高野寛

Rock

プロフィール

高野寛(たかのひろし)1964年静岡生まれ。

シンガー・ソング・ライター、ギタリスト、時々プロデューサー。ビートルズ、YMO、トッド・ラングレンに影響を受け、細野晴臣、忌野清志郎、カエターノ・ヴェローゾ、ブライアン・イーノを敬愛し、ニール・ヤングとデヴィッド・バーンにシンパシーを感じる音楽家。

1988年、高橋幸宏プロデュースによるシングル「See You Again」でデビュー。現在までに16枚のシングルとミニ・アルバム、ベスト・アルバムを含む15枚のアルバムをリリース。代表作は「虹の都へ」「ベステンダンク」など。2004年1月15日に約5年ぶりとなるオリジナル・アルバム『確かな光』、9月1日にベストアルバム『相変わらずさ〜Best Songs 1988-2004〜』を発表した。

2001年以降、ソロ活動と並行してナタリー・ワイズのメンバーとしても活動中。最新作は『raise hands high』(2004年9月)。

ギタリストとしての評価も高く、94年には坂本龍一の国内ツアー、ワールド・ツアーに参加。宮沢和史のソロ・プロジェクトMIYAZAWA-SICKにも参加し、2003年にヨーロッパ・ツアー、2004年に南米ツアーも行なっている。また、2005年1 月から2月にかけてフランス、ブルガリア、ポーランド、ロシア、イギリス、日本の6カ国をまわったツアー“MIYAZAWA-SICK '05”はドキュメンタリーDVD『EURO ASIA〜MIYAZAWA-SICK EUROPE TOUR '05〜』として発売中。

 2005年4月に仙台港近辺で開催されたロックフェスティバル“ARABAKI ROCK FEST.04292995”の後夜祭には、クラムボンの原田郁子さんとともに“高野寛 with 原田郁子”として出演。ベースのtatsuさん、ドラムの坂田学さん含め全員が「B型」ということで、その後命名されたユニット「4B」としの今後の活動も期待される。

近年は、自らの活動の他、他アーティストへの詞曲提供やアレンジャー、特にプロデューサーとしても活動が多く、レコーディングへの参加も多数。最近のプロデュース・ワークとしての代表作品は小泉今日子『厚木I.C.』(2003年)、野宮真貴『Lady Miss Warp』(2002年)など。他にも中村一義、テイ・トウワ、SUPER BUTTER DOG、ハナレグミ、クラムボン、HALCALI、浜崎貴司、THE BOOMなど多くの作品を手がけている。

台湾の鄭有傑(チェン・ヨウチェー)監督の短編映画『シーディンの夏』(2001年)には音楽監督として参加。同作品は2003年、日本各地で公開された。また、2005年春公開予定の竹中直人監督・出演映画『サヨナラCOLOR』の音楽をナタリー・ワイズ、ハナレグミ、クラムボンが担当している。

デビュー曲「See You Again」から最新アルバム『確かな光』まで、16年の軌跡を凝縮したコンプリートベスト『相変わらずさ〜Best Songs 1988-2004〜』が9月1日発売された。9月27日の沖縄を皮切りに、ベスト盤発売記念ツアーも予定している。 また、2005年8月より全国ロードショー公開される竹中直人監督・出演映画『サヨナラCOLOR』の音楽をナタリー・ワイズ、ハナレグミ、クラムボンが担当。この映画から生まれたセッションアルバム『サヨナラCOLOR〜映画のためのうたと音楽〜』は8月6日リリース。また前述の3組によるスペシャルセッションライブ“サヨナラCOLOR〜映画のための音楽会〜”が8月8日@東京・SHIBUYA-AX、10日@Zepp Osakaにて開催された。

http://www.five-d.co.jp/takano/index2.htmlhttp://www.last.fm/music/%E9%AB%98%E9%87%8E%E5%AF%9B

公式サイト: http://www.haas.jp/

ディスコグラフィー