Gak Sato

プロフィール

1969年。東京生まれ。ミラノでRight Tempo Recordsのディレクター、アーティストとして10年に渡り活動。3枚のオリジナルアルバム、Easy Tempoシリーズで70年代イタリアン・シネジャズのコンピレーション、リイシュー、多くのリミックスを手がける。近年はサウンドアートの分野や、テルミン演奏家としても活動の幅を広げている。

ディスコグラフィー

    Features

    kilk records session Vol.8「DEEP MOAT FESTIVAL座談会」

    kilk records session Vol.8「DEEP MOAT FESTIVAL座談会」

    まだ名前はないかもしれない。しかし、一つの波として時代を象徴するであろうシーンが東京を中心にうごめいている。その中心にいるレーベルがkilk r…

    Kilk records session Vol.2「歌姫達の女子会」

    Kilk records session Vol.2「歌姫達の女子会」

    Kilk records session 第2弾は女子会!新進気鋭のレーベルKilk recordsによる連載企画、第二弾のテーマは、なんと女子…

    gak Sato『gF』インタビュー

    gak Sato『gF』インタビュー

    Gak Satoの新作『gF』をHQD音源で配信開始!Gak Satoはいくつもの面から音を作り出している。テルミン奏者、Webや電話機のサウン…

    グリンフィールドのアフターダーク『ソウル・アノニマス』 フリー・ダウンロード & HQD音源配信!

    グリンフィールドのアフターダーク『ソウル・アノニマス』 フリー・ダウンロード & HQD音源配信!

    グリンフィールドのアフターダークの新作をHQDで美術大学出身のメンバーで結成されたグリンフィールドのアフターダークの渾身のファースト・アルバムが…

    4 bonjour's parties『okapi horn』インタビュー

    4 bonjour's parties『okapi horn』インタビュー

    バンドと言うよりは音楽集団と呼ぶ方がしっくりくる。国内外を問わず、そういったミュージシャンが増えてきている。大所帯ならではの豊かな演奏とハーモニ…

    クレイジー・フォーク・バンド 有明け『ライディングマン』 text by 渡辺裕也

    クレイジー・フォーク・バンド 有明け『ライディングマン』 text by 渡辺裕也

    長かった冬はようやく明けたみたいだ。もうコートを着込む必要がないような暖かい陽気。気分がいいので近所の公園まで散歩に出てみる。遊具で遊ぶ子供。煙…

    session#16 有明け×はいからさん

    session#16 有明け×はいからさん

    TalK SessioN by musicians!ジャンルと世代を縦横無尽に駆け巡りお送りする、レコミュニPodcastシリーズ『recomm…

    session#15 いなかやろう×有明け

    session#15 いなかやろう×有明け

    TalK SessioN by musicians!ジャンルと世代を縦横無尽に駆け巡りお送りする、レコミュニPodcastシリーズ『recomm…

    サウンドポタージュ diskunion × CR-J tokyo

    サウンドポタージュ diskunion × CR-J tokyo

    '''「サウンド・ポタージュ」selected by diskunion CRJ-tokyo'''去年からなにやらインディーズ・シーンが騒がしい…