ついに完成! 福岡の雄folk enoughが、ニュー・アルバム『DISCO TAPE』をドロップ。先行シングル「Mario」のフリー・ダウンロードで多くの話題を呼んでいる中で、満を持してのリリースとなる本作は、ベースに柴田剛を迎え、新体制での2年間の巡業の末に辿り着いた、雑多な音楽性を詰め込んだ極上のポップ・ミュージック集。レーベルe.g.recordの主宰、また音楽イベント「総決起集会」を10年に渡り主催するなど、名実共に福岡の音楽シーンを先導してきた彼ら。福岡が、日本が誇るオルタナティヴを、その耳で確かめてみてほしい。

folk enough『DISCO TAPE』

【TRACK】
1. Helloonanie / 2. Bach / 3. Mario / 4. Rock'n Roll Sunday / 5. New Lithm / 6. A.Y. / 7. Swingoutman / 8. Banana / 9. Elocity / 10. Mr.Bigman / 11. Folk in N.Y.C. / 12. Oh!Shine! / 13. Bomb Ahead

※アルバム購入者には、2011年1月23日(日)に下北沢THREEで行われた東京初ワンマン・ライヴ『folk enough one man show -DISCO TAPE-』から、LIVE音源(Rock'n Roll Sunday、LOVE TRAIN、mamashit)をボーナス・トラックとしてプレゼント!


SPECIAL DISC REVIEW

*本頁では、岡村詩野音楽ライター講座の受講生のお二人に寄稿いただきました。

アンサンブルとして成立するか・しないか

「解体」とは、骨をさらす作業である。虚飾にまみれ、上っ面ばかりが厚くなってしまった成れの果てから、一枚一枚その化けの皮を剥がし、本来あった姿を取り戻し、その本質を回復する。これを崩せば成立しなくなる、というギリギリの状態まで素っ裸にする。それゆえに、うまいことやりおおせれば、失われていた骨、つまり本質となるものが、純度の高い状態でその姿を現すこともある。folk enoughの新作『DISCO TAPE』。瓦解寸前の綱渡りブルース・ジャム「A.Y.」で、彼らはその瞬間を垣間見せる。

チープな音色のギターによって、古典的なブルースのフレーズがつま弾かれ、曲は始まる。のっけからリズムはよれよれで、聞き取り不能な英語の(ような)歌も投げやりだ。そこに恐る恐る近づいてくるドラム、ベース。演奏がズレようがズレまいがおかまいなし。しかし、キメるところは、キメる。一見ダラダラしているようでいて、その実、3人が緊迫した面持ちで互いの出方を探り合っている様子が浮かんでくる。アンサンブルとして成立するか・しないかの境界線上で、「絶妙な『間』こそが音楽である」と言わんばかりに、空間をスカスカにしてみせる。この危なっかしさ、そしてスリル。そこに確かに存在する骨。それは何か?
ブルース。自分の気が済むまで延々と繰り返しができる、ブルース進行という不思議な曲構造。12というただでさえ中途半端な小節数である上に、それも気分次第で一つや二つ増えたり減ったりする。当然、リズムも一定ではなく、伸びたり縮んだりする。そんな自由奔放な、文字通り「型破り」なブルースという音楽への愛が、この曲から滲み出ている。譜面に沿ってそつなく演奏するような、凝り固まった予定調和ではない、その場限りの「一回性」。その瞬間のドキュメントが「A.Y.」である。

ところで、アルバムからの先行シングル的な扱いであるフリー・ダウンロード曲は、なぜか涼しげなネオアコ・チューン「Mario」である。この曲にうっかり惹かれてしまい、アルバムを(ある意味間違えて)購入したリスナーが、中毒性の高いfolk enoughの世界にどっぷりハマってしまうか、あるいは、しかめっ面をするか。その姿を思い浮かべるのが、少し楽しくもあったりする。(text by 青野慧志郎)

全てを表現できる強度

音楽というのはムードや感情を引き起こすもので、それが伝わった時の衝撃は本当に大きい。folk enoughのアルバム『DISCO TAPE』ではロック、フォーク、ブルース等様々なジャンルを参照点とし折衷的でありつつも、そこに独自の解釈を加えて唯一無二の音楽として奏でている素晴らしい作品だ。しかし僕が本当に美しいと思った点は、冒頭のスネアの連打やアルバムの随所で見られる音程やリズムの揺れ、変拍子、そしてデモの様な質感を持つサウンドでこのバンドが伝えようとしているムードや感情にある。

