確認させられる。この曲のテンションのまま、ライブはエンディングの「Re-Folklore」まで一気に駆け抜けた。

アンコールではほかの二人に先駆けてミトだけが登場。3月の震災直後に作られた「312」をギター一本で披露したほか、観客の反響の多さに”作戦タイム”を設けて、セットリストになかった曲まで披露するサービス精神を発揮。この予想外の展開に、観客も配られた座布団を投げて大盛り上がり。この光景、大相撲でも滅多に見られないぞ。

10年選手らしい貫禄と、いつまでもフレッシュさを失わない3人の魅力が存分に堪能できたステージ。国技館が巨大なライブハウスに感じられる2時間半だった。

text by 高野裕介
photo by Yoshiharu Ota / Masako Iwasaki

クラムボン@両国国技館

2011年11月3日(木・祝)@東京都 両国国技館
OPEN 15:30 / START 16:30

セットリスト

1.シカゴ
2.パンと蜜をめしあがあれ
3.ドギー&マギー
4.ジョージ
5.GLAMMBON
6.波よせて
7.はなさくいろは
8.コントラスト
9.便箋歌
10.ナイトクルージング
11.あかり from HERE
12.KANADE Dance
13.GOOD TIME MUSIC
14.はなれ ばなれ
15.サラウンド
16.NOW!!!
17.バイタルサイン
18.Re-Folklore

アンコール
19.312
20.ある鼓動
21.tiny pride
22.雲ゆき

o

 
 

