Track TitleDurationPrice
逆光 alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:19 Album Purchase Only
瓦礫の城 alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:34 Album Purchase Only
イツカ-2013.3.11 live.ver- alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:04 Album Purchase Only
曲番クリックで試聴できます Total: 12:57
アルバム購入特典
amenimobook.pdf
備考

シーンに登場以来、アルバム、シングルリリース、ARABAKI ROCK FEST-12出演など、全力で駆け抜けてきた仙台の雨ニモ負ケズが、配信&USBメモリー限定のシングルをリリース!

2011年のアルバム『不撓ノ一奏』に収録されている「イツカ」――真っ暗で何も見えなくて、でもきっと道の向こうには何かがあると信じて進んだ。

歩き続けて、やがて遠くに光が見える。夜明けは訪れたのように思えた――ショートアルバム『暁光』

そして今作、1stシングル『逆光/瓦礫の城』――掴めそうで掴めない、遠くに見えた光。未だ救われない中、再び闇に身を投じ探求へ。

初のインスト曲にして初めてギターを使用したM1「逆光」ギターの音が眩しいくらいに目の前に広がり、その音が最高潮に高まった時、遠くから聞こえる声が、聴く者を真実へ誘う。雨ニモ負ケズの革新的な一曲となった。

一転してM2「瓦礫の城」は、儚さと強さを併せ持つ歌声と、苛立ち、失望感を乗せた言葉達が印象的なナンバー。震災後、地元仙台のみならず、各地で目にしてきた瓦礫の山。2年の月日を経て、感じる想い。誰しもが普遍的な不安定の上に生きる。

そしてM3「イツカ-2013.3.11 live.ver-」震災直後に作ったこの曲を2年後の3月11日に演奏できた事の意義、あの日から今この時までずっと続いている事の意味を込めて収録。

あの日見えた微かな光は今、眩しいくらいに目の前にあって、でもまだ何一つ何かを手にする事はできていない。追い求めていたのは、果たして光そのものだったのだろうか。実は光の中に隠れて見えない何かだったのではないだろうか。雨ニモ負ケズの旅はまだまだ終わりそうにない。

ディスコグラフィー

    Features

    雨ニモ負ケズ『結い』をハイレゾ配信 &インタヴュー掲載

    雨ニモ負ケズ『結い』をハイレゾ配信 &インタヴュー掲載

    「今この場で何かを歌わなきゃいけない」場面が必ずあるーーエモーショナル・ピアノ・ロック・バンド、雨ニモ負ケズが音楽を続ける意味とは?エモーショナ…

    雨ニモ負ケズ、『逆光/瓦礫の城』をリリース

    雨ニモ負ケズ、『逆光/瓦礫の城』をリリース

    *雨ニモ負ケズ『逆光/瓦礫の城』シーンに登場以来、アルバム、シングル・リリース、ARABAKI ROCK FEST. 12出演など、全力で駆け抜…

    雨ニモ負ケズ『不撓ノ一奏』先行フリー・ダウンロード開始!

    雨ニモ負ケズ『不撓ノ一奏』先行フリー・ダウンロード開始!

    雨ニモ負ケズ、先行フリー・ダウンロード配信開始!ふと、今年4月にワシントンのナショナル大聖堂で催された礼拝の話を思い出す。それぞれ異なる信仰をも…