Language

Dance/Electronica

プロフィール

2009年8月上旬、アルバム『Slower Than Summer』を発表。その自由で解放的な音楽性が話題となり、DJ、イベントオーガナイザー、アーティストなどの音楽関係者たちから積極的な支持を得る。同月下旬、WIRE09に出演。色彩豊かなサウンド・スケープと高揚感あふれるライヴ・パフォーマンスでオーディエンスを沸かせた。その後もコンスタントにライヴ活動を続け、江ノ島”TheLive”、葉山”Café de ROPE La mer”、逗子「音霊2010」、DOMMUNE、京都Blue Eyesをはじめとした多様なクラブ / ライヴ・イベントに出演してきた。2011年3月、2作目のアルバム『Northern Lights』をリリースし、ジャンルにとらわれない奔放な音楽性をさらに印象付ける。エレクトロニック、ポストロック、グローファイの要素が溶け合う現在のランゲージ・サウンドは、かつてのバレアリックの流儀のような、音楽に対する彼らの開かれた姿勢を反映している。

ディスコグラフィー