最近のアーティストはサウンドに対するセンシティビティがまったくないのではないかと思う事がある。どのアーティストのどの作品を聞いても同じ様なミックスで同じようなサウンド。まるでそのアーティストや録音したスタジオの持つ素晴らしい個性、そして声や楽器の持つ美しさが持つ差異を丁寧に消し去る為にレコーディングを行っているのではないかとすら思えてくる。それらはアーティストやエンジニアの経験の無さ、主張の無さ、情熱や愛情の無さをかばう為に発展した退屈なレコーディング技術によって忘れ去られていってしまったものなのかもしれない。そして、腹が減ったという理由だけでものを食べる人もいれば、味を楽しみながら食べる人もいるように、音楽の聞き方もいろいろあると思うが、我々リスナーもいつしかそれに慣らされ、サウンドの持つ質感やアーティストの差異にすら注意を払わなくなってしまっていっているのではないか。

ビートルズを例に挙げれば僕はアンソロジー・シリーズが一番好きだ。荒削りでエネルギッシュで即興性のあるビートルズのレコーディングを聴けばジョージ・マーティンがビートルズの作品をいかにオーバー・プロデュースし、ありふれたものになってしてしまったのかを感じる事ができる。どんなに素晴らしいレコーディング・スタジオで録った音より、スタジオ・ライヴやデモでリラックスした環境の中で作った音楽が全然良かったりする。そのアーティストの本質的な美しさをダイレクトに伝えてくれる事がある。folk enoughのサウンドを聞いてまっさきに思い浮かべたのはこのアンソロジー・シリーズだった。サウンドという視点は、時にテキストやビジュアルよりも雄弁にアーティストが持つ感性や美しさを語るものであり、同時にそれらを持ち合わせていない事もダイレクトに伝えてしまう。だからこそ現代ではその視点は執拗にリスナーの目から排除され隠されている。folk enoughの作品やライヴが素晴らしいのは、サウンドを含めて全てを表現できる強度を持つ事が、「音楽というものはずっと昔からこうだったのだ」という当たり前の事をサウンドの力で語ってしまっている点にあるのではないかと思う。(text by 笹村祐介)

RECOMMEND

Rain Dance

2008年発売のアルバム。結成10年を越え、ジャンク、変拍子、ポップ・ロック、ブルースを通過してきた彼らが本作で行き着いた先は、4ビートへのアプローチとギター・サウンドへの回帰。AMERICANAからBIG BEAT、彼ら特有の、WRIGHT WEIGHTなIN BEAT POP ROCKも健在。彼らの探求心は止まる事を知らない。

LIVE HOLE 2005

2005年のLIVEを収録したベスト盤的ライヴ・アルバム。ホームであり、福岡インディー・シーンの聖地decadentDELUXEでのライブをはじめ、東京ツアー・秋葉原GOODMANでの名演、そしてもはや伝説になりつつある福岡ベイサイド総決起集会での「A.Y.」まで収録。全25曲の特大ヴォリュームで、彼らのライヴ・サウンドを体感できる。

ライヴ版発売決定!

1月23日に下北沢THREEにて行われた、folk enoughのワンマン・ライヴ『folk enough one man show -DISCO TAPE-』の模様を、高音質のDSDとHQD(24bit/48kHzのWAV)の完全版で配信することが決定! リリースは3月中旬を予定しています。お楽しみに!

LIVE

folk enough レコ発インストアライブ
日時:3月13日(日) 15:00-
場所:タワーレコード福岡店3Fイベントスペース
■イベント参加特典
NEW ALBUMお買い上げの方でサイン会参加
※参加券の配布はなし

『DISCO TAPE』 release party!
2011年4月10日(日)@新代田FEVER
(東京都世田谷区羽根木1-1-14 新代田ビル1F)
OPEN : 18:00 / START : 18:30
ADV. 2000円 / DOOR 2500円
【live】
folk enough
PANIC SMILE
Limited Express (has gone?)
おとぎ話
ticket : ローソン・チケット / L-77803
新代田FEVER TEL : 03-6304-7899

