Track TitleDurationPrice
IRA alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 07:09  
Raummusik alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:36  
VOID alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:30  
Decaying alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:42  
Proxima Centauri alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 07:24  
Lux Aeterna alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:52  
The Mad Folly alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:36  
時の間 alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 07:48  
alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 07:25  
The Voyage Home alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:23  
曲番クリックで試聴できます Total: 65:25
作品情報

腐敗の一方を辿る社会へ、憎しみの連鎖が絶えない世界へ、嘆きと憤りを吐露し、吠え、解き放った「怒れる電子音楽」。同時に全ての「音」に全神経と魂を注ぎ込んで生み出した極めてスピリチュアルな音響作品。SGZ MUSIC史上最高(最狂)の、衝撃の問題作にして最高傑作。1997年にソロとしての活動を開始して以来、ドラムンベース、アンビエント、ダンスミュージックを軸に様々なアプローチでの作品、ライヴ、セッションを展開してきたSUGIZO。3ヶ月に及ぶ今作のレコーディングは、これまでのSUGIZO作品より増して実験的に行われた。ヴィンテージハードシンセをメインツールとし、鉄骨、鎖、チェーンソーやノコギリ、ドラム缶を叩いたりクラッシュさせた音を録音し、そのサウンドを多用。バイノーラルマイクからはじまり様々な立体音響を試みたそのアプローチは聴くものを音の旅へと誘うかのような新たな感覚、衝撃を感じていただけるであろう。さらに、ゲスト参加したアーティストのラインナップにも、SUGIZOの活動の振り幅を感じさせる。鬼才ボカロPとしてSUGIZOが注目しているATOLS、テクノ/トランス界鬼才として存在感を放ち続けるUbartmarなど、楽曲に重要なエレメンツを与えたクリエイターをはじめ、前衛JAZZ界での巨匠である近藤等則(トランペット)、近年のソロ活動を支えるMaZDA(プログラミング)、宮上元克(ドラム)、そして去年惜しくも天命を全うしたSGZ MUSICの美しい「声」であるOriga。そして今回、現実社会への憤り、嘆きそして怒りを音楽へと昇華し、SUGIZO自身「怒れる電子音楽」と言い放ったアルバム「音」が完成。

ディスコグラフィー