「サウンド・ポタージュ」selected by diskunion CRJ-tokyo

去年からなにやらインディーズ・シーンが騒がしい。リリースが相次ぎ、多くの自主企画が開催され、どこかしらでインディーズ・バンドが大騒ぎを繰り返しているのだ。そんな中、幅広い音楽の知識と20年以上続く伝統を持ち、信頼のおけるチャートを制作しているCRJ-tokyoと、CD-Rであろうと自主盤であろうと、とにかく質の高い音楽を棚に面チンし続けるdisk unionが、協力してインディーズの未来を予見するコンピレーション・アルバムを制作した。

あるインディーズ・バンドの中から10組のアーティストを選ぶという難解な決断を行うことができたのは、アーティストとリスナーの両方から信頼を受ける二組だからこそだ。そんなCRJとdisk unionの首謀者に話を聞きつつ、「サウンドポタージュ」収録アーティストを中心にした独断と偏見の2009年インディーズ相関図を制作してみた! 小さな断片だけれど、とても重要な記録である。

インタビュー

—サウンド・ポタージュを制作するきっかけを教えてください。

disk union 亀山直幸(以下 : D) : コンピレーションCDを作りたいという気持ちは、ずっとありました。ハイライン・レコーズが閉店して、HI-STYLE コンピがなくなると、インディーズ・シーンを網羅したコンピが減ってしまいました。それならdisk unionでやろうというのが始まりです。CRJとは一緒に何かしようという話はずっとしていました。でも、僕の中のきっかけはタワー・レコードの新宿店とCRJが連動したチャートの様なことをやりたいということでした。

木下有希(以下 : K) : CRJのチャートに入った音源が聴ける試聴機を置いていたんです。流通を通してないような自主盤もたくさん入っていて、ちょっと画期的だったんです。

D : それをdisk unionでもやれないかな? と話をして、うちならCD-Rでも販売ができるので、その特性を生かしてコラボレーションしようというのが始まりです。

ーハイライン・レコーズのコンピに代わるものと考えていいですか?

K : ハイライン・レコーズがなくなった時に、普通のオーソドックスなロック・バンドやポップ・バンドの自主盤を扱えるのはdisk unionだけになっちゃったかな? という話はしていましたね。

D : コンピってすごく重要だと思っていて、ハイラインにとって代わるという訳ではないけれど、今のインディーズ・シーンを提示するコンピは絶対にあった方がいいと思いました。

ーどのようにアーティストをセレクトしましたか?

CRJ-tokyo 柳川春香(以下 : C) : 最終的にdisk unionから5組、CRJから5組選ばれる形で進めました。CRJでは最初に40組くらい候補を出して、コンセプトを考えて10〜15組くらいにしぼりました。後は毎回ミーティングで音源を聴いて、お互い10組挙げてさらにそこからしぼった10組ですね。

—それぞれが選んだアーティストは?

C : CRJは今井三弦dry river stringMr. Fingers!PADOKthai kick murphです。

D : disk unionからは鴨田潤まつきあゆむARTLESS NOTEシグナレスSuiseiNoboAzですね。

—世代もとくに決まっている訳ではないようですが、決まったコンセプトはありましたか?

D : 歌ものとか、インストという明確なコンセプトはないです。最初はそういう解りやすいコンピもいいかなと思ったんですけど。でも、それよりただお互いが好きなバンドを出して一緒にした方が良いんじゃないか、という風になりましたね。

C : あるとすれば、とにかく知ってもらいたくて、聴いて欲しいバンドですね。

K :人によっては、知っているアーティストも知らないアーティストもいると思います。でも、このコンピにはかっこいいアーティストがたくさんいるので、買ってくれた人はこれを機会にもっと間口を広げて、もっと知ってほしいと思いますね。

—このコンピから見えてくるキーワードは…『ポップ』ですかね?

C : そうですね。知る人ぞ知るではもったいない。聴けば絶対に好きになるというポップな部分を持っているアーティストを選んでいますね。

—このバンド達にどうなって欲しいですか?

C : まずは長く活動をしてほしいし、リスナーをインディーズ・シーンに引っ張り込むような存在になってほしいです。さらに、個人的な思いのある存在になって、将来ずっと聴き続けられるようなバンドにもなってほしいですね。

D : 元々は今後リリースを控えているアーティストに焦点を当てたいと思っていました。




まつきあゆむや鴨田潤(イルリメ)のような有名なアーティストが入っているのは何故ですか?