『DISCO TAPE』 release tour!
3月5日@黒崎MARCUS
3月12日@熊本NAVARO
3月19日@京都nano
3月26日@名古屋K・D ハポン
3月27日@京都METRO
4月24日@佐賀RAG-G
4月30日@山口印度洋
5月21日@大阪HARD RAIN
5月22日@神戸HELLUVA LOUNGE

folk enough PROFILE

福岡が生んだジャンク・ブルース・ロックンロール・バンド。そのD.I.Y.精神に富んだバンド活動は多くのバンドからの注目、リスペクトを受ける。ビクター傘下のCOLLA DISCから2枚のアルバムと2枚のミニ・アルバムをリリース。くるりやズボンズ等を虜にし、3rdアルバム『BLUES』は、ミュージック・マガジンで満点の評価を得た。その後、自主レーベルe.g.recordを立ち上げ、LIVEアルバムと4thアルバムをリリース。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月22日・6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信 yu、aoi、airiの新メンバー3人を迎え、6人体制で活動をスタートしたエレクトリックリボン。そんな彼女たちが5月30日にニュー・シングル『Twinkle in you』を箱レコォズよりリリースする。表題曲「Twinkle in you」、およびカップリングの「春色ドロップ」は、前作「アイライン」に引き続き、女の子のための女の子のレーベル「花とポップス」のあーたが作詞・作曲を担当。また、3曲目には現在のメンバー6人でレコーディングし直した「アイライン」の新バージョンを収録。「変えていくんだよ」と決意を歌う同シングルをOTOTOYでは1週間先行配信するとともに、6人へのインタヴューを掲載。新たなエレクトリックリボンをどこよりも早く感じてみてはいかがだろう。 箱レコォズよりリリースされる最新シングルを1週間先行配信エレクトリックリボン / Twinkle in you(24bit/48kHz)【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC 単曲 250円 / まとめ 1,000円【Track List】1. Twi
by 西澤 裕郎
新編成で送りだすYogee New Wavesの新たな“波”の響き
[CLOSEUP]・2017年05月18日・新編成で送りだすYogee New Wavesの2nd──やつらの新たな“波”をとらえろ 1st『PARAISO』で高い評価を受けたのち、メンバーの脱退や加入などを経て、ついにYogee New Wavesが2ndアルバム『WAVES』を完成させた。約2年半振りのフル・アルバムは、そう、とにかく2017年の夏、この国のインディ・ロックを象徴をアルバムのひとつになるだろう。これまでシングル・カットされてきた楽曲も含めて、全曲捨て曲なしの11曲が詰まったアルバムだ。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバムまとめ買いで歌詞PDFが付属する。ということで、また記事では、Yogee New Wavesのことが好きすぎるOTOTOYスタッフ、23歳、鈴木雄希による熱血のロング・レヴューをお送りしよう。 アルバムまとめ買いで歌詞PDF付きYogee New Waves / WAVES(24bit/96kHz)'【Track List】01. Ride on Wave02. Fantasic Show03. World is Mine04. Dive Into the Honeytime05. Unders
by ?
内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン
[CLOSEUP]・2017年05月17日・2つの顔をもったミュージックスペースーー神楽坂に誕生した「神楽音(カグラネ) / KGR(n)」の全貌に迫る 自らの音楽活動のみならず、インディーズ・レーベル「kilk records」、ライヴハウス「ヒソミネ」、カフェ「bekkan」を立ち上げ、次々と新たなチャレンジを行っている森大地。昨年秋にAureoleを解散して新バンド「Temple of Kahn」を結成した彼が、時を同じくしてオープンさせるのが音楽スペース「神楽音」/「KGR(n)」だ。神楽坂という街、駅から徒歩1分という好アクセス、クオリティを追求した音響システム、洒落た内装と、既存のライヴハウスやクラブとは一線を画すこのライヴスペースは、“新たな音楽シーンを生み出したい”という強い意志を持った仲間たちによって誕生したようだ。今回、立上げに参画した4人ーー森大地、音響システムを担当し株式会社キルクと共同経営であるアソルハーモニクス株式会社代表・森堅一、「神楽音」/「KGR(n)」の店長を務める田中一臣、「KGR(n)」のブランディングを手掛けるmergrimの光森貴久(※ベルリン在住のためSkypeで参加)にお集まり頂き、妥協を一切にしなか
by 岡本 貴之
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.1 アヤ・エイトプリンス&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」スタート!!
[CLOSEUP]・2017年05月19日・GANG PARADE 連続インタヴュー、アヤ・エイトプリンス編「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第1回は、アヤ・エイトプリンス編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」がスタート!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこち
