8/18(木)リリース! HAIIRO DE ROSSI@『40分』のライヴ音源

2011年7月に新作『forte』をリリースしたHAIIRO DE ROSSI。OTOTOY×MOROHA×新宿MARZ企画のヒップ・ホップの概念ぶち壊しイベント『40分』で魅せたライヴ・パフォーマンスを8/18(木)よりOTOTOY独占配信決定! HAIIRO DE ROSSIのレーベル・メイトであるTAKUMA THE GREATも登場したこの日のステージは、当初の予定時間を大幅にオーバーするほどの両者のライヴにかける熱い思いがビシビシと伝わってくる圧巻のライヴとなった。彼らに呼応するように、オーディエンスの熱気に包まれた会場の様子とともに臨場感たっぷりにお届けします。

photo by yukitaka amemiya

HAIIRO DE ROSSI / HAIIRO DE ROSSI at 新宿MARZ『40分』

【配信形態】
1) DSD+mp3 (320kbps)
2) HQD (24bit / 48kHz wav)

★当日の様子がコンパイルされたオリジナル・デジタル・フォト・ブックレット付き

>>>DSDの聞き方はこちら

【価格】
各1200円(※アルバム購入のみで単曲販売はありません)

【トラックリスト】
01. Intro ~ 冬Jazz Inst
02. Smoky Lounge
03. Goodbye Kidz HipHop
04. Nasty Jazz
05. Blue Dust
06. Jam&Butter
07. S.K.I.L.L.Z feat TAKUMA THE GREAT
08. MC
09. HOOLIGANZ CAMP feat.TAKUMA THE GREAT&オロカモノポテチ
10. 月光睡蓮
11. Drug Ballad
12. A Part Of 7days Drama feat.TAKUMA THE GREAT
13. SAME SAME BUT DIFFERENT

Recorded & Mixed & Mastered by 葛西敏彦
Recorded at 新宿MARZ 2011.06.11
Recorded & Mastered by KORG MR-2000S DSD recorder
Photos by yukitaka amemiya

【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致しま>す。7-Zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
7-zipのURLはこちら
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

HAIIRO DE ROSSI Works

PROFILE

流麗なJAZZ HIP HOP Album『TRUE BLUES』でデビュー。一時は品薄で3倍以上の値段でオークションされる。そして2010年に発表した2nd Album『SAME SAME BUT DIFFERENT』は東京の老舗Wenodの上半期Best Disc及び国内ベスト・セラーに、HMVでは上半期HIP HOPランキング7位に選出。この2枚を発表後Slye Recordsから独立。forte(フォルテ)を立ち上げ盟友TAKUMA THE GREATを世に送り出す。センセーショナルなその活動はbmr.jpやTower Records/Bouce.com。そしてele-kingで大きな反響を巻き起こしたインタビューでは『ヒップ・ホップ・アゲインスト・レイシズム』等と称される。その後、朝日新聞のインタビューまでをも受ける事となる。各地のホンモノ達との共演や客演作品のリリース。はたまたBEEF騒動など、話題に事欠くことの無かったこの男が2011年、自身のレーベル名を冠に3rd Album発表をコール。

HAIIRO DE ROSSI official Blog

そして『40分』は続く。text by アフロ(MOROHA)

いよいよ『40分』、第3回目まで一ヶ月をきりました。ここで、今まで2回の「40分」を開催した中で皆様からいただいた感想と、自分が感じた事を書きたいと思います。

正直、かなり辛辣な意見もいただきました。やっぱりヒップ・ホップは苦手だと言って帰っていったお客さん、目当てアーティストを見て帰ってしまう人、DJ TIMEがないと物足りないと言う人。多少は覚悟はしていましたが、それはぶっちゃけ想像以上でした。しかし、そんな中、「良い! 」と言ってくれる人の熱意は半端じゃなかった。なんなら目がギラついてました。その中には初めてラッパーのライヴを見た人も沢山いました。めちゃめちゃハマる人と全くハマらない人。感想は綺麗に真っ二つです。そして俺はそれで良いと思っています。勿論、一度ステージに立ったら全ての人に伝わるように、全員ぶっ飛ばすつもりで望んでいますが、「イベント」となると話は別かなと思うのです。

