大阪が誇る笑いと哀愁を背負ったグッド・シンガー、奇妙礼太郎。何度も高音質ライヴ音源を配信したり特集で彼のリリースを追いかけたりと、OTOTOYでも大プッシュ中の彼が遂にデビュー・アルバムをリリース! 彼の泣き声のような歌い声と発される言葉が際立つソロ・サイドと、幸福感とグルーヴ溢れる演奏でライヴではおなじみの面々、トラベルスイング楽団とのバンド・サイド、両方を収録する今作。ソロ・サイドには石井マサユキ(TICA)、井上富雄、GENTA、渡辺タカヒロがバック・バンドに参加。ゲスト・ミュージシャンに片寄明人(GREAT3 / Chocolat & Akito)や金原千恵子も迎えている。聴く者を確実に惹きつける彼の人間力溢れる歌声を、ソロ/バンド、両側の面からお楽しみください!

奇妙礼太郎の魅力を十二分に味わえるデビュー・アルバムにしてベスト・アルバム!!!

奇妙礼太郎 / GOLDEN TIME

【Solo Side】
1. 君が誰かの彼女になりくさっても / 2. 機嫌なおしておくれよ / 3. イルミネーション / 4. めまい / 5. 45回転 / 6. サン・トワ・マミー / 7. 天王寺ガール

【奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 Side】
8. INTRO / 9. タンバリア / 10. 機嫌なおしておくれよ / 11. このすばらしき世界 / 12. NEWYORK / 13. オー・シャンゼリゼ / 14. ルージュの伝言(Bonus Track)



彼は天才か? それともただの変わり者か?

古くは上田正樹、最近ではEGO-WRAPPIN'など、ジャズやソウル、ブルースといった海外の音楽を積極的に取り入れ、自分たちの音楽に昇華させるテクニックには定評がある大阪のミュージシャンたち。その中でも最近、頭角を現してきているのが、精力的なライブ活動と類まれな個性でファンを増やしている奇妙礼太郎だ。

奇妙礼太郎は、大滝詠一や山下達郎といった「海外のロック、ポップスをたくみに取り入れた日本語ポップス」に慣れ親しんだ人にはたまらない、ツボを押さえた曲作りとファンの予想を超えたパフォーマンスで熱心な音楽ファンの目と耳を楽しませてきた。そんな彼が先日発売されたシングル「機嫌なおしておくれよ」とこのファースト・アルバムで、より広い層へアピールすべく、新たなステップに踏み出そうとしている。

デビュー・アルバムの話に入ろう。このアルバムは彼の歌声とメロディ・センスにスポットライトを当てたソロ作品と、彼のライヴではおなじみのトラベルスイング楽団との競演作で成り立っている。ソロ・サイドはTICAの石井マサユキ、井上富雄らによるバンドをバックに、時に切々と、時に溌剌と歌う礼太郎の存在感が印象的。オープニングを飾る、別れた恋人への未練を吹っ切ろうとするかのようにエネルギッシュな歌を聴かせるバラード「君が誰かの彼女になりくさっても」をはじめ、楽器の数を絞ることで、そのキャッチーなメロディと確かな歌唱力を引き出した「機嫌なおしておくれよ」のニュー・バージョン。初期のアイズレー・ブラザーズやRCサクセションを思い起こさせる、パワフルでセクシーなファルセットが快感になるアップ・ナンバー「イルミネーション」、アコースティック・ギターを手にしみじみと歌いこむ「めまい」、「イルミネーション」の路線を踏襲しながら少年時代の音楽体験という対極的なテーマを朗らかに歌う「45回転」、ボブ・マーリーを髣髴させるルーツ・レゲエ風のアレンジを取り入れた「サン・トワ・マミー」が続き、アルバムの最後を飾るにふさわしい、弾き語りの余韻が気持ちいいバラード「天王寺ガール」で幕を閉じる。この作品を聴けば、彼が単なる個性派シンガーではなく本物の実力者であることが理解できるだろう。

一方、トラベルスイング楽団との競演作は、ジョン・コルトレーンに代表されるモダンなジャズのサウンドと、レイ・チャールズのようなセクシーでダンサブルなリズム&ブルースのアレンジを融合させた洒脱な世界観が魅力的だ。スカのエッセンスを盛り込みつつ、軽快なピアノとロックンロールでラフな歌い口の組み合わせが斬新な「タンバリア」、演奏とアレンジをさらに軽快にし、新しい表情を吹き込んだ彼の代表曲「機嫌なおしておくれよ」、ジャズ・ヴォーカルのようなしなやかな歌い口と音色を絞った伴奏がおしゃれなアップ・ナンバー「このすばらしき世界」「NEWYORK」、シャンソンの名曲を、シンプルな編成の伴奏とリズム&ブルース風の歌で奇妙ワールドに取り込んだ「オー・シャンゼリゼ」や、松任谷由美が手がけたジブリ映画の主題歌を、ブラジル音楽のエッセンスを加えた牧歌的なリズム&ブルースに生まれ変わらせた「ルージュの伝言」など、彼のファンは勿論、オールディーズのファンから渋谷系音楽のファンまで、幅広い趣味の人の琴線に響かせる彼の守備範囲を堪能できる。

デビュー・アルバムということが信じられない幅広い世界観と高い完成度。奇妙例太郎の奇妙な世界をあなたも覗きに来てほしい。気づいたころには彼の虜になってるだろう。

(text by 高野裕介)

OTOTOY独占配信! 奇妙礼太郎のバンド/ソロのライヴ音源を高音質で!

