Track TitleDurationPrice
Cocolo Kara alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:36  
Telstar Man alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:10  
Psycho Acoustic Pinball Machine alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:30  
Cocolo Kara -Andrei Zueff remix- alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:09  
曲番クリックで試聴できます Total: 25:25
作品情報

デビューから2年、Mijk van DijkとTobynationによる独日義兄弟ユニットBrothers In Rawが遂に復活。前作『Ach-So!』はラヴ・パレードでDr. Motteによってプレイされるなどドイツを中心にヒット。その後、Mijkのアルバム『チームワーク』での共作を経て、しばらくふたりは別々に活動する。Mijkはプレイステーション2の『リッジレーサーV』や『アーマード・コア2』の音楽に参加し話題となり、またTobyはドイツのPVから作品を発表したり、自らのパーティーEnter The NationにSven Vath、Pascal F.E.O.Sなど大物ゲストを招いてシーンを盛り上げた。今回新たに録音された3曲は、どれもテイストが違うが、それぞれ個性的でふたりにしか作れない世界を描き出している。特に、タイトル曲となる“Cocolo Kara”は久々にふたりらしい、アッパーでポジティヴなヴァイヴに溢れたものだ。さらに、ふたりの熱烈な要望で、CDのみロシア人アーティストAndrei Zueffのリミックスを収録。(発売当時の情報を掲載しています。ご了承下さい。)

ディスコグラフィー

    Features

    レーベル特集 frogman records

    レーベル特集 frogman records

    '''日本のテクノ・レーベルはここから始まった'''「Perfume」「KITSUNE」「JUSTICE」などの活躍により、エレクトロ・ミュージ…