D : 鴨田くんは弾き語りの音源が純粋にすごくよかったからです。イルリメが弾き語りをやっていることを知らないという人も意外にいるので、伝えたいという思いが一番ですね。まつきくんも僕がすごく好きだというだけです(笑)

C : 逆にCRJでは、初めてまつきくんを聴いたという人も結構いましたよ。

—そういう相互作用があったということですね。

D : 僕も聴いた事がないバンドが2、3個ありましたからね。やっぱりそこですね。CRJとdisk unionの間でも、そういう事が起こるのだから、一般の人が手に入れたらきっと聴いた事のないかっこいいバンドが見つかると思いますね。。

C : 一人で手に入られる情報は限られていて、全然違う所の音楽にはなかなかたどり着けないんです。それでも、CRJやdisk unionには自分一人では絶対にたどり着けない情報を持っている人がたくさんいます。だからその2つが共同でコンピを出すのは面白いと思いますね

—このコンピから、今のインディーズ・シーンがどのように見えてきますか?

C :インディーズ好きという人でも、UK projectや残響レコードといった、既にある程度知名度のあるレーベルの情報しか入ってこなくて、それより深くに入ってくるのはまだ難しいように思います。

D : そういう意味ではdisk unionは深い所にいるアーティストもガンガンプッシュしています。

C : 新宿タワレコ7Fが限界で、disk unionの委託には行かないという人がまだいっぱいいるのが、悲しいですよね(笑) その溝は、このコンピをきっかけに埋めたいです。

D : 今回のコンピは新宿タワレコ7Fからdisk union地下一階が全部一つにつながっている感じですね。




—今現在インディーズ・シーンではどのような動きがありますか?

K : 流通ルートがインディだからということで、全てインディと呼ばれているけれど、真にインディペンデントなものと、そうでないものとの差は年々広がっていると感じますね。ここ1年くらいでメジャーが隠れて仕掛けて、自力であがってきたという感じを出したがるバンドはすごく増えていますね。

D : でもこのアルバムの中には精神的にもインディペンデントなアーティストばかりだと思います。

K : 今はインディでCDを出して流通させて、メジャーに行くっていう方法だけじゃなくて、ネットも発展しているので色々な道があっていいんじゃないの? とは思いますね。


CRJ-tokyoとdisk unionのお二人に協力を頂いて『サウンドポタージュ』収録アーティストから見る2009年版インディーズ・シーン「勝手に相関図」を作りました。

サウンドポタージュ試聴コーナー

流星群
試聴ファイルはありません
towerrecordsで購入する 

まつきあゆむ 「流星群」

次世代SSWとして注目を集める「まつきあゆむ」。くるりのメンバーからも大絶賛され、「NOISE McCARTNEY RECORDS COMPILATION 2」への楽曲参加、オリジナル・アルバムのリリースとその他様々なコンピレーション・アルバムに収録。自宅録音、初期衝動アーティストとして、心に響くメロディーと楽曲を武器に、地に足の着いた形で音楽を創り上げる彼の評価は高まるばかりである。

テレッテの質問
試聴ファイルはありません
towerrecordsで購入する 

Mr.Fingers! 「テレッテの質問」

かつて音響派バンドとしてライブ・ハウスで人気を誇っていたREGENT SLIMと、moools・CONDOR44らと共にコンピレーション・アルバムに参加もしていたWINTER STREAMLINEのメンバーからなる、「Mr.fingers!」。確実なキャリア・技術に裏打ちされた鉄壁のアンサンブルで鳴らす、純正オルタナティブ・サウンドと、熱く男臭いボーカルが歌い上げる独自のドラマ性を持つ歌詞が、聴き手の心を打つ。

耳をすませば
試聴ファイルはありません
towerrecordsで購入する 

ARTLESS NOTE 「耳をすませば」

Qomolangma Tomato、dOPPOなどと共演経験もある「ARTLESS NOTE」。変則編成と変則的な楽曲は新世代オルタナティヴの刺客。盟友the morningsとのスプリットが自主制作音源にも関わらずindesissueなど取り上げられるなど、その期待度は未知数。NEW/NO WAVEなささくれ立ったサウンドに日本語ロックの美メロとコーラスを突如導入するなど、楽曲もインディーズ・バンドでは異質な感覚を放っている。

ネオホンコン
試聴ファイルはありません
towerrecordsで購入する 

thai kick murph 「ネオホンコン」

湯川潮音、タナカフミヤなどとの共演もある都内を中心に活動する若手注目バンド。既にWEB上を中心に耳利きバイヤーや関係者の間で話題となっている。NEW WAVE、インディポップ、オルタナギターロック、エレクトロ…自らの音楽をファジー・ポップと名づけ、彼らが本当に好きな音楽を詰め込み放たれる楽曲は、まったく嫌味がなく、非常にセンスがよい。

空部屋
試聴ファイルはありません
towerrecordsで購入する 

鴨田潤 「空部屋」

イルリメの弾き語り、本名「鴨田潤」名義の音源は、流通音源では初の発表となる。エンターテイナーとしてのイルリメとは違った角度から彼を見ることができる歌、言葉がダイレクトに伝わる弾き語り。ギターと重なる言葉にイルリメとは違う魅力が詰まっている。

cover me
試聴ファイルはありません
towerrecordsで購入する 

dry river string 「cover me」

名作『white album』を出しながらも活動を休止した京都のバンド、up and comingのギター/ボーカル干川氏によるソロ・プロジェクト「dry river string」。干川氏の弾き語りを軸に、bedやLainy J Grooveのメンバーらが脇を固める。切ない歌声の強度と『white album』で示した有機的なサウンドの拡がりがほのかに心を締め付ける、希有なサウンド・スケープ。待たれる音源リリースに先駆けての楽曲収録。

