乃田吊ユニット

プロフィール

<バンドメンバー>乃田吊(Vo/AG)、森本在臣(EG/電機姉、餓鬼道)、ユサ(Key/Cho/壊れかけのテープレコーダーズ、古宮夏希&コークスが燃えている!)、西平由美子(Ba/クウチュウ戦、例のK)、440(Dr/壊れかけのテープレコーダーズ)

2010年秋結成。弾き語り活動をしていた乃田吊の楽曲を大胆にバンドアレンジし、かつバンドスタイルでの新曲もコンスタントに発表を続け、バンドとしての活動を活発に行なっている。2011年2月16日/新宿Motionにてライブデビュー。以来、都内を中心にライブ活動を続け、2011年8月/10月には80年代日本インディーズ映画「追悼のざわめき」再上映とコラボレーションをし、自主企画"「追悼のざわめき」が聴こえる"を新宿Motionにて主催。早川義夫+佐久間正英、石川浩司(ex.たま)、「追悼のざわめき」オリジナルキャスト・仲井まみこ、壊れかけのテープレコーダーズ、プラハデパート、木幡東介(マリア観音)、穂高亜希子、あざらしを招いて、好評を博す。

2012年1月18日、自主レーベル「CPレコード」より、1stAlbum「光のなかの影絵」(スタジオ録音)を全国流通でリリース。2月19日、東高円寺二万電圧で行われた1stAlbumリリース記念ライブ「想い出の亡きがら Vol.1」では割礼、HOMMヨを招いて3マンを主催する。

公式サイト: http://blog.goo.ne.jp/yammy_1983

ディスコグラフィー