VOL.2

10年目にしてファイナルを迎えた総決起集会、当日の奇跡を全てレポる!



4.26の朝、まだ真っ暗な早朝5時に会場となるベイサイド集合。

今年も出演者や出演しないけど来てくれたバンド・マン、そしてお客さんなどがボランティア・スタッフとしてたくさん集まってくれた。


機材搬入、ステージ搬入、発電機やPA機材がトラックで運ばれる。

男たちがみんなで運ぶ、テントも組み立てる。

女の子たちはフライヤー折り込み、カレーやお酒の仕込み、会場の清掃。


この日、ベイサイドは朝からものすご寒かった。

空を黒く覆う雲、海風と共に吹き付ける寒気....。

最後の総決起がこの天気ってのはちょっと納得いかないけど、それでも雨よりゃマシだ! と思えば寒さも辛くはない。


機材のセッティングが終わり、県外からのゲスト・バンドらも続々と会場入り。

みんなまず最初にここのロケーション見て「うわ〜! いい感じ! 」て言う。



neco眠るがリハーサル開始。

スピーカーから音が鳴る瞬間!!!!!

この瞬間が一番ゾクゾクする、一気にテンション上昇!

毎年このタイミングに1本目の缶ビールをあけるのだ(笑)

ウマい! 寒いけどウマい!!

12時。ベイサイドにお客さんがぞろぞろと集まり、どんどん賑やかになっていく。



総決起集会スターーーーーート!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




ファイナルのトップを飾るのは一銭めしやだ!

バッキバキに緊張して目が空ろな村里さん(笑)「総決起に出れたら死んでもいい! 」と言っていた村里さんは、やるまえからすでに死にそう(笑)

ユル〜くてフリ〜ダムな総決起だけど最初はこの極度の緊張感から始めたかった。

お客さんたちもその気合いに応えるが如く踊り、歓声を上げる!



続いてFIELD STAGEのトップ・バッターにとんちピクルス

福岡にとんピク松浦さんあり!

これがどれだけ素敵なことで、他県に自慢できることかを忘れてはいけない。空は雲っていても心は晴れやかにさせてくれる。

はじめて松浦さん見た関西勢のバンドたちが「この人何者? やばいー!」って笑ってた。



miu mau

衣装もサウンドもルックスも全部含めてカラフル・ポップ! 本当大好きなバンド。

ココエさんは何とも言えない宇宙人的オーラがあるなあと思う。



オクムラユウスケ

野外であの新曲やっちゃったね〜(笑)。

「やったー! ちんちん! 勃ってる! 生きてる! 」草なぎ剛とデュエットでこれ歌って欲しいよ。

なぜかラストは長渕の「とんぼ」フルコーラスで熱唱!

意味分からんけど、みんな合唱(笑)。



ゲスト1組目は関西からand young...

加納さんは演奏してなくても、その佇まいからロックが醸し出てて、演奏したらもうロックそのものになっちゃう。



ゲスト2組目は三沢洋紀と村上ゴンゾ

やさしく、ほっこりとした時間が流れる。



総決起3年連続のスカ★ロケッツ

管楽器隊の賑やかなサウンド、軽快なスカ・ビート、「総決起! 」と何度も煽り会場をイッキにフェス・モードに!

みんなビールが回り、だんだんバカになりはじめる。


ああ〜やっぱ楽しいな。ビールが美味い!

総決起の会場に自由の輪が広がり出した。

みんな笑顔で好き勝手に遊んで、踊って、楽しんでる。

口々に「最高だね。楽しいね」って言葉を交わしあう。

それはビールがそうさせてるし、ロケーションがそうさせてるし、音楽がそうさせてるし、なによりみんながそうしたいという気持ちがそうさせてる。


今年はAMAHAのところで火がついた!

楽しそうにAMAHAのダンス・ミュージックで踊る人々。

音が出てるのはものすご小さなスピーカーからだよ。

普段と比べて低音とか全然出てないけど、そーゆーこと関係ないよね。

楽しんだもん勝ち!



この流れでneco眠る!

お祭り度満点のダンス・ミュージック&ダブはロケーションとベスト・マッチ!

空は相変わらずの曇天だけど、ベイサイドは笑顔で踊り狂う人! 人! 人!

「ヤべー! 楽しすぎルーー!!! 」て叫びながら踊り狂ってる。



続いて日本一のチンドン屋、アダチ宣伝社のチンドン・パフォーマンス。

まさにお祭り会場!



ここで雲行きがさらに怪しくなり小雨がパラつき始めた...。

ああ...ついにきたか...と、誰もが覚悟した。

機材にビニール・シートをかけて一時中断し様子を見る。

幸い雨は激しくならずにおさまったので不安ながら再開〜。



おとぎ話!

彼らは初体験の総決起にすごい興奮して楽しんでくれてて、「今まで出たどんなフェスよりも最高です! 」って叫んでた。

うれしい言葉やね。

有馬くん楽しすぎてダイブ(笑)! めっちゃイイ笑顔でダイブしてる。

ダイレクトに良い音楽を投げつけてくるおとぎ話、良いバンドだ。


続いてクリトリック・リス

俺はこのとき出番前のためステージでセッティングしていたからライブ見れなかったけど、笑い声や歓声がこっちのステージまで届いてた。

盛り上がってるな〜。

野外にパンツ一丁のスキンヘッド男! シュールな光景だ。

そしてクライマックスでザッパ〜ン!!!!!

海に飛び込んだらしい!(笑)

我々が散々「海にだけは飛び込んじゃダメですよ」って言ったのを前フリだと思ったらしい(笑) さすが大阪芸人!

しかし、この決死のダイブが天に通じたのか? お日様もおもわず爆笑してしまったのか?