汽水城のアブローモフ
試聴ファイルはありません
towerrecordsで購入する 

PADOK 「汽水城のアブローモフ」

過去にツチヤニボンド、Ryo Hamamotoの自主制作盤CDの録音、ミックスを手がけたこともある渡辺牧人の歌もの宅録ソロ・ユニット「PADOK」。羅紗のように細かく織り込まれた音と言葉からはどこかでみた風景を切り取ったかのような懐かしさが漂い、その芳醇な香りすら届いてきそうな見事なサウンド・ワークにはトクマルシューゴを始めとして数々のアーティストから賞賛をうけている 。

淡い光
試聴ファイルはありません
towerrecordsで購入する 

今井三弦 「淡い光」

バンド「真空メロウ」を解散後、2005年より都内を中心に活動するハートフル・ハードフォーク歌手、「今井三弦」。これまで2枚の自主制作音源を発売、HIGH LINE RECORDSのコンピレーションに参加するもすべて廃盤。ギター1本とハイトーン・ボイスで奏でる楽曲は穏やかだが、必ずどこかがずれている。独特な言語感覚で世界を見つめる、迷いの中から生まれる歌が、訥々と静かに染み渡ってくる。

太陽の雨
試聴ファイルはありません
towerrecordsで購入する 

シグナレス(ゆーきゃん with あらかじめ決められた恋人たちへ) 「太陽の雨」

昨年、名盤アルバム『カラ』をリリースした池永広之率いるダブ・ユニット「あらかじめ決められた恋人たちへ」とソロ・アルバムのリリースもある京都出身、現在東京を中心に活動するSSW「ゆーきゃん」のユニット。ユニット名を「シグナレス」とし、本格的に活動をしている。

my disco
試聴ファイルはありません
towerrecordsで購入する 

SuiseiNoboAz 「my disco」

モダン・ブルース・トリオ「SuiseiNoboAz」。切ないメロディからあふれ出る人間味ある楽曲はライブ・ハウス界隈を中心に注目度が高い。現在のアンダーグラウンド・シーンでの交流の幅も広く、同時期に活動する若手バンド マヒルノFar Franceらと共同企画と行うなど、今後の活動が期待される3ピース・バンド。



diskunion

関東を中心に店舗を展開、中古、新品のCD、レコードを取り扱うレコード・ショップ。オール・ジャンル、早耳、コアな音楽、自主制作、インディーズからメジャーまで取り扱いをする幅広いセレクトは信頼度が高い。都内には専門館も点在する。なおPC、携帯のオンラインショップもあり、店舗がない地方にも良質な音楽を提供する。

CRJ-tokyo

CRJは、アメリカのCMJ(College Media Journal)を日本にも作ろうと、1987年に現役の大学生たちの手によって設立された団体です。一過性の流行や従来のコマーシャリズムとは一線を画したジャンル、洋/邦、メジャー/インディーを問わない良質の音楽空間を発信することをコンセプトとして、独自の学生間ネットワークを活かした情報収集を行っています。さらに、その情報をマスメディアとストリート・シーンの両面から発信することを目指し、同世代の人々に新たな音楽シーンを提供するべく活動を展開しています。スタッフは東京近郊の4年制大学から短大、専門学校の学生まで多岐に渡り、大阪、広島、福岡、札幌、名古屋に支部が設立されており、全国規模での様々な活動を可能にしています。



o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
Yun*chi、ミニ・アルバム『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催!
[INTERVIEW]・2017年08月02日・未来を自由な色で描こう! Yun*chi、『Canvas*』リリース記念リミックス・コンテスト開催 2年ぶりのミニ・アルバム「Canvas*」をリリースしたYun*chi。ナチュラルな雰囲気を身にまとった新ビジュアルにも注目です。OTOTOYでは本作のリリースを記念してリード曲「今僕のいる場所が理想と違っても」のリミックス・コンテストを開催! 本日から8月30日(水)まで作品を募集します。グランプリはOTOTOYで期間限定フリーDLをおこないます。詳しくは応募要項をチェック! 2年ぶりのミニ・アルバム!Yun*chi / Canvas*'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 257円 まとめ購入 1500円【Track List】 ''01. 今僕のいる場所が理想と違っても / 02. HIMAWARI* / 03. Trendy Night* / 04. Kare Kano* / 05. Again* / 06. Seaside In Dream* / 07. Thank U* 「Canvas*」リリース記念リミックス・コンテスト応募要項応募用素材はこちらY
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介