MARK

プロフィール

大学でバンド「ペヤング」を結成。就職して忙しくなったり、バンドでの録音に限界を感じ、また、「聴きたい音楽がないなー、それなら私が創るしかない! 」と使命感に燃え、一人で録音がしたくなり「MARK」をはじめる。「あるいは、私たちの際限なき想像活動」、「解放された子供たち」2本のカセットテープを作成。昔渋谷にあった、maximumjoyというレコード店に持っていき、絶賛される。hiromixにも褒められる。

次いで9曲入りCDR「too much exaggeration」を発表。同時にcheese burgerレコードを立ち上げるが、運営方法がわからず、名前だけものになる。ホームレスの小川さんイベントの打ち上げで、DJ shabushabuくんにCDRを渡したところ、気に入ってもらえる。その縁でJETSETに音源を置いて貰えるようになり、クイック・ジャパンのインタビューを受け、虹釜太郎さんやピッチシフターズの人と知り合う。大阪の彼の企画にも誘われる。ECDさんにもBBSで褒めてもらい、後にイルリメなどと無善寺で共演する。湯川潮音さんとも共演する2004年頃、パイカルやスズメンバと共に、京都ツアーを行う。

2007年5月に「AKICE」を発表。歌うとき1番大切なことは、「自分がどんな気分のときでも、役者になって、その歌の世界に入り込むことだ」と教わる。

2008年12月「私と鳩3」、2009年9月に「私と鳩4」を開催。幸せになると、創作意欲がなくなるので、辛い恋をするように努めている。

趣味はショッピング。ドンキホーテデラマンチャのように生きることが夢。

ディスコグラフィー