横田寛之ETHNIC MINORITY

プロフィール

2009年10月、リーダー横田寛之の呼びかけで始まった横田寛之ETHNIC MINORITY。メンバーは横田寛之(saxophone)、サトウヒロ(bass)、島野和樹(cajon)のスリーピース。ETHNIC MINORITYは英語で「少数民族」の意味。世界中を旅しながら生活し、ロマンティックで美しい芸術を生む移動民族と、ストリート・ライヴ、ジャズ、ロックのイメージを重ね合わせて名付けられた。主な活動場所を渋谷路上とし、元々は広告、生活費目的で始まった。長時間の路上ライヴに耐えられるよう、当初はサックス、アコースティックベース、カホンという小音量でミニマルな編成・音楽を志向していたが、島野和樹がカホンを改造、バスドラムに代えてオリジナル・ドラムを開発して以来、ロック、ファンク、グランジなどを取り入れたアバンギャルドなジャズを演奏するようになった。サトウヒロと横田寛之は早稲田大学ハイソサエティオーケストラの同期。2004年の卒業後、しばらく一緒に演奏する機会はなかったが、サトウヒロのポップス・バンド「Summer Soft」のサポートとして横田寛之、島野和樹が出会い、ETHNIC MINORITYの構想が生まれる。
毎晩のように行うストリート・ライヴが数多くのクリエイタ—、イベント・オーガナイザの注目を集め、さまざまなクラブ・イベントにて演奏を始める。渋谷・吉祥寺などのストリートでは100~200人の聴衆を熱狂させるようになり、2011年3月、本格的にバンドとして始動。2011年12月、東京ザヴィヌルバッハ with ヨスヴァニーテリー ライブのオープニング・アクトを務めた。2012年1月25日、East Works Entertainmentより1stアルバム『Startin'』リリース予定。また月に一回、インターネットTV"SPOTMOTION.JP"にて、横田寛之によるテレビ番組「ゴーシュダビンチTV」に出演している。

公式サイト: http://www.gauchedavinci.com/ethnicminority/index.html

ディスコグラフィー