十二処泉

プロフィール

十二処泉プロフィール

<十二処泉>(じゅうにしょせん)植田尚樹(gt)& 佐々木ゆか(vo)によるアコーステックユニット。「十二処」とは六つの認識器官「眼・耳・鼻・舌・皮膚・心」と、それらに対応する六つの対象「いろかたち・音声・におい・味・感触・考えられるもの」によって世界の成立ちを説明する仏教用語です。ジャンルに拘らず、想いを泉のように表現していきます。

植田尚樹(うえだなおき)1961年10月17日生まれ。1986年6月、株式会社ファンハウス(現BMG JAPAN.)よりバンド『XIE-XIE』でデビュー。アルバム2作品、シングル5作品を発表。1987年12月解散1991年5月、株式会社ファンハウス(現BMG JAPAN)よりバンド『KOZIMA』でデビュー。アルバム4作品、シングル9作品を発表。1993年7月解散。1994年よりフリーのミュージシャンとして活動。1995年9月、東京での演奏活動を一時休止し、姫路でIESミュージックスクールを開校。1998年8月、音楽スタジオCUEを開設。2002年4月、サウンドステーション(音楽教室、レコーディングスタジオ、ライブハウスの総合ビジネス)を設立。2004年8月、アコースティック・ギターインストルメンタルデュオ『風楽』(ふうらく)のアルバムCDを発表し、演奏活動を再開。2007年、インストルメンタルの3ピースバンド『健康Ⅲ樽』(けんこうさんだる)のファーストアルバムCDを発表。2009年10月、ソロギタリストとして、旧友である佐藤克彦を中心とする『KOZIMA』のメンバーとの東京再会ライブを皮切りに現役復帰。

2013年には『十二処泉』(じゅうにしょせん)や、ギターインストルメンタルユニット『風楽』でツアーライブを行う。

最高峰のギターセンスと、作曲・アレンジの神技によって、「シャープなリズム」に、「憂い・癒し・甘美」を織り交ぜた旋律を奏でる表現力は、もはや文化遺産級である。

http://uedanaoki.at.webry.info/

http://www5f.biglobe.ne.jp/~soundstation/

佐々木ゆか(ささきゆか)ケントス(オールディーズ系ライブハウス)で、プロボーカリストとしてデビュー。病気で右耳の聴力を失うも、人と音楽をこよなく愛する天使のようなキャラクターと、魂を揺さぶる歌声で万人を魅了し、メンターの植田尚樹氏とともに、姫路市のテーマソングを歌うなど、精力的に音楽活動を続けている。

http://ameblo.jp/syuka331/

公式サイト: http://jyuunisyosen.web.fc2.com/

ディスコグラフィー