Track TitleDurationPrice
助手席 alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:30  
江ノ島ハナビ alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:30  
髪を黒く染めました alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:24  
MIRAGE alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:55  
砂時計 alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:37  
あたりまえの日々 alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:41  
Runner alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:50  
曲番クリックで試聴できます Total: 32:27
作品情報

7/20に発売した、鈴木友里絵4枚目となるアルバム「palette」。そのタイトルが示すように、様々な色と個性を持った楽曲達が収録されている。リード曲とも言える「助手席」は、popで爽快なバンドサウンドと切ない歌詞が魅力の恋の曲。続いて実際の江ノ島での花火をテーマに書いた、グルーヴ感が気持ち良い「江ノ島ハナビ」。「髪を黒く染めました」は、就職活動をテーマに書いた曲であるが、ギターメインでpopにrockに仕上げ、楽しさの中に強い意志を感じられる作品になっている。「MIRAGE」は、自身初めての生のストリングスが入っており、より一層この曲の情景を広げてくれている。そして同じくストリングスアレンジがされている「砂時計」は、命の大切さや生きる強さを教えてくれる感動の一曲になっている。KONAMI音楽ゲームGITADORAにも楽曲提供されている「COLORS」は、ゲームバージョンとはまた違ったアレンジになっており、後半のみんなで歌うコーラスの部分は、ライブで沢山のオーディエンスと共に歌っているのが想像できるような、一体感のあるシーンになっている。「あたりまえの日々」では、このアルバム唯一のブラスアレンジがされており、楽器数も一番多くにぎやかなサウンドになっているのが特徴だ。ラストを飾るのは、駅伝をテーマに書いた「Runner」。今にも走り出したくなるような、疾走感ある楽曲に仕上がっている。このアルバムを聞き、そこで生まれる”あなただけの色”を、ぜひ大事にしてほしい。

ディスコグラフィー