SIBERIAN NEWSPAPER

プロフィール

フジロック07'出演、イギリス公演(In the city 06')、そしてBBCラジオから世界全土に向けて放送され話題になるなど、グローバルな展開で繰り広げる7人編成のインストゥルメンタル・グループ。イギリス・メディアに「世界中の音楽を内包するバンド」と評されたSIBERIAN NEWSPAPERの音楽性は、クラッシック・ロック・ジャズ・世界各国のトラディッショナル・ミュージックの要素を含みながらも圧倒的なオリジナリティを保ち、言葉では表現できないものを表現し続けている。

2005年にヴァイオリン、クラシック・ギター、アコースティック・ギター、コントラバス、ピアノ、パーカッションといった異色の組み合わせで組閣。結成初年度よりFM802主催MINAMI WHEEL、MBS主催OSAKA KINGなどの放送局主催イベントに数多く出演し話題を呼ぶ。2006年に1st album『ASIATIC SPY』(2008年12月再販開始)をリリース。最低予算で制作され、ほぼノンプロモーションだったにも関わらず、大手レコード・ショップのインディーズ・チャートに名を連ね、その名を広める。また、同年10月にはイギリスで開催された「IN THE CITY」に出演。現地メディアに絶賛されたそのライブでは、持ち込んだCDが即完売という異常事態に発展。その噂はイギリス国営放送BBCにまで伝わり、異例の全世界ON AIRへとつながった。

2010年に入り、ライヴ活動の幅を拡大中で、2月には目黒・BLUES ALLEY JAPAN、3月渋谷・7th FLOORにてワンマン・ライヴを行い、4月代官山・晴れたら空に豆まいて、5月吉祥寺・スターパインズカフェにおいてバイオリンをキーワードにした異色な取り合わせによるライヴも成功。さらに5月23日には大阪・HEP HALLにおいてこれまでに誰も実施したことがないワンマンでのフェスティバル「ZOOBERIAN」を決行。FM大阪において、このイベントの公開リハーサル招待を募集したところ、僅か75組の募集にも関わらず、1000組に届く勢いで応募が殺到。このワンマン・フェスティバルを大成功させた。(1300人強を動因)6月にはZIP-FM主催「SAKAE-SPRING2010」7月には大阪「見放題」へ出演。11月3日にファン待望の約3年振りのオリジナル3rd album『HISTORIA★SIBERIANA」を発売。

ディスコグラフィー