振り返れば昨年の冬。その日初対面のだったOTOTOYのプロデューサーの飯田さん、それから新宿MARZ店長の平さん、2人を前に鼻息粗くこのイベントのコンセプトをプレゼンした日から、準備期間を経て、2回の『40分』を開催して今日この瞬間まで一度もブレず思い続けている事があります。

それは、「絶対、どこかにあるようなイベントはやりたくない」という事です。

はっきり言ってしまえば、DJが聞きたきゃ他に行けと。もうこのイベントはラッパーの"エゴ"でしかないんだと。そういう事なんです。そしてその"エゴ"で、来た奴全部納得させる。それが俺のこのイベントにかける想いです。ライヴが長くて疲れると言われたら、それはイベント・コンセプトのせいじゃなく演者の力不足。逃げ場がない舞台で、どれぐらい俺達がやれるのかを見て欲しいんです。だから『40分』は何一つ変わりません。このまま突っ走ります。第3回目の出演者は、キリコ、イスギ、撃鉄、そしてMOROHA。ライヴ時間は40分。9月17日深夜、新宿MARZでお待ちしています。是非! (Text by アフロ(MOROHA))

>>>『40分』開催の表明文を読む!

o

 
 

ライヴレポート

演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年08月01日・演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバムを予約受付開始! フェスへの多数出演経験、海外公演を行うなど精力的活動を見せる彼らが、2017年8月23日、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS』をリリースする。その発売とリリース・ツアーに先駆け、渋谷WWWにて先行レコ発ライヴ〈Nabowa Drawing〉を決行。OTOTOYでは今作の独占ハイレゾ配信を予定。現在予約受付中です、おたのしみに! OTOTOYにて独占ハイレゾ配信! 予約受付中! Nabowa / DRAWINGS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム販売のみ 2,300円(税込)【収録曲】1. Slipper de2. Ping Pong3. Ooh la la4. My Heartbeat (Belongs To You) [feat. Naz Yamada]5. Casablanca6. Af-roman7. Bell8. Seven Seasons9. Swan10. U411. Precious Mome
胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月04日・胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始 2017年7月18日、渋谷O-nestにて“ふたりの文学”による自主企画〈ふたりの文学〜二綴り目〜〉が開催された。このライヴは彼らの2ndシングル『シティライナー』のリリース・パーティーとして開催された。「東京を感じさせる日」をテーマに、表現の仕方は違いつつも、つねに“気持ちのいい”音楽を届けている3アーティストが揃ったライヴとなった。OTOTOYでは本公演のライヴ・レポートをお届け。と、ともに会場と通販でリリースし、すでにソールドアウトしていた、ふたりの文学の1stシングル『わだかまりの秘密』を配信開始。さらには、2017年8月4日から8月10日までの期間限定でリード曲「わだかまりの秘密」のフリー配信も。ぜひライヴ・レポート、楽曲ともにお楽しみください。 通販で即完売した音源がOTOTOYで待望のリリースふたりの文学 / わだかまりの秘密'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 円(税込) / まとめ 円(税込) 【収録曲】''1. わだかまりの秘密2. 偏西風のあの人
by 阿部文香
300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信
[CLOSEUP]・2017年07月06日・300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信 2017年6月30日、Helsinki Lambda Clubが自主レーベル、Hamsterdam Recordsの設立記念として、ワンマン・ライヴを行った。開場から開演までの間も、来場特典や上映会、型抜き大会などなど、お楽しみ企画が盛りだくさん。ヘルシンキなりのユニークなおもてなしで、渋谷WWWは開演前から大賑わい。様々なバンドと対バンして、成長した彼らがワンマン・ライヴで見せてくれるのはどんな景色なのだろうか。ライヴ・レポート掲載と同時に、Hamsterdam Records第1弾作品『split』から2曲を配信開始! 盟友、tetoとの相乗効果でさらなる磨きをかけた圧倒的センスを存分に体感して欲しい。 ブラーvsオアシスを予感させるスプリットの最高傑作Helsinki Lambda Club & teto / split'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 432円(税込) 【収録曲】''1. Ki
