Track TitleDurationPrice
primitive accumulation II(経済学的イントロ) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:31
mkE(十五夜) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:46
no.3(2頭の馬の背に) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:23
dice(不思議な旅) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:05
maria(マリア) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:44
that's always fantasy(ファンタジー) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:47
singing from the distance(遠い君への思い) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:23
ashy sleep(灰の中のトカゲ) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:35
human receiver(人体アンテナ) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:12
slider(スライダースイッチ) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 10:58
state of things(事の次第) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:59
quiz(神様が出したクイズ) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:47
3 pigs and a starfish(7番目の素数) alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:51
曲番クリックで試聴できます 曲ごとにカートへ Total: 62:1
アルバム購入特典
words_credits.pdf
作品情報

CONVEX LEVEL、結成28年目にして通算6枚目のフル・アルバム。寓話と暗喩に彩られた、ポップでプログレッシヴな13曲。めくるめく不思議な旅を思わせる、圧巻の人情SFロック。

ディスコグラフィー

    Features

    これが日本のオルタナティヴ。Convex Level結成30周年、待望のニュー・アルバムをリリース

    これが日本のオルタナティヴ。Convex Level結成30周年、待望のニュー・アルバムをリリース

    結成30周年を迎えたConvex Levelが、遂に待望のニュー・アルバムをリリース。これが日本のオルタナティヴ。これは絶対にまねできねぇ!京都…

    CONVEX LEVEL渡辺良=rw、初のソロ作品集で相関係数「0.339」の世界へ誘う

    CONVEX LEVEL渡辺良=rw、初のソロ作品集で相関係数「0.339」の世界へ誘う

    Convex Level渡辺良=rw、初のソロ作品集で相関係数「0.339」の世界へ誘う京都が生んだ至宝、Convex Level。1986年に…

    Convex Level、結成28年目にして6枚目のフル・アルバム『donotcl (ドゥノットシーエル)』をハイレゾ配信開始

    Convex Level、結成28年目にして6枚目のフル・アルバム『donotcl (ドゥノットシーエル)』をハイレゾ配信開始

    比類なきキャリア28年目の音——Convex Level、通算6枚目の新作をハイレゾで配信開始「唯一無二のサウンド」なんて、安易に使うのがためら…

    Convex Level『CL5』高音質で販売開始

    Convex Level『CL5』高音質で販売開始

    関西オルタナ・シーンの雄の新作を高音質で!二十数年に渡って同じメンバーで活動を続け、ギターの渡辺良は90年代に関西の数々のインディー・オルタナテ…

    CONVEX LEVEL 高音質ライブ音源「you are the alien」 フリー・ダウンロード

    CONVEX LEVEL 高音質ライブ音源「you are the alien」 フリー・ダウンロード

    ''LIVE JUNK / CONVEX LEVEL''本作は、2010年4月25日に下北沢Threeで行われたライブの模様を収録したもの。昨年…

    CONVEX LEVEL 10年ぶりの新作『New Moon 1st Contact』よりフリー・ダウンロード

    CONVEX LEVEL 10年ぶりの新作『New Moon 1st Contact』よりフリー・ダウンロード

    CONVEX LEVEL、オリジナルとしては10年ぶりとなる新作を発表! 未知の音楽をひたすら探し回っては貪るように聴き続けて、ひとつ実感した事…