Track TitleDurationPrice
AIR GUN TYPE PARTICULATE EJECTOR alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:54 Album Purchase Only
ルサンチマン alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:38 Album Purchase Only
流れるイオタ alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 08:24 Album Purchase Only
robot girl alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 11:28 Album Purchase Only
16days alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:06 Album Purchase Only
Sunrise alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 07:21 Album Purchase Only
裸足のメリー alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:51 Album Purchase Only
Thumbs up alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:48 Album Purchase Only
曲番クリックで試聴できます Total: 47:30
作品情報

2014年、作曲家/ドラマーの前田紗希(Jimanica band set,シェリーズ)を中心に結成されたインストゥルメンタルバンド・流れるイオタ。 メンバーに矢野聖始(gt),永松徳文(b)。ピアノサポートとして小野原昌弘、田中晃二。各メンバーそれぞれが違うジャンルで現在も活動している中、流れるイオタが表現するバンドサウンドは、ロック、ジャズ、ミニマルなどの要素を取り入れ、まるで映画を観ているかのように物語が進んでいく音楽=シネマティックミュージックであり、映像を加えることで、より一層シネマティックに表現するバンドプロジェクト。 流れるイオタが結成から2年の活動を経て作り上げたファーストアルバム『The world is beautiful』は曲によって全くテイストの違うものばかりである。 曲の中で次々と場面が変わりつつ、激しくも儚いメロディが印象的であり、バンド名にもなった「流れるイオタ」、ジャングルを旅する情景が目に浮かぶ「AIR GUN TYPE PATICULATE EJECTOR」、ジャズのインプロビゼーションを感じさせる「sunrise」、そして一機のロボットの苦悩と幸福を表現し、1曲11分を超える大作となった「robot girl」など、全8曲入り。 全曲を通して共通する楽曲のテーマとなるのは、アルバムタイトルにもなった“The world is beautiful"。 世界中を旅してきたバンドのリーダーである前田紗希が、混沌とした現代社会の中で“それでも世界は美しい"と伝えたい強い意志であり、願いが込められている。 そして、ボーカルのいない楽曲は日本語が分からない世界中の人々にも伝えることが出来る強みであり、このアルバムは世界で多くのものを得た前田の感謝と恩返しになるであろう。

ディスコグラフィー