大橋トリオ

Rock

プロフィール

4歳よりピアノを習い始める、その他ローズ・ピアノやガット・ギターなど家に転がっていた色々な楽器に親しむ。13歳、ドラムを習い始める、同時にエレキ・ベース、エレキ・ギター、アコースティック・ギターをバンド等で始める。メタリカなどのハード・ロック・バンドに陶酔するかたわら、父親のLPコレクションを聞きあさっているうちにJazzに目覚める。同時に日本代表ともいえるアコースティック・ギタリスト、吉川忠英氏と出会いアコギの魅力に取り付かれる。その後Jazzに目覚め18歳、洗足学園音楽学部ジャズコースピアノ科入学。在学中あらゆるジャンルの音楽を聴き音楽の幅を更に広げ作曲を始める。卒業後、映画「この世の外へ〜クラブ進駐軍〜」阪本順治監督にてピアノ演奏、ビッグ・バンド・アレンジで参加。その後、ピアノ、ギター、ベース、歌など、あらゆる楽器をこなすマルチ・プレイヤーとして、映画やCMなどの音楽制作、歌手への楽曲提供、アレンジ、ミックス、サポート演奏など音楽家として幅広く活動。

[2004年] 半野喜弘「Lido Ensemble」にピアノ、キーボードで参加。[2005年6月] Tammyの2nd「ギターとラブレター」をアルバム初プロデユース。[2006年7月]  映画「Colors」柿本ケンサク監督のオリジナル・サウンド・トラックを自身の名義でリリース。[2007年9月] 映画「BAUMKUCHEN」柿本ケンサク監督のオリジナル・サウンド・トラックを自身の名義でリリース。アコースティック音楽の可能性を模索しつつ、全演奏本人によるセルフ・プロデュース・フル・ボーカル・アルバム「PRETAPORTER」をohashiTrioの名義で2007 年12月5日に発売。

公式サイト: http://www.decadeinc.com/ohashitrio/

ディスコグラフィー