Track TitleDurationPrice
Crimson Lake -- Denny Low alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:42  
Silly Thing -- Alex alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:29  
All Right -- PYLON alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:00  
Transfer -- The Anazaworld alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:35  
School -- Shigeru Hasegawa alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:53  
Sounds Of The City -- TA?1 & Dj Tasaka alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:26  
R.A.M. -- Denny Low alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:33  
Dabadaba -- Umeguy alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:00  
Orient Express -- Hall alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:45  
Pretty Television -- The Anazaworld alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:38  
Sweet Lesson -- PYLON alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:23  
Stoned Face Doesn’t Tell A Lie -- TA?1 & Dj Tasaka alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:18  
Grass Hopper -- C.T. SCAN alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:17  
曲番クリックで試聴できます Total: 64:59
作品情報

フロッグマンが初めて契約したアーティストでありながら、数曲の作品を残したまま活動を停止、しかしその作品の素晴らしさでファンの間では伝説となっていたC.T. SCANが、ついに再始動。これまで極秘とされていたその正体(CMJK)も明かし、ファンク、ヒップホップ等彼のルーツを感じさせるブレイクビーツ・スタイルのテクノで復活した。今回はフロッグマンに寄せられた数々のデモ・テープから、彼がさまざまなタイプのブレイクビーツ曲のみをチョイスし、本邦初の日本人アーティストによるブレイクビーツものコンピレーションとしてまとめあげた。アブストラクト・ヒップホップからビッグビート系まで、幅広いスタイルのこれらの曲を聴けば、本場イギリスにも負けない力強いグルーヴを日本の若いアーティスト達が生み出していることに驚くことだろう。C.T. SCANのメロウなテイストに対し、アグレッシヴな魅力を持つCMJKのもうひとつの顔ALEXや、これまた約3年振りの復活となるPYLON、以前はSECRET MARK名義で活動していた名古屋のDENNY LOWなど懐かしい顔と共に、大型新人THE ANAZAWORLD、独特のムードを演出する福島のUMEGUY、そして石野卓球のLOOPAのレジデントDJとしてお馴染みのDJ TASAKAがTA-1と組んだユニットなど、今後大きな話題となりそうなアーティストがたくさん参加している。(発売当時の情報を掲載しています。ご了承下さい。)

ディスコグラフィー

    Features

    レーベル特集 frogman records

    レーベル特集 frogman records

    '''日本のテクノ・レーベルはここから始まった'''「Perfume」「KITSUNE」「JUSTICE」などの活躍により、エレクトロ・ミュージ…