Track TitleDurationPrice
Helga's Theme alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:36  
Wide Open alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:50  
Mine alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:10  
Zakopane alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:04  
Walk alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:41  
Snakecharmer alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:53  
Mutti alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:44  
Last Act alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:01  
Let Me Go alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:10  
Days and Nights alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:31  
Don't Go Now alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:46  
Let Me Go Rhodes alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:00  
Necklace alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:59  
Helga Saw alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:38  
曲番クリックで試聴できます Total: 36:03
作品情報

レディオヘッドのドラマー、フィリップ・セルウェイが、実話を元に製作された映画『Let Me Go』のサウンドトラックを担当。インストゥルメンタルのほか、フィリップが歌うヴォーカル・ソング「Wide Open」「Let Me Go」の2曲も収録している。映画『Let Me Go』は、ポリー・スティール監督作。 第二次世界大戦中に経験した衝撃的な出来事を抱える4世代の家族の物語で、その経験が暗い影を落とす母と娘の姿を実話を元に描いている。映画が持つそのダークで親密な雰囲気を反映したサントラは、ストリングス、ピアノ、ギター、エレクトロニクス、ミュージカルソー、グロッケンシュピール、ビブラホンを主に用いており、たまに美しさや不安感を生み出す際にはベース、ドラムが取り入れられている。

ディスコグラフィー