中島ノブユキ

Classical/OST

プロフィール

作曲家・編曲家・ピアニスト東京とパリで作曲法 / 管弦楽法を学ぶ。ピアニストとしては勿論の事、時に作・編曲家として多種多様な音楽的造詣に根ざしたエレガントかつスリリングなアンサンブルを構築。菊地成孔 諸作品に作/編曲、ゴンチチ、高木正勝、畠山美由紀、沖仁らの作品に編曲等で携わる。ソロアルバムとしては『エテパルマ〜夏の印象〜』(06)『パッサカイユ』(07)をEWEより発表。また2010年2月公開の映画「人間失格」の音楽を担当した。2010年8月にはタップダンサー熊谷和徳氏と東京フィルハーモニー交響楽団が共演する「REVOLUCION」へ音楽監修/編曲/ピアニストとして参加。また3年振りにして3作目のソロアルバムとなる『メランコリア』をSPIRAL RECORDSよりリリース。

ディスコグラフィー