by 西澤 裕郎
エモを爆発させるのは真顔?──柴田聡子が伝えないと死ねないと語る新作に迫る
[CLOSEUP]・2017年05月17日・【期間限定プライスオフ】エモを爆発させるのは真顔?──柴田聡子が伝えないと死ねないと語る新作に迫る 柴田聡子が1年半ぶりとなる4thアルバム『愛の休日』を完成させた。プロデュースに岸田繁(くるり)、山本精一が参加。さらに伊藤大地、かわいしのぶ、石橋英子、どついたるねんなど錚々たるミュージシャンたちと紡いだ柴田聡子の新境地。「これぞ柴田聡子!」な弾き語りからバンド・サウンド、さらにはマシンビートにまで拡大した柴田ワールド全13曲をハイレゾ配信。そして、この素晴らしい作品を少しでも多くの人に聴いてほしいという願いから、5月30日までの期間限定でプライスオフ販売!! 本作について迫った柴田聡子へのロング・インタヴューとともにぜひアルバムをじっくりとご堪能ください。 1年半ぶりの4thアルバムをハイレゾ配信スタート柴田聡子 / 愛の休日【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 2,700円(税込)アルバム価格 2,160円(税込) ※5月30日までの期間限定プライスオフ【収録曲】1. スプライト・フォー・ユー
by 西澤 裕郎
今までにないこの2人組がおもしろい!!ーーセルフ・プロデュース・アイドル、あヴぁんだんど新曲先行配信!!
[CLOSEUP]・2017年05月11日・今までにないこの2人組がおもしろい!!ーーセルフ・プロデュース・アイドル、あヴぁんだんど新曲先行配信!! 非常階段とのコラボレーション・あヴぁ階段やアメリカ・ツアーへの参加、メンバーの個性とセルフ・プロデュースが地上波TV番組でも紹介されるなど、注目を集めているアイドル・グループ、“あヴぁんだんど”。2人組になり洗練され進化し続ける彼女たちが新曲に加え、前シングルを現体制で再録した新バージョンを収録したシングルをリリース。リード曲「Hello!!」は、つるうちはなが作詞・作曲を担当。流麗なピアノの旋律に優しいメロディーが重なり多幸感溢れる仕上がりとなっている。同時収録の「FEVER」にはPLECTRUMのタカタタイスケが参加。OTOTOYでは2タイプのCDパッケージを1つにまとめたスペシャル・パッケージを先行配信。そして、メンバーへのインタヴューをお届けする。 現体制初シングルをCD発売に先駆けて先行配信スタートあヴぁんだんど / Hello!!'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】単曲 270円(税込) / アルバム 1,080円(税込)【トラック・リスト
アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談!
[CLOSEUP]・2017年05月02日・アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談! 地上波のテレビにも登場し活動のフィールドを広げるぱいぱいでか美。「ぼったくり物販」でその名を知らしめた里咲りさ。独自の戦略で熱狂的なファンを多く生み出し続ける絵恋ちゃん。強い個性を放ちながら活動を続ける3人を集めて、鼎談を敢行。ファンとの距離感や、アイドルとしての最終目標など、さまざまなことを語ってくれた。 今回の鼎談に合わせて、ぱいぱいでか美の新作『PPDKM/桃色の人生!』を配信開始。さらに里咲りさが4月にリリースしたトリプルA面シングル『S!NG / 410 / 小年小女』がハイレゾで登場! 音源とともに鼎談をお楽しみください。 約1年半ぶりとなる新シングル! ぱいぱいでか美 / PPDKM/桃色の人生!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 756円 (税込)【収録曲】''1. PPDKM 2. 桃色の人生!3. 言いたいことはありません 4月5日発売のトリプルA面シングルがハイレゾで登場里咲りさ / S!NG/
by 純三
ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年05月10日・ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー! ついにユアソンの新作が出る! 前作『OUT』から約3年半ぶりとなる新作フル・アルバム『Extended』を配信中! この快作を聴かないという選択肢はない! オトトイではリリースを記念して、サイトウ “JxJx” ジュンへのインタヴューを掲載。この『Extended』をつくりあげる苦悩や、今作に対する思いを語ってくれた。 前作『OUT』ではいままでのYOUR SONG IS GOODのイメージを刷新させることに成功した彼らだが、ダンスミュージックへの傾倒はまだまだ止まらない。今回リリースされる『Extended』では、さらに洗練された音楽を鳴らし、聴けば聴くほど気持ちいい! そんなアルバムになっている。結成20周年を目前に控えるユアソンの進化は止まらない! 約3年半ぶりとなるフル・アルバム YOUR SONG IS GOOD / Extended'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1,697円(税込)【収録曲】''1. Cr
by ?
筆者について
青野 慧志郎 (青野 慧志郎)

■ yoji & his ghost band @YojiGhostBand / No Eyes @no_eyes / Ghostlight @ghostlight_jp / 折坂悠太 @madon36 サポート (Gt, F.Mand, Cl, Banjo, Key) ■ 音楽評論文執筆 ■ インフラエンジニア

同じ筆者による他の記事