"livereport::livereport"の最新アーカイヴ

LIVE REPORT 2013年1月31日(木) 恵比寿LIQUIDROOM アラバマ・シェイクス
[LIVEREPORT]・2013年02月08日・ 2013年最注目新人、ALABAMA SHAKES! 満を持して遂に待望の初来日 ソウル、ブルース、ロック全てを凌駕する今年最注目新人、ALABAMA SHAKES。先日発表となった第55回グラミー賞のノミネーションでは、最優秀新人賞を含む3部門でノミネート。また、アルバム未収録の新曲「Always Alright」は、第70回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションで主要4部門にノミネートされている映画『世界にひとつのプレイブック』の劇中で使われるなど、実力だけでなくその知名度も広まり始めている。そんな彼らが、初来日公演を行った。満員の会場で、どのようなステージが繰り広げられたのか。その様子を追体験してみてほしい。 Alabama Shakes / Boys & Girls【配信価格】mp3、wav共に 単曲 150円 / アルバム 1,500円1. Hold On / 2. I Found You / 3. Hang Loose / 4. Rise to the Sun / 5. You Ain't Alone / 6. Goin' to the Party / 7. Heartbreaker / 8.
LIVE REPORT マレウレウ祭り@2011/2/13 アサヒ・アートスクエア
[LIVEREPORT]・2011年02月23日・ マレウレウ祭り~めざせ100万人のウポポ大合唱! vol.2~をDSDで是非!MAREWREW / マレウレウ祭り~めざせ100万人のウポポ大合唱! vol.2~レラレラスイスイ〜ハウサー馬追い歌サランぺヤイカテカラ イレッテソンカイノアリアン~アローロカネレンレンEncore : アヨロ〜サーオイワークショップ : みんなでウポポ配信形態1) DSD+mp32) HQD(24bit / 48khz wav)価格 : 1500円(まとめ購入のみ)特典 : オリジナル・フォト・ブックレット付き配信中マレウレウ初のミニ・アルバムMAREWREW / マレウレウ1. SONKAYNO2. HAWSA3. SA OY4. ARORO5. CIKAP6. ARIANオール・アカペラによる天然トランス輪唱!マレウレウ初のミニアルバム。 2/13 マレウレウ×UA@浅草アサヒ・アートスクエア 言葉が生まれる前の世界では、どんな音楽が鳴り響いていたのか? 歌詞に意味はなかっただろうし、意味よりも口から発せられる響きや、リズム、そしてメロディが、様々な感情や自然の風景を表していたのだろう。想像に過ぎないけれど、音楽の原点が
by tripxtrip
LIVE REPORT TRIGGER FES 2013 SUMMER @日比谷野外音楽堂
[LIVEREPORT]・2013年07月15日・ LIVE REPORT 2013年7月6日(土) TRIGGER FES 2013 SUMMER 「学生の、学生による、学生のための野外フェス」を開催するという目標を掲げ、2011年に結成されたTRIGGER FES実行委員会。団体発足から3年が経ち、ついに日比谷公園の野外大音楽堂を使って、7月6日に3000人規模の野外フェスを開催した。今回はそんな「TRIGGER FES 2013 SUMMER」のレポートをお届けしようと思う。 当日は運営する学生たちの熱意も相まって、フェス日和の快晴を飛びこえ、気温35度の猛暑日となった。今回のトリガーフェスでは日比谷野外大音楽堂だけでなく、日比谷公園にれの木広場も使用。飲食、物販などのテントが立ち並び、賑わいを見せていた。広場内に設置された“トリガースクエア”と名づけられた特設ステージでは、各大学の音楽サークルが音を鳴らしており、お祭り気分に浸ることができる。また、ゲスト・アーティストとしてハルカトミユキや関取花も出演。日比谷公園での演奏はチケットが無くても観覧可能であったので、太っ腹だなあと思った。 リストバンドを受け取り、いざメイン・ステージの日比谷野外大音楽
by 絵奈
「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドによって熱演!!
[LIVEREPORT]・2014年01月22日・LIVE REPORT「One Night Re:Birth Again」 | 「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドが熱演!! 文 : 滝沢時朗 / 写真提供 : 葛西龍 「ロマサガ」ほど音楽とゲームの結びつきが強い作品もないだろう 「ロマンシング サ・ガ」(以下「ロマサガ」)シリーズなどの作曲で有名な伊藤賢治(以下、イトケン)。2013年2月に彼のゲーム音楽をリアレンジし、バンドで再現したライヴ「One Night Re:Birth」が行われた。そのライヴの好評と、2014年2月26日に発売する新たなるアレンジ・アルバム『Re:Birth Ⅱ-閃- / “SaGa” Battle Arrange』を受けて、1月18日に再演ライヴ「One Night Re:Birth Again」を開催。前回の「One Night Re:Birth」は「聖剣伝説」シリーズと「ロマサガ」シリーズからの選曲だったが、今回はすべて「サガ」シリーズからの選曲だ。 会場は新宿文化センター大ホール。2013年の日本橋三井ホールの収容人数を上回り、座席で1800人ほど。それでも、チケットは売り切れ、会
by 滝沢 時朗
LIVE REPORT 2013年12月12日(木) 禁断の多数決 〈宇田川の禁断の多数決〉@渋谷WWW