by 宮尾茉実
底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[CLOSEUP]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
3週間に渡る、CHAIのドタバタ全米8都市ツアーを現地レポート!
[CLOSEUP]・2017年04月03日・ニュー・エキサイト・オンナバンドCHAIが3週間のドタバタ全米ツアーより帰ってきた! 現地レポート到着! 奔放な楽曲とパフォーマンスと卓越した演奏で話題騒然の『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAI。ある日突然Spotify UKチャートランクインするなど、まるで冗談のような快進撃でなにかとお騒がせな彼女たち。 昨年10月に行われたSony MusicとJapan Niteが主催する〈グランプリ、いきなり米国フェス出演オーディション〉にて見事グランプリを獲得したCHAIは、その特典として3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行した。 かつては世界で随一の音楽見本市にして、今年はミュージック以外にもインタラクティブ、フィルム、ミュージック、コメディの4部門が催される年に一度の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2017」。「世界3位になってグラミー賞をとる」という半ば矛盾している夢を掲げる彼女たちにとって、今回が初の海外公演であり、そこにかける思い
GOODWARP、日本のポップスの頼もしさと可能性を見せたツアーファイナル
[LIVEREPORT]・2017年03月19日・【ライヴレポート】日本のポップスの頼もしさと可能性が見えた! GOODWARPツアーファイナル ふらっと立ち寄った本屋にはいく種類ものボブ・ディランについての本が平積みされていた。彼がノーベル文学賞をとったことは、彼を知らなくても事実として知っている人も少なくないだろう。彼の書く歌詞の世界観や深みは世界中の人々に評価され、受賞に至ったわけだが、やはり日本人である私たちは『母国語』として理解することはできないという言葉の壁を痛感させられる。歌詞の意訳や、翻訳というものもあくまで解釈の一端であり、彼の言葉全てを受け取るというものでもない。なんだかなあといった気持ちで本屋を後にし、代官山UNITへと向かった。ライヴハウス前にはGOODWARPのツアー千秋楽を心待ちにしているファンが長蛇の列を成していた。 テキスト : 宮尾茉実写真 : 後藤壮太郎 REPORT 2017年3月16日、時刻は19時半をすぎ、会場が暗くなりライトが照らせれると、ステージ上にはメンバーのシルエットが大きな幕に映し出された。「レイニー白書」が披露され幕が降りると電飾に身を包んだGOODWARPの姿が現れる。CD音源化されていないが彼らの
by 宮尾茉実
Suchmos、全国18箇所をめぐるツアー〈TOUR THE KIDS〉を定期レポート
[REVIEW]・2017年03月15日・Suchmos、全国18箇所をめぐるツアー〈TOUR THE KIDS〉を定期レポート Suchmosが、2017年3月2日(木)のclub Lizard YOKOHAMAを皮切りに全国ツアー〈TOUR THE KIDS〉をスタートした。2017年1月25日リリースのアルバム『THE KIDS』を提げ、全国18箇所をめぐる旅に出た6人のメンバーたち。2016年は14本の夏フェスに出演、フジロックフェスティバルのホワイトステージでも圧巻のライヴ・パフォーマンスを見せつけ、その存在感と実力を示した彼らの旅の様子をOTOTOYでは定期的にレポート。各地に足を運びその様子を写真とともにお届けする。 >>ツアー初日、2017年3月2日(木)@club Lizard YOKOHAMA>>ツアー6日目、2017年3月15日(水)@高崎club FLEEZ 間違いなくジャンルレスな決定作 Suchmos / THE KIDS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 2037円(税込)【収録曲】1. A.G.I.T.2. STAY TUNE3
by 西澤 裕郎