Track TitleDurationPrice
Journey (Intro) alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:06  
Borderless alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:57  
The Truth alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:58  
Freedom & Sound alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:14  
Beautiful Imperfections alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:31  
I Love When alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:00  
Set Me Free alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:47  
Spark alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:43  
Journey II (Outro) alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:37  
曲番クリックで試聴できます Total: 33:53
作品情報

米国大型フェスでスタンディングオベーションを受けたNao Yoshiokaの最新作ザ・ルーツ、エリカ・バドゥ、アリシア・キーズを支えたライターたちと紡ぎ出すコンセプチュアルな進化系ソウルミュージック2013年のデビューから、Nao Yoshiokaは全米デビューやロンドン公演など世界で活動を続けてきた。そして2016年、アメリカの首都で行われた2万人規模の大型フェスへ出演。オーディエンスからスタンディングオベーションを受けるなど、世界からの評価を確実に高めている。そんな彼女がリリースする最新作『The Truth』のテーマは、世界をツアーする中で自らの五感で音楽シーンを感じ、多くのファンやミュージシャンと接して見出した“真実"=“最高の芸術(リアルミュージック)は垣根を越えて人々を繋ぐ"ということ。2015年に全米リリースを果たした1stアルバム『The Light』に収録の“Make the Change"は全米のラジオ局で連日オンエアされた。オールド・ソウルを得意としていた彼女が、ネオ・ソウルを強く意識して制作したこの楽曲は、最新のソウルミュージックとして大きな反響を呼び、ソウル専門のWEBサイト「SoulTracks」で2015年の新人賞を受賞するに至った。“Make the Change"が彼女の可能性を広げたことで、より実験的な音楽の方向性を求め、世界で出会った才能溢れるトップアーティストたちとのコラボレーションによる、ネオ・ソウルやフューチャー・ソウルといったアーバンな方向性の楽曲制作への想いを強めていった。そんな背景のもと制作された最新作『The Truth』では、数々のコラボレーションが実現。タイトル曲の「The Truth」はエリカ・バドゥ、ジル・スコットなどに楽曲提供をし、グラミー賞ノミネート経験も持つカーリ・マティーンがプロデュース。更に「I Love When」ではアリシア・キーズやニッキー・ミナージュなどへ楽曲提供をするミュージックマン・タイと共作。ソウル、ジャズ、R&B、ファンクなどのルーツを匂わせつつ、世界で活躍するプロデューサーたちの感性を取り入れ進化したソウルミュージックを体現した。音楽に導かれ世界を渡り歩き、音で繋がった新しい感覚、現地で感じた音楽の力、すべての垣根を取り払ってしまうボーダレスな感覚を封じ込めた待望の新作が今、誕生する。

ディスコグラフィー

    Features

    【OTOTOYライヴ・レポート】Nao Yoshiokaによる公開DSDライヴ・レコーディング@YEBISU MUSIC WEEKEND

    【OTOTOYライヴ・レポート】Nao Yoshiokaによる公開DSDライヴ・レコーディング@YEBISU MUSIC WEEKEND

    Nao Yoshiokaによる公開DSDライヴ・レコーディング@YEBISU MUSIC WEEKEND——OTOTOYライヴ・レポート高いプレ…