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / LIVE at BASEMENT BAR 2011.01.22

【価格】
1)DSD+mp3 Ver.(約813MB)・1000円
2)HQD(24bit/48kHzのwav)・1000円

【ファイル形式】
1)DSD+mp3(約813MB)
2)HQD(24bit/48kHzのwav)(約371MB)
(全5曲収録)

DSDの聴き方はこちら

奇妙礼太郎 / 奇妙礼太郎 TOKYOTOWN LIVE 2011

【価格】
1)DSD+mp3・700円
2)HQD(24bit/48kHzのwav)・700円

【ファイル形式】
1)DSD+mp3(約768MB)
2)HQD(24bit/48kHzのwav)(約315MB)
(弾き語り全4曲収録)

DSDの聴き方はこちら


奇妙礼太郎DISCOGRAPHY

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / 機嫌なおしておくれよ YOGURT&KOYAS REMIX ~Please make your feeling better~

関西が誇るグッド・シンガー奇妙礼太郎率いる、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団。彼らの代表曲「機嫌なおしておくれよ」「Califolnia」をDJ Yougurt & Koyasが自ら志願しリミックス!! 後半4~8曲は京都の名物フェス「ボロフェスタ2010」でのライヴ・テイクを、笑い声もそのままに収録。ゆるいのに強く惹きつけられる。温かな奇妙礼太郎の歌声をお楽しみください。

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / キング オブ ミュージック

圧倒的な歌声で人の度肝を抜き、のらりくらりとしたへらへらのMCで人を拍子抜けさせる奇妙礼太郎と、彼の声に寄り添いつつも時に彼以上に自由奔放にふるまうバンド、トラベルスイング楽団。彼らのファースト・アルバムがここに! でたらめなようで、歌うことには誰よりも真摯。にやり笑ったかと思えば泣きそうな顔をして歌う。奇妙礼太郎の魅力を存分に味わえるこの1枚を聴き逃すな!

V.A. / VELVET SONGS

七尾旅人、曽我部恵一、Chocolat & Akito、bird、Wyolicaら13組のアーティストが、様々なアプローチで歌い上げた、豪華カヴァー・アルバム。日本の良質なボップスを数多く送りだしたアルファ・レコードより、荒井由実、吉田美奈子、ガロ、ハイ・ファイ・セットら初期の作品にフォーカスをあてた、新しくも懐かしくもある一枚。

LIVE INFORMATION

祝! 奇妙礼太郎生誕35周年記念式典!
2011年9月12日(月) @心斎橋BIG CAT

奇妙礼太郎 ミニライヴ&サイン会
2011年9月16日(金) @TOWER RECORDS梅田NU茶屋町店 6Fイベント・スペース (※奇妙礼太郎ソロ)

奇妙礼太郎 GOLDEN TIME 発売記念ライヴ
2011年9月23日(金・祝) @代官山UNIT

奇妙礼太郎&松井くんと上田くんとサヨナラバイバイズ ミニライヴ&プレゼントお渡し会
2011年10月7日(金) @TOWER RECORDS難波店 4Fイベントスペース (※奇妙礼太郎ソロ)

2011年9月9日(金) 「9.9 KYKK 1万人が集まる夏の終わりの大宴会@神戸」@クラブ月世界
2011年9月18日(日) 「プリズム・ミュージック・ウェイブ'11」 @八尾プリズムホール
2011年10月1日(土) @福岡spiral factory
2011年10月8日(土) 「トヨロックEVE」 @豊田dope lounge / SON HOUSE
2011年10月9日(日) 「トヨロック」 @豊田スタジアム
2011年10月23日(日) 「ボロフェスタ」 @京都KBSホール
2011年10月23日(日) @十三ファンダンゴ

PROFILE

奇妙礼太郎
アニメーションズ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、ALPS! などのボーカルとして活動中。泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団
大根! 人参! ロックンロール! くよくよしようぜ! シナトラ気取りのフリークスとガラスのハートにワサビを塗りすぎた5名から10数名のキンキー・ミュージシャンズが、春の入学 & ファースト・キッス・シーズン、微熱なフォーエバー・ヤングスに贈る、ソフト問題児×ハード迷子な栄光のオープン・チャック・集団ダンス・ミュージック! 南コロンビアのチョコな路地裏から聞こえる薫り高いトランペット & ボーンにニューハンプシャーのファットな高級マンションからこぼれるスリンギーな鍵盤をシェイクした千客万来のビッグ・ダッチ&モブサウンズ! つかめグラミー賞4部門! 100万光年のファンタスティックな夜、あまりある情熱はたぶん太陽のわすれもの!

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く――注目の新人バンド・Wanna-Gonnaの初EP
[CLOSEUP]・2017年09月28日・ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く──注目の新人バンド、Wanna-Gonnaの初EP 時代や、そして洋・邦の垣根すらも超える普遍的サウンドを鳴らすバンド、Wanna-Gonna。〈FUJI ROCK'16〉への出演をはじめ、現在インディ・シーンで注目を集めている。先行でリリースされた7inch シングル「New Town」を筆頭に、ほっこりと落ち着いた気持ちになれるような良質な音楽を詰め込んだアルバムがやってきた!! ポップスの魅力に立ち返らせてくれる1枚を、レヴューと合わせてお楽しみください。 待望の1stミニ・アルバム!Wanna-Gonna / In the Right Place'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 1,200円(税込)【収録曲】''01. Three Miles02. Run High 03. Nicaragua,1979 04. New Town 05. Transmitting End 06. Man in the Right Place 【REVIEW】W