Track TitleDurationPrice
WE WERE PRINTED alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:04  
BIRD SONG alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:05  
WAITING FOR YOU alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:53  
THE TIME TO LEAVE alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:04  
SQUARE alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:52  
ROCKET BABY alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:09  
”"2″” alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:39  
BYSEXUALITY alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:44  
TOYS FOR MELANCHORY alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:58  
PERFECT FEED alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:34  
SOMETHING WICKED THIS WAY COMES alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:43  
LULLABY FOR BIRD PEOPLE/ Jadranka & tomzuin h alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:31  
曲番クリックで試聴できます Total: 57:16
作品情報

シンセサイザー、電子音響、アコースティックといった手法を自由に操り、緻密に、時には大胆に提示するtomzuin h。そのサウンドは決して実験的でも、ノイジーなものではなくエレクトロニカ、音響派、アバンギャルド、テクノ、アンビエントといったジャンルの垣根を超えた、恍惚感漂うエレクトロ。2003年初頭からの1年間、プライベート・スタジオ、NYでのセッションを行き来して練り上げられた本作品は、一貫したテーマの元、肉体的であり、メランコリックであり、そしてせつなく、聴く人間を魅了する。プロデューサーには日本が誇る鬼才、ホッピー神山を迎え、tomzuin hとの共同プロデュース。参加ミュージシャンには”Pencilina”奏者 Bradford Reed (NY)、世界的女性シンガー・Jadranka、ギタリスト・バンドウジロウ、原田郁子(クラムボン)らを迎え、その音楽、質感をさらに高め、具現化している。

ディスコグラフィー

    Features

    tomzuin hの新作『Ring』を高音質音源で配信開始&インタビュー! 2週間限定フリー音源有り!

    tomzuin hの新作『Ring』を高音質音源で配信開始&インタビュー! 2週間限定フリー音源有り!

    作編曲家、キーボーディスト、シンセサイザー・プログラマー、音楽プロデューサーと多彩な顔を持つ、エレクトロニック・アーティスト、TOMZUIN H…