[LIVEREPORT]・2013年12月18日・ 2013年12月12日@渋谷WWW 『宇田川の禁断の多数決』ライヴ・レポート 先月に2ndアルバム『アラビアの禁断の多数決』をリリースした禁断の多数決が、渋谷WWWにて国内初ライヴ〈宇田川の禁断の多数決〉を開催した。この日の渋谷WWWはデコレーション・ユニットであるOleO(R type L)とVJを加えた総勢14名による装飾で神秘的に染められていた。アンティーク風の街灯とゴールドのカラーボール、トナカイの骸骨をあしらったシルバーのマイク・スタンド(よく見るとトルソーで出来ている! )、天井には白い布がかかっており、細かな繊維が蜘蛛の糸のようだ。クリスマスとハロウィンの中間のような空間は、まるでホーンテッド・マンションの世界に迷い混んだような気分にさせられ、開演前から人々の期待をぐっと押し上げた。 オープニング・アクトとして登場したサイボーグかおりは、その美しい容姿から発せられたとは思えないドスの効いた声でヒューマン・ビート・ボックスを披露し、マイケル・ジャクソン「スリラー」などを披露。それに呼応するかのように、ゾンビ・メイクを施された姿でゆらゆらと現れた禁断の多数決のメンバーたち。中心人物・ほうの
by 梶原 綾乃
LIVE REPORT 2013年11月22日(金)〈SEBASTIAN X 『Power Of Noise』リリース・ツアー・ファイナル〉@リキッドルーム
[LIVEREPORT]・2013年12月13日・ SEBASTIAN X 『Power Of Noise』リリース・ツアー・ファイナル 11月22日。ワンマン・ライヴとしては最大キャパシティとなる恵比寿リキッドルームで、SEBASTIAN Xの『POWER OF NOISE』レコ発ツアー最終公演が行われた。世間一般には“いい夫婦の日”といわれることが多いこの11月22日。しかし永原真夏(Vo)にとっても特別な意味を持つ日だという。1stフル・アルバム『FUTURES』に収録されている、「日向の国のユカ」という曲は、永原が実際に飼っていた猫を歌ったものだ。その猫の“ユカ”は、ちょうど2年前のこの日に亡くなったという。特別なこの日に、特別な大舞台に立って歌う。この日だからこそ、歌えるものがある。“いいにゃんにゃんの日”である11月22日、恵比寿リキッドルームにはどんな歌が響き渡るのか。 開演時間の少し前に会場に入ると、人の熱気に圧倒された。かなりの数のお客さんでフロアは埋め尽くされている。場内はざわめきたっていて、どの顔もいまかいまかと待ちきれないほど期待しているのが見てとれる。開始時間を10分ほど過ぎたとき、ふっと暗転。SEが流れると自然に手拍子が沸き
LIVE REPORT 2013年11月10日(日)〈TOKYO BOOTLEG -7th anniversary party-〉@新木場STUDIO COAST
[LIVEREPORT]・2013年11月19日・ 『TOKYO BOOTLEG -7th anniversary party-』@新木場STUDIO COAST J-ROCKを筆頭に、アイドル、ボカロ、アニソンまで、日本中に眠るポップかつ良質なナンバーをかけまくるDJ&LIVEパーティー『TOKYO BOOTLEG』。近年はフランスや香港にも進出を果たしたこのパーティーが、旗揚げ7周年を記念した一大イヴェントを新木場STUDIO COASTで開催した。駆けつけたのは、GOING UNDER GROUND、BiS、Wienners、みそっかす、大森靖子、きのこ帝国、BELLRING少女ハート、THE イナズマ戦隊といった充実の面々。パーティーを主宰するDJ O-antは以前、OTOTOYの取材に対して、「J-ROCKっていうのはどこの国にもない音楽で、誰にも恥ずかしがることはないと思う」と語ってくれた。そんな彼の姿勢は、STUDIO COASTという巨大な会場を前にしても変わることはない。今、東京の最先端で何が起こっているのか。現場の熱気を閉じ込めたライヴ・レポートをお届けする。 日本の音楽を、胸を張って誇りたい。その思いから誕生した邦楽DJパーティー
LIVE REPORT
[LIVEREPORT]・2013年11月15日・ 2013年9月17日(火)大森靖子月例実験室 大森靖子生誕カウントダウン@高円寺円盤 第1部 9月17日。この日は、ほかでもない大森靖子の誕生日の前日である。こんな特別な日に、彼女が毎月開催している月例イベント「大森靖子月例実験室」の一環として、高円寺・円盤で「大森靖子生誕カウントダウン」が行われた。開演予定時刻から20分ほどすぎた19時50分頃、会場に到着。幸い、ライヴはまだはじまっていないようだ。この高円寺・円盤での大森のライヴは、足を運ぶたびに客席の密度が増している。この日は特に、生誕カウントダウンということで、大森の誕生日を祝おうと多くの人があふれていた。受付には、大森が連載中の雑誌「FRIDAY」から贈られた花が飾られている。また、入場時には大森からお客さんに、彼女からのプレゼントが配られた。缶バッジや髪飾りなど、大森自身がこの日のために用意したものらしい。 大森は、普段はピンクや黒を基調にした衣装を着ていることが多いが、この日は白いワンピースにクリーム色のカーディガンを羽織っていた。落ち着いた清楚な雰囲気の服もとても似合っている。彼女は、ステージで準備をしながらお客さんと談笑している。そんな
by 純三
筆者について
高野 裕介 (Yusuke Takano)

東京都在住の音楽好き。中学生のときに、電気グルーヴにはまって以来、マリリン・マンソンにTLC、カーティス・メイフィールドにジミー・スミスと、次々に音楽の趣味を広げて今に至る。

俺の明日はどっちだ!?

同じ筆者による他の記事